« 仙台湾(大根)の真鯛釣り | トップページ | 仙台湾五目釣り »

仙台湾のナメタ五目

2016年12月18日(日) 息子から今年7回目となる釣行報告。以下、ほぼ報告原文のママ。「年取り魚のナメタを釣るためImg_3904に、漁安丸で出撃。出船予定は5時だったが、4時半前には同船者すべてが集合。それぞれが知恵を絞り、工夫を凝らした仕掛けがロッドに取り付けられて船縁に並んでいる。ベテランの仕掛けは見るだけでも勉強になる。ナメタは漁礁や岩場の根に付いていることが多いので、とにかく根掛りが多い。ヒラメで来た時も苦しんだが、ヒラメのように底を切る訳にもいかず、錘で底を小突きながら地形の変化に合わせてロッドを操作、根掛かりを躱す。最初のヒットは味噌汁にすると美味しいドンコ。次に小ぶりなアイナメ、手のひらサイズのマガレイ。フグも次々に上がってくる。そうこうするうち、仕掛けの着底と同Img_3903時にゴンゴンとした当たり。一呼吸置いてからしっかり合わせてリールを巻き始める。猛烈に海中で首を振る。バレやしないか、外れやしないかとひやひや。水面に現れたのは腹太の40㎝の雌アイナメ、念のためタモを入れてもらい無事にゲット。次の投入でも同じような当たり、上がってきたのは黄金色に輝く42㎝の雄アイナメ、今まで見たことがない見事な婚姻色に、隣席の常連さんから「錦鯉!」の声がかかる。後半は少し風が強まり、やや釣りがたくなったものの、立て続けに良型のマガレイ(37㎝)、マコガレイ(38㎝)が上がる。今日は残念ながら本命のナメタは釣れなかったが、25日(日)に再度挑(釣)戦予定。」

|

« 仙台湾(大根)の真鯛釣り | トップページ | 仙台湾五目釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台湾(大根)の真鯛釣り | トップページ | 仙台湾五目釣り »