« 631. 宮城オルレ・気仙沼唐桑コース(気仙沼市) | トップページ | 633. ワイナピチュ(Wayna Picchu) »

632. 高水三山(青梅市)

2019年4月28日(日)、歩程5時間半、同行山仲間3名   世間は昨日から10連休に突入、365連休の身には余り関係がないけれど。5:00起床、今日は首都圏の山仲間を誘って奥多摩の高水三山ハイキング。それにしても15名に声をかけたのに、応じてくれたのが僅か3名とは情けない。昔は一声掛ければ10~20名はいつでも動員できたものだが、まあ仕方がない。妻に弁当を作ってもらい、南柏駅まで送ってもらう。6:26の電車にP4280010 乗り、新松戸、西国分寺、立川、青梅で乗り換え、8:45漸く御嶽駅到着。遠いね。ホームでSさん、Aさん、Kさんと合流、SさんとKさんは一年ぶり、Aさんとは2年ぶりの山歩き。駅前の観光案内所で、首都圏自然歩道「関東ふれあいの道、東京都7、山草のみち」の地図をもらい、線路沿いに少し戻って、道標に従い左上、踏切を渡って神社境内に入り、裏手から登山道に進む。送電線鉄塔が建つコブを2つ越えて、丹縄/沢井駅分岐を左右に見送り、10:26注連吊りの御神木に出る。杉の大木にしめ縄を張り渡してあり其処から先が山頂に鎮座すP4280012 る青渭(あおい)神社の御神域、一旦小休止。10:47真名井の霊泉(別名:青渭の井)、水神を祀る小社が建ててある。杉林の中を黙々と登り、10:55漸く一つ目の惣岳山(そうがくさん)山頂着、標高756m、二級基準点(No.9 青梅市)が置かれ、青渭神社奥宮が建っている。参拝してから丸太ベンチに座って中休止。山頂から先の下りに急な岩場の難所があり、関東ふれあいの道と称するからにはロープか鎖の安全対策が欲しいところ、慎重にクリア。P4280017_1 11:28馬供養塔(享保三戊戌年(1718)七月吉祥日)が建つ峠に出る。東面の杉植林地が皆伐されており、眼下の平溝川源流部から、遠くは東京都心の高層ビル群、スカイツリーまで望める。逆方向からやって来るハイカーとのすれ違いが俄然多くなる。急坂を ひと踏ん張りして、11:58二つ目の岩茸石山山頂(標高792.3m)に出る。三等三角点(名称:岩岳)がある山頂部は軍畑駅から上がってきた大勢のハイカーに占拠され、腰P4280020 を下ろす場所もない。ちょうど昼時なので皆食事中、さすがは東京のGW&日曜日の山である。山名標柱を囲んで4人の記念写真を撮ってもらってから大休止(12:00~12:40)、我々もお弁当を開く。山頂からの眺めは良く、北面直ぐ近くに棒ノ嶺(棒ノ折山)、その後ろに秩父の山々、更に奥に雪嶺が幾つか(上越国境の山?)見える。東面の関東平野には筑波山と加波山が浮かぶ。山中の花はトウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ヤマザクラ、スミレくらい、杉植林地が多いので花の楽しみはいまいち。高水山へ下る途中の立ち木に、「Tokyo 成木の森トレイルラン」のポスターが貼付されているのを見かける。来る5月12日に大会があるようで今年が9回目、成木の家→高水山→岩茸石山→黒山→棒ノ嶺→黒山→小沢峠→中島製材所の20㎞を駆け P4280032_1 抜ける。人気コースなのであろうが、登山道が狭いので当日のハイカーは十分気を付けねば。本日最後の急坂を登りきると、石祠が現れ、13:07高水山山頂(標高759m)に着く。これで三山駆け達成、久しぶりの山坂に息が上がりふらふら、ベンチで小休止。13:27山頂直下に建つ真 言宗豊山派 の寺院、高水山常福院に着きトイレ休憩、そしてご本尊の波切白不動尊にお参り  する。その先は岩ゴロゴロの歩き難い道の急降下、14:15平溝集落最奥の古民家カフェに下り着く。そこから歩き易い車道に変わり平溝川に沿って坦々とP4280042 下っていく。14:25天徳山高源寺の前を通過、今日は高源寺の隣の神社、天之宮の祭礼で、付近の民家はみな祭り提灯を飾っている。SさんとKさんは今日が初対面であるがすっかり意気投合、駅へ曲がることなく二  人並んで仲良く多摩川渓谷方面へすたすた、そのまま行かせる手もあったけれ ど、先達のお役目もあ り、苦渋の決断で呼び戻 す。14:50ようや く軍畑駅到着、4時間の標準コースタイムに対し6時間近くかかる。一般向けハイキングコースで前回(1992年11月28日)は苦も無く歩いた記憶があるが、今日はへとへと、やはり歳には勝てない。14:57の電車に乗P4280047 り、青梅乗り換え立川駅下車、Kさんの案内で駅前の英国風パブ「HUB立川店」に入って打ち上げ(16:00~17:00)、乾いた喉に一番搾りが沁みる。今日は天気に恵まれ、仲間に恵まれて会心の山歩き、締めくくりも上等。次回を固く約して三人と改札口で別れる。新小平と新松戸で乗り換え、18:45南柏駅到着、春のハイキング無事終了。

|

« 631. 宮城オルレ・気仙沼唐桑コース(気仙沼市) | トップページ | 633. ワイナピチュ(Wayna Picchu) »

コメント

高水三山懐かしいです。
柏からは遠かったですね。
ノートを見ましたら、2012年5月13日に登りました。7年前ですからちょうど今のshikamasonjinさんと同じ年齢でしょうか。
先日秦野弘法山縦走を足慣らししましたが、同じような低い山・松田山に今度同じく足慣らしに行こうと話しています。トレッキング会として登山の会が復帰しましたので高尾山などに行きます。段々自信がつけばいいと思っています。
登山後のビールが美味しかったことでしょう。

投稿: tona | 2019年5月 3日 (金) 19:55

tonaさんも7年前に歩かれましたか。私は、棒ノ嶺から黒山、岩茸石山、惣岳山と縦走したのを含めると3回目です。新聞記事で知ったのですが、新天皇陛下と皇后陛下が、ご結婚後初めてお二人で登った山とのことで、平成の最後に良い山を歩くことができました。意外にハイカーが多かったのも、それが理由かもしれません。山の会が復活して良かったですね。仲間と歩くのは楽しいですね。

投稿: shikamasonjin | 2019年5月 3日 (金) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 631. 宮城オルレ・気仙沼唐桑コース(気仙沼市) | トップページ | 633. ワイナピチュ(Wayna Picchu) »