« 栗山川漁港(視察) | トップページ | 2008年初釣りも波崎漁港 »

十たび波崎漁港

Dsc05840 2007年12月18日(火)11:30~14:30 朝起きて石油ストーブを点けると室内温度は6℃、今冬一番の冷え込みで寒い。日中は暖かくなるとの予報を信じて、波崎漁港へ今年10回目の釣りに行く。8:30に出発して11:15に到着、いつものように竿4本を繰り出して投げ釣りを開始する。餌はアオイソメ。風も無く穏やかな小春日和、天気は申し分ないものの当りの方が皆無、3時間粘ってみたがぴくりともせず全くの徒労に終わる。途中暇を持て余し、内港岸壁で魚獲物を水揚げDsc05845 中の第五十七石田丸(波崎漁港所属の船は全て第○○○石田丸という船名)の作業を見物する。サバが殆どで、サンマやイカが若干混じっている。船倉から大きな玉網で魚を何回もすくい上げ、トラックの荷台が満杯になるまで積み上げる。荷台から路上にこぼれ落ちる魚は拾っても良いとのこと、海の男は気前が良い。カモメやトビと競争しながら、サバ14尾とサンマ2尾を有り難く拾い上げる。アイナメとマコガレイを釣る筈が今日はサバとサンマに化ける。ちょっと情けないが、まあこんな日もある。(件の子犬は寒さにも負けず元気に暮らしていました)

|

« 栗山川漁港(視察) | トップページ | 2008年初釣りも波崎漁港 »

コメント

はじめまして。
いつも楽しく参考にさせていただいております。私は片貝近郊で、季節ごとにあった魚を。だいたい管理人さんと同じ獲物を狙っているのですが。同様にこの時期の釣果は渋いですねえ。。。
年内最後は豪快に勝ちたいですね。

投稿: ユータ | 2007年12月19日 (水) 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗山川漁港(視察) | トップページ | 2008年初釣りも波崎漁港 »