« 571. 天狗鳥屋と雲雀鳥屋(宇都宮市) | トップページ | 573. 篠井富屋連峰(宇都宮アルプス) »

572. 鶏足山から花香月山(城里町)

2016年4月6日(水)、歩程6時間、単独   今年六回目の山歩き、城里町の鶏足山に登P4060002り、そこから茨城・栃木県境を花香月山まで縦走する。9:00出発、一般道を走り、11:20上赤沢の鶏足山駐車場(標高180m)到着。20台余入る駐車場が略満車、相変わらず人気の山である。11:35スタート、辺りの茶畑では新芽が伸び始め、畦にはオオイヌノフグリ、タンポポ、ムシカリが咲く。ほどなく一般コースの赤澤富士登山道に入る。アカマツ交じりのヒノキ植林地を直登、浅間神社中宮跡を通り、急坂をじぐざぐに登る。11:05赤澤富士(富士ヶ平山)山頂(同340m)、浅間神社石祠と山名板がある。傍らに立つ案内板によると、江戸時代の富士講が盛んだった頃、この山P4060004頂で五穀豊穣等の祈願祭が行われていた由。そこから傾斜が緩み快適な尾根歩き、雑木が一斉に芽吹き春山は明るい。前方に鶏足山の山頂が見えてくる。12:10富士ヶ平変形十字路(同340m)、町道表登山口と町道裏登山口から上がって来る林道が合流する。シハイタケ、ハカワラタケを見る。12:25富士山展望所(同400m)、春霞のために富士山は拝めない。12:30赤澤二等三角点が置かれた鶏足山山頂(同430.5m)に着き、宇都宮から来たと云う男性2名と少し話をする。栃木側登山コースの途中にミツマタの見事な群生地があるらしい。12:50弘法大師を祀る笠間焼き祠がP4060013ある見晴台、今日の遠方は悉く霞み、日光連山も高原山も那須連山も全く見えない。中休止、シイタケ昆布のお握りを食べカゴメの野菜生活100を飲む。これから進む稜線上に電波塔が2箇所見えるが、奥の電波塔2本建つ所が花香月山山頂、距離はGPSによると3.8㎞。13:00縦走路に入って最初のピーク(同417m)、並柳と鶏石の分岐、左の並柳へ。13:10二番目のピーク(同388m)、道は二手に分かれ、どちらにもビニールテープの目印が下がるが右の尾根へ。13:13三番目のピーク(同376m)。13:17四番目のピーク(同387m)、その先は急降下。鞍部の峠(同342m)に下ると並P4060015柳への道が左へ分岐、右の大沢へ下る道は藪がひどい。大塚山友会の道標「花香月山―鶏足山」を見る。13:25五番目のピーク(同344m)、モミジイチゴの花盛り。13:30六番目のピーク(同369m)、ヤマザクラとヤマツツジの花の競演。13:37七番目のピーク(同386m)、トウゴクミツバツツジの花が鮮やか。13:40八番目のピーク(同390m)、その先急降下、アカマツの立ち枯れにシハイタケを見る。13:45九番目のピーク(同382m)、ウグイスカグラ、スミレ、ヒサカキの花盛り。13:55十番目のピーク(同389m)、名無しの電波塔が建つ。キブシの吊り花多く、アラゲカワラタケを見る。電波P4060031塔への接続道路を少し下ると右手に山道への入口がある。直ぐに立入禁止柵(小山国際通信センター長名)のあった道路に上り、道路を詰めると右手に尾根への下り口がある。間もなく伐採地に出て西側の視界開ける。14:20十一番目のピーク(同382m)。14:25十二番目のピーク(標高395m)、No.104465の四等三角点測量標が埋めてある。その先は栃木側のヒノキ林が皆伐されており、今もチェンソーの音が山峡に響く。14:30十三番目のピーク(同387m)、芳賀富士が見える。14:45十四番目のピーク(同393m)、花香月山の電波塔がやっと近くなる。その先イノシシの跳梁跋P4060039扈、狼藉の痕跡が激しく、又、ヤマザクラの倒木が行く手を阻む。14:50十五番目のピーク(同379m)。14:55四辻(同336m)、右は倉見から上がって来る道、峠に如意輪観音像が祀られている。15:00十六番目のピーク(同343m)、15:05十七番目のピーク(同333m)、15:20十八番目のピーク(同375m)。電波塔が目の前に迫る。NTTドコモ花香月山無線中継所が建つ平に出て、裏手右角からひと登り、15:30漸く花香月山山頂(標高378m)に着く。端の欠けた三等三角点は一年前(2015年3月6日)と同じだが、立木に掛かっていた山名板は3枚とも失われている。大休止、生茶を飲みお握りと清見オレンジを食べる。さあ下山、P4060056無線中継所への取り付け道路をどしどし下る。ヤマザクラの落ち枝にカタオシロイタケか、面白い形のきのこが出ている。16:05入口ゲート(同200m)に下山、そこから延々と車道歩き。大沢1号橋、2号橋、3号橋、せいりゅう(清流?)橋を通過、大沢峠へ向かって緩やかに登って行く。車は1台も通らない。大沢開拓地には鶏舎が点々と建つ。堰堤の先の土手でワラビ摘みに興じ、大沢峠に上った時は17:15。下赤澤目指して一気に下り、17:45鶏足山駐車場の車に戻る。帰りも一般道走り、時間が遅いせいか渋滞は殆ど無く、20:20無事帰宅。走行距離185㎞。

|

« 571. 天狗鳥屋と雲雀鳥屋(宇都宮市) | トップページ | 573. 篠井富屋連峰(宇都宮アルプス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 571. 天狗鳥屋と雲雀鳥屋(宇都宮市) | トップページ | 573. 篠井富屋連峰(宇都宮アルプス) »