« 616. 国見山(笠間市) | トップページ | 618. 房総のむらから北印旛沼一周 »

617. 三浦アルプス(仙元山・観音塚)(逗子市)

2018年4月29日(日)、歩程4時間、同行山仲間5名   7:40妻に送ってもらい南柏駅へ。松戸で上野東京ラインに乗り換えて品川駅へ。品川駅で京急特快三崎行に乗り金沢文庫乗り換え、9:36漸く新逗子駅到着。新逗子駅には北と南に改札口があり、メンバーには改札口集合とだけ伝えていたのP4290003_2で、電車が着く度に長いホームを行ったり来たり。待ち合わせ時間の10時までに集まったのは男性ばかり六名、平均年齢68歳の老楽登山隊である。1番ターミナルから京急バスに乗って10:25風早橋バス停下車、仙元山へ向かって歩行開始。山腹に建つ葉山教会まで車道歩きの長い登りが続き、教会から先は左の山道に入るが尚山頂まで一途な登り、出だしから初っ端から苦しい。11:05仙元山山頂(標高118m)、葉山の街並み、相模湾、江の島、富士山が一望できる。トイレがあり、テーブルベンチがあって休憩に最適、葉山町の「1級基準点 No110」が埋設されており、P4290010招魂碑と不二仙元大菩薩碑が建つ。山名板も2枚かかる。一旦下って上り返した小ピークは戸根山(標高144m)、再び下って250段の木の階段登り、標高200mにも満たない里山歩きだがアップダウンが多く結構きつい。12:15 189mピークに着いて大休止、木陰の丸太ベンチに腰掛けて昼食。タケノコご飯の御握りと鶏の唐揚げといぶりがっこを食べ生茶を飲む。山頂は小広く、葉山コミュニティ放送送信所が建ち、丸太ベンチが多数設置されている。山頂から下っていく道は大山・森戸川方面へ続く。昼食後、直ぐ下の三差路まで戻って観音塚方面へ進む。このコース殆どが緑陰を歩くので直射日光に曝さP4290027れずに済み、今は新緑の木立を抜けてくる薫風が心地よい。花はアザミの仲間とツルニチニチソウとノダフジくらい、樹木はマテバシイやシロダモなどの常緑樹が多い。集落名や施設名が書かれた道標が枝道の一々に立っているので地元の人は迷い様がないけれど、異邦人はしっかりした地図を持たないと惑わされるかも。13:10観音塚(標高167m)到着、名前通り馬頭観音像と千手観音碑が祀ってある。そこから下って新沢トンネル上のコブ「D18」を越し、13:45漸く「D17」のコブに着く。メンバーのひとりTさんの体調が勝れず今日は此処まで、乳頭山を越えてJR田浦駅まで歩く予P4290032定を諦め、「新沢停留所1.2㎞」の道標に従い右のエスケープルートへ。シダ類の美しい新沢の源流部に下り、フェンス沿いや堰堤の脇を通り、集落を抜けて、県道横須賀葉山線に出る。左へ歩いて14:35新沢バス停到着、全員無事に下山できてほっとする。14:40のバスでJR逗子駅に戻り、駅前のカフェ(Cafe Cami-na)に入ってハイネケンの生と一番搾りの瓶ビールを飲んで打上げ兼反省会(15:25-16:45)、ようやく息を吹き返す。帰りは京急新逗子駅から電車に乗り、品川から松戸までは上野東京ラインを利用、19:00南柏駅到着。スマホの万歩計は14733歩、10.9㎞。

|

« 616. 国見山(笠間市) | トップページ | 618. 房総のむらから北印旛沼一周 »

コメント

お天気が良くて素敵な登山になりましたね。
平均年齢68歳とはお若い。私を入れたら69歳になるところでした。
相模湾から富士山まで見えて、やはり日を変えてよかったです
シロダモはわからないのですが、マテバシイはあの辺り多いですね。
地図で見ますと観音塚は行程の約三分の一といったところでしょうか。体調を崩された方も無事下山できて良かったです。

投稿: tona | 2018年5月 2日 (水) 08:58

tonaさんへ
七人の侍?のはずが一人不参加になり六人でした。低山ながら尾根の長歩きはアップダウンが多く、久しぶりに山歩きをしたメンバーには厳しかった様です。尾根直下まで民家が迫っており、エスケープルートは色々にとれるので初心者でも家族連れでも気楽に歩けますが、JR田浦駅までとなると距離が長く、健脚者向けコースかもしれません。また企画しますのでご都合の良いときにご参加ください。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2018年5月 2日 (水) 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 616. 国見山(笠間市) | トップページ | 618. 房総のむらから北印旛沼一周 »