千葉菌類談話会通信 NO.33

No33img0622017年5月22日(月) キプロス・マルタの旅を終えて帰宅したら、千葉菌類談話会の会報が届いていました。表紙は、これまで5年間続いた片山周子さんのきのこ絵に変わり、大作晃一さんの九十九里のクロマツ林のきのこ写真、落ち着いた感じになりました。内容は全文、千葉菌類談話会のホームページに公開されるので詳しいことは割愛しますが、山本充弘さんの「砂地のきのこたち」、菊乃さんの「ウラムラサキシメジをはじめて食べた話」など興味深い記事が並んでいます。中でも、古川久彦先生の「八十八歳のきのこ人生」と題した四編、23頁に亘る記事は、読みごたえがありました。今年は、千葉県立中央博物館において、7月22日~12月27日まで『きのこワンダーランド』展が開催されるし、9月22日から24日には、銚子市(君が浜しおさい公園)と東庄町(東庄県民の森)で日本菌学会の菌類観察会が行われるとの事、県内のきのこ愛好家には楽しい年になりそうです。

| | コメント (0)

ソラマメ

2017年5月21日(日) 今日の午前中、柏市内にある息子のお嫁さん実家から、採りたてのソラマメがどっさり届きました。早速茹でて、晩酌のおつまみに。香りが高く甘みがある採りたて茹でたてソラマメは、ハートランドビールとの相性が抜群でした。S様、いつもありがとうございます。御馳走様でした。
P5210008P5210002

| | コメント (0)

イチゴジャム作り

2017年5月20日(土) 昨夜、キプロス・マルタの旅から帰国し、今朝畑へ行って見ると、春大根のトウが立ち百花繚乱状態、雑草も伸び放題でしたが、それらの処置は後回し、まずはイチゴを摘みました。午前2回、午後1回、自転車で畑を3往復して収穫した苺は8.27㎏(累計10.73㎏)、このほかに過熟果や腐敗果が2㎏ほどあり、それらは堆肥桶に収めました。全部はとても冷凍庫に収まらないので、果実1.5㎏と白砂糖1㎏とでジャムを7瓶分作り、どんぶり一杯のイチゴ牛乳を食べました。
P5200005P5210001_2

| | コメント (2)

ジャガイモ順調!、イチゴ豊作!

2017年5月11日(木) 2月27日に男爵とメークインの種芋を1㎏づつ植えたジャガイモ畑、4月22日に芽掻きと土寄せを行ったが、その後順調に生育して花が咲き始めました。柏はイノシシも出ないし、この調子だと6月中旬には収穫できそう。昨年の台風被害で北海道産が大不作だったためにジャガイモの値段が高く、自家産への期待何時になく高まっています。また、イチゴの収穫が本格化、今日は1.5㎏、累計で2.5㎏。白っぽくて完熟品が少ないが、今日から暫く出かけるのでやむを得ず、冷凍庫に保存し加工用に回します。
P5110004P5110007

| | コメント (4)

CHATEAU DE LAVERGNE 2012

P5080002_22017年5月9日(火) フランスはボルドー産の赤ワイン、シャトー・ド・ラヴェルニュ 2012、昨夜から飲み始めました。やや辛口のミディアムボディ、個人的評価は☆☆★~☆☆☆。輸入元はロイヤルリカー株式会社(東京都渋谷区広尾5-25-6)で、高島屋柏店の特売セールで購入しました。通常価格は1本1,500円とのことですが、1,000円弱で買えました。

| | コメント (0)

ローレル若葉

P50700082017年5月8日(月) 去年はローレルの若芽を天麩羅にして食べてみましたが、精油の香りが強すぎてあまり美味しくなかったので、今年は若葉になるのを待って摘み取り、乾燥させて、肉や魚の臭み消しやカレーライスに使うことにしました。若葉の方が成葉より精油成分が多いとの事、因みに精油の主成分はシネオール(C10H18O)で、他にゲラニオール(C10H18O)、リナロール(C10H18O)、オイゲノール(C10H12O2)など炭素数10の化合物、シネオールはユーカリ精油の主成分でもあるようです。

| | コメント (2)

