やまもも酒

P62900032018年6月29日(金) 昨日、五本松公園で採集してきたヤマモモの実は計量すると200g弱、1㎏もあればジャムを作るのですが、やむなく果実酒にしました。ヤマモモの実には薄緑色の繊細な毛虫が付いているので、まず塩水に3時間漬けて虫出しを行い、その後充分水洗いし塩抜きしてから風乾させました。氷砂糖は100g使用、三か月も経てば飲めるようになるでしょう。

| | コメント (0)

青梅シロップ再び

P61900032018年6月19日(火) 仙台に帰省中の11日と12日、自宅マンション前の榴岡公園の梅林に行き梅の実採りに興じました。手が届く範囲は既に誰かに取られた後で、お目こぼしというか、高い枝に残る梅の実を登山ステッキを目いっぱい伸ばして掻き落としました。2日かかりで合計2㎏、柏に持ち帰り、氷砂糖2㎏を加えて今季二度目となる梅シロップを作りました。

| | コメント (0)

ヤマザクラのサクランボ酒

P60600042018年6月8日(金) 香りが高く、まろやかで、色も美しく、野生果実で作るリキュールとしては最高の部類に入ります。公園で採集したヤマザクラの実を5月21日にアルコール分35%のホワイトリカーに浸漬し、5月28日に果実を分離、一週間で飲めるようになりました。

| | コメント (0)

梅シロップと梅酒

2018年6月1日(金) 庭の梅の木に今年はたくさんの実がつきました。しめて880g。幼木を植えてから未だ10年と経っていませんが、去年までは1、2個しか実らなかったものが、大化けです。早速、700gの青梅と等量の氷砂糖と10㎖の醸造酢で梅シロップを、180gの青梅と等量の氷砂糖と300㎖のホワイトリカーで梅酒を作りました。
20180601p6020003P6020002

| | コメント (2)

ヤマザクラのサクランボの果実酒

2018年5月21日(月) 昨日、手賀沼一周ハイクの折に、柏ふるさと公園のヤマザクラの木にサクランボが沢山着果していたので採集し、今日果実酒に作る。このままでも十分食べられるが、苦みがあるので大人の味、同じく苦みがあるナナカマドの実は素晴らしいリキュールになるので、多分良い酒が出来上がるであろう。楽しみです。
P5200050P5220001


| | コメント (2)

おけさ柿

P31900012018年3月12日(月) 昨年亡くなった従兄の家へ焼香に伺うのに手ぶらではと、仙台の高級果物店(株)いたがきへ行き、今が旬の大粒のイチゴを買い求める。その時、目に留まったのが大好物の干し柿類、市田柿、あんぽ柿は日頃たっぷり食べているので、まだ食べたことがない佐渡産のおけさ柿を購入しました。5個・200グラム入りで税抜き600円、加工者は羽茂農業協同組合、生産者は藤井邦子さん。柏市の近所のスーパーでは見たことがないだけに、どんな味か非常に楽しみです。

| | コメント (0)

ペカンナッツ(Pecan)

2018年2月19日(月) 納戸を整理していたら、昨年5月キプロスで購入したペカンナッツが出てきました。まだ食べられるかなと試しに10個ばかり割ってみました。同じクルミ科でも、ペカンの外種皮(殻)は胡桃に比べるとずっと薄く、胚乳も簡単に手で取り出せます。味はほぼクルミですが、脂肪分が高いのでよりコクがあるようです。十分食べられます。とりあえず今晩のビールのおつまみにします。
P2190001P2190003


| | コメント (0)

びわゼリーとびわキャラメル

P20500012018年2月4日(日) 房総南端の一等三角点峰、房の大山(ぼうのおおやま)に登った帰り、道の駅富楽里とみやまに立ち寄り、名物の完熟びわゼリー(1個324円)とびわキャラメル(1箱205円)を購入しました。他に生姜の黒糖甘納豆、伊予柑など。山行記録は、姉妹ブログ『自惚山人ノオト』に掲載いたします。「606.房の大山」をご覧ください。

| | コメント (2)

晩白柚のマーマレード

P12800022018年1月28日(日) 寒くて寒くてどこへも出かける気になれず連日家に籠もってジャムづくり。今回は果肉を使わず、外皮・内皮の皮だけを使って作りました。一番大きな晩白柚の皮を丸ごと1個分使ったので、結局6瓶ものマーマレードが出来上がりました。まるでジャム屋さんになった気分です。

| | コメント (0)

晩白柚のジャム

2018年1月26日(金) 昨日から2日がかり、頂き物の晩白柚でジャムを造りました。表皮を除いた白い内皮1個分と果肉半個分を使い、白い内皮は1㎝角に刻んで2回湯こぼし、更に内皮を良く煮込み、形が崩れてきたら果肉を加えて煮詰めました。砂糖を加えて更に煮詰め、どろどろになったところで出来上がり、煮沸殺菌瓶に移します。淡橙色の上品な色合いのジャムは、二回湯こぼししたのに尚ほろ苦く大人の味、ヨーグルトにかけて食べるつもりです。
P1250003P1250001P1250004P1260007










| | コメント (2)

より以前の記事一覧