« 543. 峰山・大塚山(君津市) | トップページ | 545. 焼森山・鶏足山 »

544. 大日山・鷹取山・御殿山(南房総市)

2015年2月21日(土)、歩程4時間、同行妻   今週も房総の里山へ、8:50出発。国道16号線は渋滞がひどく千葉北ICで高速に乗るまで1時間半もかかる。鋸南富山ICで館山道を出Dsc07136て、12:40南房総市増間の大日山登山口第二駐車場(標高110m)に到着。トイレのある第一駐車場は略満車、中にはクラブツーリズムの「ツバキ咲く御殿山・鷹取山・大日山」ハイクの大型バスも1台駐まっている。今朝7:30に上野を出発、参加者16名を山田ルートの登山口高照寺で下してきた由。靴を履き替えスタート。旧三芳村作成の名札が樹木に掛かり、アカメガシワ、コナラ、シロダモ、タブノキ、ヒサカキ、ヤマザクラなどを確かめながら遊歩道を進む。13:30三度目の大日山山頂(標高333m)に着く。お握りを食べ小休止。今日は霞がかかっており富士山は拝めDsc07142ない。大日如来像の傍に「奉修大日山入峰修行者 道中安全験門興隆祈攸 諸天善神皆来守護 平成二十七年己未年二月七日申寅入峰 二寶修験道関東伝道所 安房修験ノ会 一同敬白」と記されたお札が新しく納めてある。今日無事をお参りしてから御殿山への縦走にかかる。館山航空隊員の慰霊碑がある箇所を過ぎると直ぐに宝篋塔山山頂(標高341m)に出る。マテバシイの大木に囲まれ展望はない。宝篋印塔に刻まれた梵字も風雨に曝されて磨滅しつつある。14:10標高337mピーク、直ぐ先に畑ルート林道終点に下りる道が右に分岐する。その先はいよいよ階段地獄の始まり、先ずは148段の丸太階段を登り、錆びた集乳缶が置かれた350mピークに上る。そこから瘠せた鞍部を通過して上り返すとツバキロードも始まるDsc07159。白花もあり、かつて遊歩道として整備された時に植栽されたものであろう。時期が早いのか花の数は少ない。14:30富士講碑が建つ鷹取山山頂(標高365m)に着く。ここも木が育って見晴らしはいまいち。ベンチが4脚据えてあるので小休止。そこから148段の丸太の急階段を鞍部へ下り、146段と、一旦途切れて94段、計240段の丸太の階段を登り返す。14:50二度目の御殿山山頂(標高364m)に到着、東屋に入り再びお握りを食べる。コフキサルノコシカケの生えていたマテバシイの巨木の太幹が1本折れて倒れている。三等三角点と2基の石祠は幸い無事。西北面が開け、Dsc07153双耳峰が美しい富山と怪異な姿の伊予ケ岳が、その間に津辺野山が見える。15:05下山開始、往路を戻る。鷹取山山頂への登り返しはなかなかのアルバイト、フーフーハーハー、しんどい。妻は日頃のウォーキングの成果が出て案外平気な様子。337mピークの手前から畑ルート林道終点に下り、林道を歩く。16:20畑集落(標高100m)に出て県道を右に歩き、16:45第二駐車場に戻る。今日山中で出会ったハイカーは18名、クラツーの16名は坊滝方面へ下った後と見え会わなかったが、房総の山としては人気がある方であろう。帰りも鋸南富山ICから高速に乗り、市原SAでコーヒーブレーク、20:20無事帰宅。本日の走行距離250㎞。

|

« 543. 峰山・大塚山(君津市) | トップページ | 545. 焼森山・鶏足山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 543. 峰山・大塚山(君津市) | トップページ | 545. 焼森山・鶏足山 »