あさりスパ

2017年5月7日(日) GW最終日、空の便も鉄道も高速道路も、故郷や行楽地から都会へ戻る人々で大混雑。期間中、人混みと渋P5070001滞を嫌って出かけない日が多かったので、ブログのネタが切れてしまい、今日はお昼に食べたボンゴレを記事に。食事内容をブログにアップすることは家人から固く禁じられておりますが、背に腹はかえられず、仕方がありません。アサリは熊本産とか、かつては故郷の奥松島や東名浜、蒲生干潟などで食べきれないほど取ったものですが・・、そういった日々も懐かしく遠い昔になりました。

| | コメント (2)

シロカイメンタケ

2015年5月5日(金) 昨日登った茨城・福島県境の三鈷室山(さんこむろさん)の山頂直下の広葉樹立ち枯れに発生していた傘の真っ白な大型菌(傘長径22cm、短径13cm)、どうやらシロカイメンタケ(Piptoporus soloniensis)のようです。孔口は1㎜あたり2、3個(下段の子実層托面の写真は、約10倍と約40倍拡大)。他に出逢ったきのこは、アシナガイタチタケとシイタケとニガクリタケでした。
P5040038P5040042

| | コメント (0)

初摘みイチゴ

P50500012017年5月5日(金) イチゴ初摘み、6個・50グラム。去年は11.4キログラムもとれました。今年も実付きは順調です。そろそろ冷凍庫にある昨年産のイチゴを棚卸し、ジャムに加工してしまわねば。

| | コメント (0)

ワラビ

P50500022017年5月4日(木) 2日前の筑波山登山の疲れがまだ残っていましたが、今日は天気が良いので家にじっとしているのは勿体なくて、茨城・福島県境の三鈷室山(さんこむろさん:標高871m)に遠征してきました(詳しくは姉妹ブログの「自惚山人ノオト」の記事「595.三鈷室山」をご覧ください)。山頂まで車道が通じており、往復300㎞を走破して登っても、感激や達成感を得られる山では有りませんが、初ワラビが採れたことで、良しとしなければ。(→5日、早速お浸しにしていただきました)

| | コメント (0)

コスタリカのビール

P50300032017年5月4日(木) コスタリカのビールTriguena Weissbierを、今年1月のバルカン半島六か国旅行で一緒だったSさんから頂きました。Sさんが4月にコスタリカ旅行へ行った時のお土産だそうです。製造元はCervecera del Centro社、コスタリカの首都サンホセ市にあるクラフトビルメーカーで創業は2012年と新しい会社です。アルコール分5%、原材料は水・麦芽・酵母・ホップのみで、ドイツのビール純粋令(Reinheitsgebot)に準拠した製法で造られています。温和な香味を持つ至極まっとうなビールで、評価は☆☆☆。S様、珍しいものをご馳走様でした。

| | コメント (0)

初ガツオ

P50300072017年5月3日(水) やっと初鰹食べました。「今日のおかず」をブログにアップすることは、家人から固く止められていますが、まあいいでしょう。今年はカツオが不良で3割ほど値段が高いとか、カツオだけでなく何でも値上がりし、庶民の味がどんどん食卓から遠のく一方です。何とも暮らしにくい世の中になりました。

| | コメント (2)

ヤブガラシの油炒め

2017年5月3日(水) 先日、五本松公園へ行った時、手賀沼湖畔へ降りて、田んぼの土手でヤブガラシの若芽を摘んできました。巻きひげと葉をむしり取り、茎だけにして、塩を加えた熱湯で茹でること3分、それから半日水に晒してアクと辛味を抜きました。今回はウィンナソーセージと一緒に油炒めにしてもらいました。しゃきしゃきした食感、少しヌルミもあり、僅かに苦味と辛味が感じられます。ビールのつまみにぴったり、美味しいです。
P5010001_2P5030004_2

| | コメント (2)

