« 636. 手賀沼一周(柏市/我孫子市) | トップページ | 638. 双子公園から北印旛沼周回 »

637. 牛久沼周回

2020年1月3日(金)、歩程23㎞・5時間40分、単独   今年の初ウォーキングは牛久沼一周、前回2018年4月13日に続き二度目。本当は今の P1040001 時期、房総の低山歩きがベストであるが、昨年の台風15号による風倒木被害がひどく、暇人の山遊びなど当面の間論外、仕方なく平場歩きで我慢する。11:10牛久沼水辺公園駐車場着、白鳥や鴨、オオバン、カモメなどの水鳥観察者、凧揚げに興じる家族連れで駐車場は略満車。前回と同じく時計回りで出発、北西方向に沼の畔の農道、土手道を行く。沼の向こうに筑波山が見える。天気が良く、くっきり、すっきり。野鯉や野ベラを狙うのか、太公望の姿もちらほら。左手の休耕田広場ではラジコン飛行機に興じる人あり、また、家庭菜園を拓いて「牛久沼のほとり」の生活を実践する人も居る。12:04細見橋(4,879歩/3.6㎞)、今回は前回より大回りすべく細見橋を渡らずそのまま沼畔を北上。ブラックバス、タナゴ、寒鮒釣り師も居る。今日は無風で快晴、何をするにも良く、穏やかな三が日である。12:50上岩崎橋(9,109歩/6.7㎞)を渡る。一級河川西谷田川の両岸は釣り人で一杯、そこから沼畔を離れ車道歩き、13:20茎崎運動公園、13:30茎崎橋(12,251歩/9.0km)。前回はここを渡って東Dsc_0546 岸へ移ったが、今回は渡らず、谷田川西岸を北上し大回り。オオイヌノフグリが早くも咲いている。房内集落に入り水神宮を見て右折、14:10房内橋(16,871歩/12.4㎞)を渡り東岸に映る。今度は谷田川に沿って南下、このコース、トイレや四阿、ベンチなどの休憩施設が殆ど無いのが難、沼の畔は不法投棄のTVや冷蔵庫などでゴミだらけ、歩いて楽しい所ではない。14:26漸く四阿を見つけ一服、紅ほし柿を食べる。森の里ポンプ場前を通り、14:52茎崎橋(21,002歩/15.5㎞)に戻る。県道を渡って更に東岸を南下、台地へ上がって広大なネギ畑、大根畑の中の車道を進む。ビニルトンネル掛けしてあるのは春大根、もう種まきを終え、4月中旬には収穫できるらしい。太陽光発電施設に変わってしまった農地も多く、廃屋もDsc_0555 目立つ。こんな首都圏の大消費地に近い里山でも後継者難なのか荒びが目立つ。15:50みかづき橋(26,237歩/19.4km)で稲荷川を渡り、更に沼の東岸を南下、河童の道を通り、牛久城址入り口を通過。16:18根古屋橋(29,091歩/21.5㎞)を渡り国道6号線に出る。腰が痛い。沼の向こうの筑波山の左に夕陽が沈む。すっかり暗くなった16:50、漸く水辺公園駐車場の車に戻る。所要時間5時間40分、スマホアプリの「ジオグラフィカ」の記録では22.5㎞、同じく万歩計アプリ「からだメイト」の記録では32,205歩/23.8㎞。前回は28,036歩/20.9㎞だったので、平場歩きとしてはこれまでの最長かも。

|

« 636. 手賀沼一周(柏市/我孫子市) | トップページ | 638. 双子公園から北印旛沼周回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 636. 手賀沼一周(柏市/我孫子市) | トップページ | 638. 双子公園から北印旛沼周回 »