« ひとつテンヤ真鯛釣り(仙台湾) | トップページ | ひとつテンヤ真鯛釣り(仙台湾) »

カジキトローリング(金華山沖)

2017年8月26日(土) 息子から釣行記第七報が届く。今回はほぼ原文のまま。『2017年8月26日は記念すべき一日となった。この日、普段から仕事の関係で多大なお世話になっているHご夫妻にお誘いいただき、新造艇でのカジキのトローリングを体験してきた。出船時S2は雨模様だったが、快適な船内で寛いで移動しているうちに東の空が明るくなる。ポイントは通称カドと呼ばれている金華山の遥か沖合、こんな遠くまで乗り出してきたのは初めて、潮の色まで違って見える。トローリングで使うタックルはとにかくゴツい。とんでもなく太いロッドにバカでかいリール。タコベイトのお化けみたいなルアーを流す。ポイントに着いて準備も万端、いよいよトローリングスタート!。7ノット(時速12キロメートル前後)で流していく。すると幸先よく一流しめから反応あり、「チェイス!」と操舵席から鋭い声がかかる。次の瞬間、右端のリールが鳴り、一瞬ラインが引き出された、が、残念ながらフックオフ。然し船内は俄かに活気づく。何度か惜しいチャンスを逃したが、ついにその時S4が来た!。カジキがルアーをチェイスしているのが見えた次の瞬間5、リールからラインが引き出され、ロッドが大きく撓った。最大速力で船を走らせ、魚にフッキングする。掛かった、掛かった!。皆で協力し、ファイトするために他の仕掛けを回収する。ファイティングチェアにカジキが掛かっているロッドをセットし、いよいよ戦闘開始。ここからはカジキとの真っ向勝負!、300m以上も引き出されたラインを巻いていく。しかも相手は海のモンスター、相手によっては1時間以上の格闘になる。と、その時、カジキがジャンプ!、カッコいい!。30分ほど格闘し、ようやく船の近くまで寄せることが出来た。しかしここから取り込むまでが難しい。リーダーを掴みカジキを船の側面にS1誘導し、ギャフを打ち込まねばならない。その時にカジキは一番暴れ、その鋭い吻で怪我をすることもあるそうだ。リーダーマンがラインを掴み、カジキと船が並走状態になった瞬間、ギャフマンとしてカジキにギャフを打ちこんだ、重い!、全身でなんとか身体を支えカジキをキープする。二人掛かりでカジキの脳天に何度もバットを打ち付け息の根を止める。せーの、で魚を船に引き摺り込む。ようやく、やっと、何とか、カジキを取り込むことに成功。やった。そして、疲れた。この日はとんでもなく海の神様の機嫌が良かったらしく、この後もカジキが掛かった。そして2本目はファイティングチェアに座らせてもらい、存分にカジキとのファイトを味わった。全身を使ってロッドを呷り、戻した分だけ巻き取っていく。そしてリーダーマン、ギャフマンに力を借り、47.6㎏のマカジキとの闘いを終えた。最後にもう1本カジキが掛かり、合計3本の釣果!、奇跡のような一日。皆でハイタッチをしてこの日の釣行は終了となった。港に戻って検量を終え、記念撮影。』

|

« ひとつテンヤ真鯛釣り(仙台湾) | トップページ | ひとつテンヤ真鯛釣り(仙台湾) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとつテンヤ真鯛釣り(仙台湾) | トップページ | ひとつテンヤ真鯛釣り(仙台湾) »