筑波山で出逢った花

2017年5月2日(火) 今年1月のバルカン半島六か国旅行でご一緒したSさんと、今日は筑波山に登ってきました(詳しくは、姉妹ブログ「自惚山人ノオト」の記事「594. 筑波山(女ノ川コース~女体山~筑波高原キャンプ場コース)」をご覧ください)。山中はカタクリやニリンソウの花盛り、珍しいシロバナカタクリ(アルビノ?)も見つけました。花は他に、エンレイソウ(種)、キクザキイチゲ゙、キジムシロ、ミヤマシキミ、ユキザサなど。
(写真は、上段左がカタクリ、同右がシロバナカタクリ、下段左がヒトリシズカ、同右がミミガタテンナンショウ)
P5020017P5020025P5020007P5020003_2









| | コメント (0)

定点観察・五本松公園(我孫子市)

P42900272017年4月29日(土) いよいよGWがスタート、山へと思ったけれど、渋滞を嫌い自粛。午後から五本松公園へ行ってきのこ観察。残念ながらきのこは皆無、唯の1本も見つかりません。仕方がないので我孫子市東洋蘭友の会によって植えられたエビネとキエビネを鑑賞してきました。他に野の花は、キンラン、ジュウニヒトエ、ホウチャクソウなど。

| | コメント (0)

キャラブキ

P42400012017年4月29日(土) 自宅の狭い庭に生えているフキが茂りに茂り、うっとうしいので全て刈り取りました。葉柄は捨てずに茹でて水に晒し、皮をむいてからキャラブキにしました。七味唐辛子を加えたピリ辛味が、熱々の白いご飯に良く合います。

| | コメント (2)

あぶくまわいん 北醇 2015

2017年4月28日(金) 榴岡公園のお花見の時(4月10日)に頂いた『あぶくまわいん 北醇 2015』、貴重品です。福島県田村市大滝根町の大滝根ぶどう生産組合が約2haの畑で栽培しP4260003_2たヤマブドウを100%使用し、サッポロビール株式会社が製造した赤ワイン、しかもあぶくま鍾乳洞で半年寝かせた貯蔵ワインとのことで、ラベルの説明には「豊かな果実味と柔らかな酸味の心地よい口当たり、ライトボディ」とあります。1本2,000円の高級品なので、おそるおそる飲んでみました。かつて天然のヤマブドウで自家製ワインを作ったことがありますが(密造酒目的ではなく、補糖したブドウジュースを作ったつもりが偶々自然発酵してしまったもの)、それにくらべるとあっさりし過ぎています。普通のブドウから作った普通の赤ワインとあまり違いは感じられません。もうちょっとコクと甘味があるほうが、ガツンとくる位が、ヤマブドウ100%の特徴が生かせるのですが・・、評価は☆☆★。

| | コメント (0)

穂先タケノコと若竹煮

2017年4月27日(木) 近所の公園の隣地との境界に、隣の竹林から侵入したと思われる高さ50㎝位のタケノコが生えていました。誰も取らないし、こんな微妙な所に伸びてもいずれ倒されてしまうので、穂先を頂戴してきました。高さが2mほどに伸びたものでも穂先の部分(30~50㎝)は軟らかく、充分食べられます。地中から掘り取る幼茎よりもエグミが少なく柔らかいので、年寄りには寧ろ有難いぐらいです。ワカメとジャコと一緒に焚いて若竹煮を作りました。
P4250005P4260004

| | コメント (0)

ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史」

2017年4月26日(水) 随分長いことかかって、ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史 古代から現代まで」(藤原書店、2016年1月30日初版第1刷発行)をようやく読み終えました。著者は1943年イラン生まれのアルメニア人、アメリカ在住(アメリカ国籍)の歴史家でアルメニアとイラン研究の第一人者、現職はアイオナ大学教授。もともとは、2015年10月のコーカサス三か国旅行の復習として読みImg060_2始めたものですが、なにせ525頁の大著、3ページも読むと眠くなる毎日で、県立図書館から借り直すこと三、四度、しかも延長を繰り返してやっと読了しました。歴史的アルメニア(大アルメニア王国)は、現在のアルメニア共和国だけでなく、アララト山を含むトルコ東部の大半、イラン北西部、アゼルバイジャンとジョージア両共和国とからなり、アジアとヨーロッパ間の回廊という地政学的位置から、しばしば侵略者を引き付け、アッシリア人、スキタイ人、ギリシア人、ローマ人、ペルシア人、アラブ人、クルド人、トルコ人、モンゴル人、トルクメン人、ロシア人に、入れ替り立ち替り支配されたとの事、その結果、アルメニア人難民は世界中に離散して、各移住先で離散共同体を形成し、民族のアイデンティティと国体を辛うじて維持してきた事。現在のアルメニア共和国の人口は250万人であるが、国外在住のアルメニア人は500万人(ロシアに200万人、アメリカ合衆国に100万人・・)にも及び、ユダヤ人同様に、地球のほぼ全ての国に居住している事。そしてトルコとの歴史認識は異なるが、1895~1896年のオスマン帝国によるアルメニア人大虐殺(50万人以上)と、1915年のオスマン帝国によるアルメニア人ジェノサイド(100~150万人)があった事など、本書により初めて知りました。

| | コメント (2)

ウメハルシメジとアミガサタケの佃煮

2017年4月25日(火) 21日採取の市内某公園産ウメハルシメジと20日採取の手賀の丘公園産アミガサタケとで佃煮を作りました。レシピは18日と同様です。
20170421p4210011P4250006

| | コメント (0)

ハルシメジとコシアブラとタカノツメの天麩羅

P4240004_22017年4月24日(月) 昨日採集してきたコシアブラとタカノツメ、それと21日に採取したハルシメジを具材に天麩羅を揚げてもらいました。ビールはハートランドをチョイスしたかったのですが、生憎切らしており、ブラウマイスターになりました。コシアブラは上等、ハルシメジはまあまあですが、タカノツメは苦みが強く、山菜好きの私でも抵抗があります。今後、取らないことに決めました。

| | コメント (0)

コシアブラとタカノツメ

2017年4月24日(月) 昨日、茨城県城里町の低山、井殿山(標高315m)と津室山(標高320m)を歩いてきました(詳しくは、自惚山人ノオトの記事「593. 井殿山・津室山」をご覧ください)。今どきの里山は、木々の瑞々しい早緑に、ヤマザクラ、ミツバツツジ、ヤマツツジの花が華やぎを添え、本当に美しく、その中を歩くと、命が延びるような気がします。
タラノキやヤマウドと同じウコギ科の山菜、コシアブラとタカノツメの若芽を少々摘んできました。晩のビールの肴、天麩羅にして賞味する予定です。(写真上段がコシアブラ、下段がタカノツメ)
P4230030P4240003P4230034P4240004







| | コメント (0)

タケノコご飯

2017年4月23日(日) このタケノコは北小金駅近くの八百屋さんで購入したものです、念の為。公園や私有地の竹林で掘り取ったものではありません。1本200円、こんなお手頃価格なら、わざわざ早起きし、スコップ持参の長靴姿で、他人様の竹林へ入り、後ろめたい気持ちでタケノコ堀りをしなくても済みます。今年初めてのタケノコご飯、やっぱり美味しいです。
P4180003P4180001

| | コメント (2)

定点観察・市内某公園(柏市)

2017年4月22日(土) 昨日の夕方、市内某公園の梅林を覗きに行ったら、3日前に幼菌だったウメハルシメジ(Entoloma saepium)が大きく育っていました。幼菌の姿もまだ沢山あります。佃煮用にとりあえず10本ばかり採集してきました。今月いっぱいは発生が続きそうで、暫くきのこ狩りが楽しめます。
P4210008P4210009


| | コメント (0)

