« 627. 愛宕山&二ツ山(鴨川市) | トップページ | 629. 鋸山(富津市・鋸南町) »

628. 三郡山・山の神

2019年2月13日(水)、歩程5時間、単独   7:50出発、一般道を走る。国道16号線、君津から県道92号線、国道465号線、国道410号線と約110㎞走り、11:40尾崎農園直売所(標高165m)の脇に車を駐める。P2130001_2直売所は休業中なのか閉まっており、他に先着車なし。看板には、土・日・月・祝日営業との告知はあるが。天気はぱっとせず寒い。雪がちらちら、支度する手がかじかむほど。直売所の前の国道410号線を横切り、向かい側の道に入る。チェインロープで塞がれた道を上っていくと、右手に廃屋と廃車が数台現れる。休耕地のような広い芝地が広がり、そこを突っ切って先端から谷に下りる。国土地理院地図の破線路の通り、12:10沢に下り着くと、スギの木の根際に「三郡山・高宕山/尾崎」の道標が立てかけてある。沢を渡り、立ち木に付けられた白や赤のビニルテープを追っていく。スギ植林地にImg113アセビやモミの幼木が生える細い尾根道を進む。雨が降ったばかりなのか滑る、足元が覚束ない。痩せ尾根の一本道なので全く迷う心配はない。コブを2、3つ越えて、12:50郡界尾根出合(標高275m)。(左)三郡山(右)高宕山の道標が立つ。郡界尾根を左に進むと、道は5、6か所のコブを巻き道で巻いて行く。危うい箇所には補助ロープが取り付けてあり大助かり。13:21標高310mピーク、左に327mピークが間近に見える。そこに架かる「高体連」の標識は、2005年千葉きらめき総体の登山競技大P2130022会が実施された三郡山コースの名残であろう(他に、高後山コースと元清澄コースもあった由)。左手に345mピークが見えてきて痩せ尾根歩きから解放され、13:55漸く三郡山(標高330m)到着、スギ林の中の地味な山頂で、三角点もなければ見晴らしもない。スギの木に「平成二十一年四月山湯会」、「三郡山 330M 高体連」の標識が立てかけてある。それにしても手持ちのGARMINのGPS(登山地図:JAPAN TOPO 10M Plus v1。) は役立たず、無名峰の三角点は表示されないので、千葉の低山藪山では非常に使い辛い。スマホアプリのジオグラフィカの方が便利、やれやれ。西の長狭P2130026街道方面へ下り、14:05横尾林道(標高285m)に降り立つ。横尾林道を西(右)へ進み山の神へ。林道には轍の跡もあるが、路面が二か所大きく損傷しており、四駆でも厳しそう、普通の車は走れない。14:20山の神登山口(標高275m)、赤いテープが枝に下がるだけで道標はない。樹幹にマジックで「山の神」と矢印が書いてある。踏み跡もないがGPS画面を眺めながら三角点目指してスギ林の中を登る。山頂直下の急斜面には補助ロープが取り付けてあり大助かり、14:35三等三角点(名称:豊岡)と「山の神 348m」の標識、及び「大山祇命 宇藤木邑」銘の石碑がある山頂(標高347.7m)に出る。モミの巨木P2130033に囲まれた山頂は狭く、どこから登るにしても急斜面ばかり、この石碑をどこからどうやって担ぎ上げたものか、宇藤木は現存する北麓の集落である。大休止、大福餅とミカンを食べ生茶を飲む。登山口に戻り横尾林道を引き返す。15:10先ほどの三郡山下山口。15:15三叉路、林道が南麓の遠目塚方面に下っていく。15:25東側の三郡山登山口(標高720m)、道標と赤テープの目印がある。その先で右側(南側)の視界が開け、峰岡山塊の愛宕山の丸いドームや長狭平野が眺められる。大日如来と馬頭観音の二体の石仏が祀られている箇所を過ぎ、15:55三島隧道(標高260m)、旧国道410号線P2130049の鴨川側出口は鉄板で塞がれている。直ぐに三差路、旧道が右(南)に下っていく。そこから左の林道高山線に入る。16:15安房高山登山口(標高285m)、嘉永二年(1849)銘の馬頭観音他三体の石仏が並ぶ。そこを上がれば石祠が三基祀られたピークへ通じるが、今日は疲れたので安房高山はパス。16:25林道奥米線?出合、左に進み直ぐにトンネルをくぐり、先日安房高山に登った登山口を左に見送り、どしどし車道を下っていく。その辺り、崖下に不法投棄をする不届き者が多く、斜面や清流がゴミだらけ、嘆かわしい。16:50国道410号線出合、17:00車に戻る。スマホ・アプリの万歩計では20524歩、15.1㎞、久しぶりの長歩き。帰りも一般道、同じ道を走って20:45無事帰宅。本日の走行距離は221㎞。

|

« 627. 愛宕山&二ツ山(鴨川市) | トップページ | 629. 鋸山(富津市・鋸南町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 627. 愛宕山&二ツ山(鴨川市) | トップページ | 629. 鋸山(富津市・鋸南町) »