« 610. 八良塚(郡界尾根周回) | トップページ | 612. 権現森(仙台市) »

611. 西印旛沼一周

P30200022018年3月2日(金)、歩程4時間半、同行妻   昨日の春一番の余波で風は強いが妻を誘って西印旛沼一周ウォーキングへ。10:55岩井戸地区の双子公園駐車場到着。トイレを済ませてから湖岸のサイクリングロード(八千代印旛栄自転車道線:県道406号線)を歩く。向い風が強くパシュートのワンラインではないけれど、風除けになって先頭を歩くのは大変。途中から「金メダルジョギングロード(尚子コース・裕子コース)」の標柱が目立つようになる。それは岩名運動公園陸上競技場を起終点とするジョギングコースで、尚子コースは印旛沼サイクリングロードを往復する10㎞、裕子P3020017コースは同サイクリングロード経由周回の13㎞、どちらも佐倉市を練習拠点にした五輪女子マラソン・メダリストの高橋尚子と有森裕子を記念して佐倉市が設定したジョギングコースらしい。サクラ並木が続く一本道で直線コースが長く、右が沼、左は水田、目標物が少ないのでやや単調。飯野地区に入りボート乗り場がある広場に出ると、緑の屋根と白壁を持つホテルかレストランのような洋館が建つが、営業はしていない様子。傍らに名勝臼井八景の案内板が立ち、「第三景 飯野暮雪」とある。西印旛沼の湖畔には他に、「第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)」、「第二景 遠部落雁P3020030(とうべのらくがん)」、「第四景 師戸帰帆(もろときはん)」、「第五景 瀬戸秋月」、「第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)」、「第七景 光照晩鐘」、「第八景 洲崎晴嵐」など風光明媚な箇所がある。名喰戸橋を渡り、次いで飯野竜神橋を渡って、12:20佐倉ふるさと広場に到着、やっと三分の一をクリア。道向かいの農産物直売所・マルシェかしまに入りトイレを借用して、おはぎ、フキ味噌、沢庵を買う。ふるさと広場休憩所のテーブルベンチに座り昼食、お握りを食べる。オランダ風車周辺のチューリップ畑はやっと芽が出たところ、三色スミレは美しい。12:45再スタート、サイクリングP3020040ロードは硬くて膝・腰に悪いので、土手の上を歩き、アオサギ、オオバン、カモ、シラサギなどの水鳥を眺め、バス釣りに興じる舟上の釣り人を眺める。13:30漸く県道64号線に出て舟戸大橋を渡り、直ぐに成田方面へ右折、暫くは湖岸からやや離れた佐倉マラソン(3月25日)コースの車道を歩く。師戸地区から鎌苅地区に入る辺りから湖岸の土手に復帰、きちんと草刈りがなされており歩きにくいことはない。14:25 SKT専用飛行場(ラジコン飛行機用)を過ぎる。北岸にはコンビニは勿論、トイレ、四阿、ベンチなどの休憩施設は皆無、そのせいか土手の上の道と土手下の管理用道路P3020054
(砂利道)が並行して走るが、ウォーカーもジョガーもサイクリストも誰も居ない。長い長い単調な土手歩きの末に、15:20漸く双子橋を渡り、15:30ヨレヨレになって駐車地の双子公園にたどり着く。スマホのアプリ「からだメイト」の記録は22981歩、17.0㎞。すっかり腰が痛くなる。帰路、ケイヨーD2名戸ヶ谷店に立ち寄り、春大根のタネと園芸培養土、醗酵鶏糞を買い、17:00帰宅。

|

« 610. 八良塚(郡界尾根周回) | トップページ | 612. 権現森(仙台市) »

コメント

印旛沼って2つあるのですね。初めて知りました。地図を見ましたら両方とも印旛沼と書いてあります。
オランダ風車の辺りのチューリップの景色有名ですが、西印旛沼だったのですね。
本当に気持ちよさそうな沼、景色です!
美味しそうな食品もお買いになって食べたくなりました。
畑の準備の品々も最後に買われてなんて充実しているのでしょう。時間を有効に使う天才です。

投稿: tona | 2018年3月 5日 (月) 20:55

tonaさんへ
北印旛沼もそのうち一周しようと思っていますが、暖かくなると土手にカミツキガメが出没する恐れがあり次の冬になるかもしれません。寒い寒いと油断していたら急に暖かくなり気が付けば3月、今月中旬は仙台へ帰省するので、その前に早春の農作業を片付けることにしました。右肩痛と腰痛持ちの身で、何をするにも不自由で捗りませんが、無理にでも忙しくしていないと呆けてしまうので、なるべく身体を動かすようにしています。毎日一杯一杯です。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2018年3月 5日 (月) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 610. 八良塚(郡界尾根周回) | トップページ | 612. 権現森(仙台市) »