« 619. 手賀沼一周 | トップページ | 621. 前船形山(加美町) »

620. 中ノ森(仙台市)

2018年6月15日(金)、歩程1時間、単独   6:00起床。今日は午後から雨の予報だが、朝仕事で済むような小さな山歩きへ。7:45出発、北赤石地区の赤石三山(別名:三高ガP6150148森)の真ん中の山、中ノ森(別名:愛宕山)を登りに行く。8:30たちまち仙台市立生出小学校赤石分校正門前到着、生徒の姿はなく既に廃校となった様子(→2015年から休校)。集落の耕作地を縫う細い車道を上がり、登山口の中ノ森神社赤い鳥居前にハスラーを駐める(標高95m)。靴を履き替えリュックにクマ避け鈴2個を着けて9:50歩行スタート、鳥居をくぐり竹林の小道を進む。次いで杉林の中の丸太階段を上がると間もなく、参籠所の建物が現れる。そこで地元の男性登山者が下りてくるのとすれ違う。少し話をすると、東北の高峰は全て登っており、此の山は足慣らしとのこP6150149と、三山のうち亀ケ森は採石工事の為立ち入り禁止、鹿ノ上山は道が無いとのこと。その先で林相がモミ交じりの雑木林に代わると、道は九十九折りの急坂の連続になる。なるほど足慣らしに丁度良い。10:30七つの石祠が並ぶ山頂広場に到着、フキが群生し、ヤマホタルブクロが咲いている。真ん中の最大の祠が山名の由来ともなった愛宕神社、その左は順に古峯神社、塩釜神社、出羽三山神社(月山社)、右側は順に竹駒稲荷、不明、不明。石祠の左手から山道を20mも進むと、三等三角点(基準点名:亀ケ森、標高295m)が設置されている。道はそこで行き止まり、引き返して石祠P6150158群にお参りしてから下山、10:00車に戻る。物足りないので、もう一山と陸前白沢駅近くの前森へ転進。10:45仙山線を渡って赤生木集落に路駐、早くも細かい雨が落ちてくる。前森中腹の牛頭天王社へ続く草深い道を歩き出すと「熊出没注意」の看板が現れ、尚も進むと獣害防止の金網フェンスが張り巡らされた箇所で行き止まる。雨も本降りになってきたので登山を中止し車に戻る。駐車地そばの民家のご主人に尋ねると、フェンスを乗り越えて行き、右に鳥居が現れたらそれをくぐって参道を詰めればよいが、最近クマが出るので単独登山は止めた方が良いとのこと、事実昨日も熊さんパトロール隊がやって来たそう。まあ又出直そう。12:15帰宅。

|

« 619. 手賀沼一周 | トップページ | 621. 前船形山(加美町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 619. 手賀沼一周 | トップページ | 621. 前船形山(加美町) »