« 617. 三浦アルプス(仙元山・観音塚)(逗子市) | トップページ | 619. 手賀沼一周 »

618. 房総のむらから北印旛沼一周

2018年5月11日(金)、歩程4時間半、単独   漸く五月晴れ戻る。爽やかな天気に誘われて北印旛沼一周ハイキングへ。10:10千葉県立房総のむら到着、旧御子神家住宅傍の駐車場に車を駐める。トイレを済ませてスタート、先ずはP5120001下総松崎駅方面へ向かう。日帰り入浴施設大和の湯の前を通り、10:45花輪下踏切で成田線を渡る。水田の中の道を大竹干拓へまっしぐら、薫風が心地よい。田植えの真っ最中の所もあれば、早苗が風に揺れ水面が眩しく光るところもある。日本の田園風景の美しさは世界一。11:15大竹干拓の長門川流出入口に着く。四等三角点(名称:新落合埜、標高0.9m)が設置されている。そこから長門川の東岸に沿って管理道路を北上、土手や道端にアカツメクサ、カワラニガナ、コメツブツメクサ、ノイバラ、ハルジオンなどが咲く。クサネムやクズもP5110010旺盛に繁茂している。水辺からウシガエルの鳴き声が長閑に聞こえてくる。11:35酒直水門に着きリポビタンゴールドを1本飲む。カワウが2羽水面から顔を出したりもぐったり。水門に架かる橋で長門川の対岸(西側)に渡ると、サイクリングロードの県道八千代印旛栄自転車道線406が整備されており、ぐっと歩きやすくなる。道端にヘラオオバコやヤセウツボが目立つ。偶にサイクリストがやって来るが、ウォーカーは自分以外誰も居ない。道中に四阿、ベンチ、トイレ、自販機などの休憩施設が一切無いのでハイカーには厳しいかも。12:00下井地区の長門川流出入口、いよいよ北印旛沼の周回にかかる。12:30吉P5110041高取水場、巨大な農業用PCタンク(Prestressed Concrete Tank)を建設中。12:35吉高揚排水機場、そこに架かる舟戸橋の待避所(ふくらみ)に腰を下ろしお握りを2個食べる。12:50再スタート、道端のチガヤの銀色の穂波が美しい。ニワゼキショウ、マツヨイグサも咲く。沼の向こうに筑波山が見える。国道291号線に出て、13:10北印旛沼南端に架かる甚兵衛大橋を渡る。橋を渡ってすぐ左折、水田と川に挟まれた関東ふれあいの道を行く。成田空港へ着陸する飛行機が見える。13:30下総松崎駅4.2㎞道標、駅は右だが沼畔沿いに草深い道を進むP5110049と、間もなく養魚施設跡?が現れて行き止まり、引き返す。道標に従い沼畔を離れて車道を行くと成田スカイアクセスの高架をくぐって、13:50甚兵衛揚排水機場着、スマホのグーグルマップを見ながら大和の湯を目指して水田の中の道を歩く。土手にシロツメクサ、ノボロギク、ハハコグサが咲いている。14:20成田線成田街道踏切を渡る。14:35大和の湯、14:50漸く車に戻る。スマホの万歩計の記録は22,270歩、16.4㎞、約4時間半のウォーキングでした。

|

« 617. 三浦アルプス(仙元山・観音塚)(逗子市) | トップページ | 619. 手賀沼一周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 617. 三浦アルプス(仙元山・観音塚)(逗子市) | トップページ | 619. 手賀沼一周 »