インゲンとキュウリの育苗

2017年4月21日(金) 園芸土を入れたビニルポットに、4月4日に種蒔きしたインゲンとモロッコインゲン(写真左)、それとキュウリ(同右)が出芽しました。もう少し大きくなったら、畑に移植するつもりです。いんげんは株式会社アタリヤ農園の「多収穫つる有りいんげん」、モロッコインゲンはタキイ種苗株式会社の「つる有りモロッコ(白花)」、キュウリはアタリヤ農園の「強健夏秋きゅうり」という種で、苗で買うよりずっと安上がりです。(→インゲンとモロッコは4月24日に移植)
P4210002P4210004

| | コメント (0)

ゼンマイ採り

P42100012017年4月21日(金) 昨日のアミガサタケ狩りの後、某所のスギ林の中でゼンマイ採り、太いものから細いものまで不揃いですが、そこそこの収穫がありました。以前は筑波山麓まで遠征したものですが、近くでも採取できることが分かり、今では遠出することはなくなりました。今日の午前は先ず綿毛取り、1本1本、根気仕事の上に指先がアクで真っ黒くなります。次は塩と重曹を加え水から茹でてアク抜き、その後何回も水に晒してはアク抜きを繰り返します。ゼンマイは食べるまでの前処理が大変ですが、そのプロセスを楽しむ様にしています。

| | コメント (0)

アミガサタケ採り

P42000262017年4月20日(木) 午後から手賀の丘公園へ出かけ、サクラの木の下でアミガサタケ採り、春はまことに忙しい。園内のサクラ園はじめ三か所を回り、目を皿のようにして探しましたがたったの8個、しかも大物は1本だけ。落胆していると、鳥を観察していた人が近寄ってきて、一昨日2人連れがどっさり採取して帰ったとのお話、いやはや、後の祭り、先客があったのではどうにもなりません。これだけでは足りないので、近日中にウメハルシメジを採りに行き、一緒に佃煮にしようと思います。

| | コメント (0)

キツネノワンとキツネノヤリタケ

P41900102017年4月19日(水) 千葉菌類談話会会員のFさんから、キツネノワン(Ciboria shiraiana)とキツネノヤリタケ(Scleromitrula shiraiana)の観察に来ませんかと云う有難いお誘いがあり、午後、船橋市の金杉十字路近くで待ち合わせ、現地を案内してもらいました。発生場所は、船橋市を流れ東京湾に注ぐ海老川の水源にあたる湿地帯で、大きな桑の木がまとまって生えている笹薮の中でした。よくもこんな場所を探せたものと、Fさんの執念と根性に頭が下がります。無事に両種の写真撮影を終えた後、近くのオオゴムタケ発生箇所にも案内P4190001してもらいました。帰宅後早速、マイフォトの「地上生きのこ図鑑」に写真をアップ、嬉しい一日になりました。Fさんにはこれまでも、キヌガサタケやマツカサタケ、ハイイロオニタケなど、私にとっての珍菌とその発生個所を教えていただいており、真にもって有難いことと、感謝しております。

| | コメント (2)

アミガサタケとハルシメジの佃煮

2017年4月18日(火) 昨日船橋県民の森で採集してきたアミガサタケとノイバラハルシメジを佃煮にしました。塩水に数時間浸けて虫出した後、大きめにカットして鍋に入れ、ミリン、日本酒、砂糖、醬油を加えて煮詰めました。アミガサタケはしこしこ、ハルシメジは歯切れがよく、どちらのきのこも美味しいです。
P4170035P4180008


| | コメント (0)

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2017年4月17日(月) 午後、船橋県民の森へサクラの樹下に出るハルシメジ(ノイバラハルシメジ)を探しに行く。例年より一旬タイミングを早めた御蔭で今年はばっちり、5年ぶりに新鮮なハルシメジに出逢えました。同じ場所にアミガサタケも出ていたし、廃ホタ木置き場にはシイタケとムササビタケも発生していて、趣味と実益を兼ねた観察になりました。
(写真は、左上から時計回りに、アミガサタケ、シイタケ、ノイバラハルシメジ、ムササビタケの順)
P4170024P4170031P4170027P4170012






| | コメント (0)

«アマドコロ