« 556. 西ノ湖~千手ヶ浜散歩 | トップページ | 558. 富士山 »

557. 岩手山

2015年8月5日(水)、歩程11時間、単独   昨日、仙台を発ち、柳沢コースの登山口馬返し(標高600m)に着いて車中泊。他に車は5、6台。時々エアコンをかけて涼みながら時間をやり過ごす。3時半を回るとDsc02618_2次々に登山者の車が上がってくる。起き出して身支度を済ませ4:15出発。一応ヘッドランプを装着。直ぐ上にさわやかトイレがあり用を足してすっきり。水洗式でペーパーも常備、有難い。その前に鬼又清水と云う水場があり、冷たくて美味しい水が滾々と湧いている。念のため熊鈴を付け虫除けを噴霧、登山届を投函して山道へ進む。5:00一合目(885m)、石祠がある。既に汗だく、ピッチは上がらない。豆腐岩を通過。5:20漸く二合目(990m)、早くも太陽が昇り背中から焙られる。顔に日焼け止めを塗る。5:45三合目(1130m)、この先本格的登りが始まるのでベンチに座りDsc02642一息入れる。岩ごろごろの急傾斜の上り、一歩毎に高度を稼ぎ、下界の展望が開ける。下界はちょっとガスっているが。6:15四合目(1235m)、吹き下ろしてくる風が涼しい。トロピカーナのオレンジジュースを飲みエネルギー補給。岩角に付けられた白ペンキを目印に進む。6:50五合目(1390m)、キリンのソルティ・ライチを飲む。ひたすらの登りはきつく、しんどい。7:30六合目・大蔵石(1540m)、大岩の日陰で一服。岩礫地帯にも花は色々咲いており、此処までシラヤマギク、ナンブタカネアザミ?、アキノキリンソウ、ツリガネニンジン、オオバギボウシ、ミDsc02695ヤマホツツジ、ミヤマセンキュウ、ヤマハハコ、クサボタン、クルマユリ、オヤマボクチ、オヤマソバ、ミネウスユキソウなどを見る。8:10漸く七合目・鉾立(1720m)、二合目の上で分かれた緑陰を来る新道が合流する。石祠が祀られ、山頂外輪山(お鉢)と初対面。東方の雲海上に頭を覗かせるのは早池峰山、下界もガスが晴れ馬返しの駐車場が見渡せるようになる。視界が開けると同時に傾斜も弛み、ハイマツの中の平坦路を進むこと暫し、8:25岩手山八合目避難小屋(1750m)に着く。大きな新しい小屋で、夏の間は管理人が常駐し、素泊まり可(1700円)、カップラーメンや飲み物もある。小屋前の広場に御成清水と云う水場があり、清冽な冷たい水が2つの蛇口から滾々と溢れている。まDsc02726た、丸太を半割にしたベンチが沢山置いてあり休憩に最適。そこから高層草原帯に入る。オオカサモチやミヤマシシウドが群生し、トウゲブキ、ナンブタカネアザミ?、シロバナトウウチソウ、タカネアオヤギソウ、ミネウスユキソウ、クルマユリ、ハクサンシャジン、イワオトギリなどが咲く。8:55九合目・不動平(1820m)、御神坂コースと鬼ヶ城コースが合流し、不動平休憩舎(避難小屋)が建つ。最後の登りにさしかかると、今朝馬返しの登山口を一緒に出た地元の若者4人がもう降りてくる。強烈な向い風の中、火山砂礫の急登は一歩登れば半歩後退、富士Dsc02736山や利尻岳と同じで足元がざくざくして定まらない。9:15やはり登山口を一緒に出た姫路市から来た男性も下りて来る。皆健脚である。9:25とうとうお鉢の縁(1960m)に上る。よろめくような猛風の中、千手観音など三十三体の石仏が祀られたお鉢の縁を北へ、山頂の薬師岳を目指す。これらを麓から担ぎ上げたと云う事か、信仰の力はすさまじい。石仏やケルンを風除けにして何回か息継ぎ。辺りはイワブクロ(タルマイソウ)とオヤマソバの群生地、コマクサも少し見られる。9:40焼け走り・上坊コース合流点(2000m)。9:45ようよう薬師岳山頂(2038m)に到着、標準コースタイムより1時間遅れ、まあ何とか登れDsc02763たことで良しとせねば。山頂には一等三角点があり、石祠と薬師如来像が祀られる。お参りしてから岩陰に風を避け中休止、時々立ち上がっては山岳展望を楽しむ。北方遥かに八甲田山、直ぐ近くに八幡平と秋田駒ヶ岳、西方遥かに鳥海山、東に早池峰山と東北を代表する山があまねく見える。素晴らしい。10:05五、六人のグループが登って来て賑やかになったのを機に下山、火口丘の妙高山を眺めながらお鉢を時計回りに巡り、火口原に下りて岩手山神社奥宮?にもお参りする。火口原はコマクサの大群生地、残念ながら花の盛りは逝ぎている。10:50不動平、11:10Dsc02776八合目避難小屋に戻る。御成清水で顔を洗い埃を落としてさっぱり。ベンチに腰掛け遅い朝食をとる。PascoのMy Bagel イチジクをかじり、ソルティ・ライチを飲む。大分気温が上がってきて小屋に掛けてある寒暖計の水銀柱は25℃。11:50下山再開。12:20六合目。高校一年生の集団24名が先生に引率されて元気に上ってくる。学校登山とのこと、若さが羨ましい。13:15四合目、足指の爪先が痛み出す。13:30三合目、膝がくがく。エアーサロンパスを吹きかけてみるが気休め程度。14:10一合目、ベンチに座りこみ大休止。その先、道端に続々きのこが現れる。一々写真を撮るので大幅にペースダウン。イグチの仲間が多い。アカヤマドリ、ウラグロニガイグチ、コガネヤマドリ?、タマゴタケ、ドクツルタケ、ニッケイタケなど。15:20登山口の鬼又清水。再び顔を洗い冷たい水をたっぷり飲む。15:30ようやく車に辿り着き、網張温泉へ汗を流しに行く。

|

« 556. 西ノ湖~千手ヶ浜散歩 | トップページ | 558. 富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 556. 西ノ湖~千手ヶ浜散歩 | トップページ | 558. 富士山 »