定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2020年3月25日(水) 今日は森の中で一人遊び、船橋県民の森の駐車場は、みな自粛疲れなのか第3駐車場まで一杯。材上生のきのこを見て回り、アラゲキクラゲ、オオチリメンタケ、カワラタケ、クジラタケ、クダアナタケ、シックイタケ、スエヒロタケ、タマチョレイタケ、チャカイガラタケ、ネンドタケ、ハカワラタケ、ハチノスタケ、ヒメシロアミタケ、サルノコシカケ科不明種(ツガサルノコシカケ?)を見つける。写真左はタマチョレイタケ幼菌、右はサルノコシカケ科不明種の老菌。
P3250010 P3250001

| | コメント (0)

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2020年2月29日(土) 午後から船橋県民の森へ出かけてきのこ観察。園内は去年の台風の風倒木後遺症で遊歩道の大部分が立ち入り禁止。2時間ほどの散策で見つけたのは、エノキタケ、オオチリメンタケ、カワラタケ、クロコブタケ、コフキサルノコシカケ、シイタケ、シックイタケ、スエヒロタケ、チャウロコタケ、チャカイガラタケ、ツヤウチワタケ、ニクウスバタケ、ネンドタケ、ヒメシロアミタケ、モミジウロコタ、ヤケイロタケ、多孔菌科不明種5種の21種。(写真は、上段左から時計回りに、エノキタケ、シイタケ、チャカイガラタケ、モミジウロコタケの順)
P2290003 P2290056 P2290030 P2290013

| | コメント (2)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2020年2月26日(水) 霧雨降る寒々とした天気、こんな日は公園に遊びにくる酔狂な人は居ないだろうと、午後から久しぶりのきのこ観察へ。新型コロナウィルス感染対策で家に篭ってばかりでは運動不足、他の人と接触することなく一人遊びが出来るきのこ観察は結構歩くし、今の時期最適な趣味かも。出逢ったきのこは、アラゲキクラゲ、カワラタケ、シイタケ、シックイタケ、スエヒロタケ、チャウロコタケ、チャカイガラタケ、ハカワラタケ、ヒラタケ、ミダレアミタケ、ヤケイロタケ、多孔菌科不明種3種の計14種。(写真は上段がスギ材に発生したシックイタケ、下段はサクラ倒木に発生したハカワラタケ。右側は子実層托面の44倍拡大写真)
P2260021 P226002244 P2260014 P226001844

| | コメント (0)

千葉菌類談話会スライド会

Dsc_0548 2020年1月11日(土) 今日は千葉菌類談話会の第28回スライド会、会員相互の勉強会である。8:35出発、ハスラーで会場の千葉市青葉の森の中央博物館へ。10:25ぎりぎり到着、1時間の昼食を挟んで、10:40~15:30の間、須賀さんの「2019年のきのこ」、木下さんの「胞子画」(左の写真)、中島さんの「菌類学文献からの自動トリプル抽出とその可視化」、井上さんの「最近発表した論文から」、根田さんの「日本人ときのこ」、中村さんの「行徳鳥獣保護区で活動しています!」、松崎さんの「退職夫婦のきのこ生活」の8題の発表を聴く。あと5、6題を残して中座、18:10帰宅。 

| | コメント (0)

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2020年1月9日(木) 昨年の3月26日以来9か月半ぶりに船橋県民の森できのこ観察、もはや定点観察の体をなしていない。園内は昨秋来襲した台風15号と19号の後遺症で、風倒木やかかり木が多く、遊歩道の至る所が危険のため立ち入り禁止、黄色のテープで封鎖されている。風倒木がこのまま放置されるならば、数年後には材上性のきのこが大発生するかも。直ぐに白樫の大径倒木にエノキタケとヒラタケを発見し幸先が良かったが後が続かない。外に観察できた種は、カイガラタケ、カワラタケ、キヒラタケ、シックイタケ、シロペンキタケ、スエヒロタケ、チャカイガラタケ、チャヒラタケの仲間、ツヤウチワタケ、ナラタケ(残骸)、ニクウスバタケ、ネンドタケ、ハナビラニカワタケなど。(写真は、左がエノキタケ、右がヒラタケ)
P1090017 P1090013

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2019年11月27日(木) 午後から増尾城址公園でハタケシメジを探したが又も空振り、今年はもう出ないのかもしれない。見つけたのは、アラゲキクラゲ、カイガラタケ、カワラタケ、キクラゲ、コタマゴテングタケ、シイタケ、チャウロコタケ、ニオイアシナガタケ、ヒトヨタケ属、ヒラタケ、ミノタケ、ムラサキシメジ、不明種の13種、6日連続の雨の効果もいまいち。(写真は、上段左から時計回りに、キクラゲ、コタマゴテングタケ、シイタケ、ヒラタケの順)
Pb270014 Pb270020 Pb270007 Pb270022

| | コメント (0)

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

2019年11月14日(木) 午後から手賀の丘公園へ寒茸採りに出かける。狙いはエノキタケ、ハタケシメジ、ヒラタケの御三家。心当たりの切り株、立ち枯れ、倒木を巡ったけれど、ハタケシメジは空振り、エノキタケ(写真左)とヒラタケ(同右)も盛りを過ぎた老菌なので採取は見送り。
Pb140008 Pb140013
出逢ったきのこは、エノキタケ、クジラタケ、ニセマツカサシメジ、ヒメワカフサタケ、ヒラタケ、フウセンタケ属、マツカサキノコモドキのたった7種類でした。

| | コメント (0)

定点観察・岩名運動公園(佐倉市)

2019年11月12日(火) このところ雨が続いたので、千葉菌の友人Fさんに教えてもらった岩名運動公園へ出張してきのこ観察。打合せした訳でも待ち合わせをした訳でもないのに、ご本人と園内でばったり鉢合わせして、あまりの偶然に吃驚。狙いはウッドチップに出るというハタケシメジだったが見当たらず、その代わり新鮮なヒラタケを見つけ、大喜びで採集してきました。出逢ったきのこは、コカブイヌシメジ、コザラミノシメジ、スッポンタケ、タマチョレイタケ、ノウタケ、ハイイロイタチタケ、ハチノスタケ、ヒイロタケ、ヒイロベニヒダタケ、ヒビワレシロハツ?、ヒラタケ、フウセンタケ属、ムラサキシメジ、モエギタケ、不明3種。(写真は、左上から時計周りに、スッポンタケ、ヒイロベニヒダタケ、ヒラタケ、モエギタケの順)
Pb120031 Pb120008 Pb120043 Pb120026

| | コメント (2)

定点観察・五本松公園(我孫子市)

2019年11月5日(火) 午後から我孫子市の五本松公園できのこ観察。園内の風倒木は片付けられていたが、きのこの姿は少ない。出逢ったのは、キシメジ属、コゲチャイヌシメジ(城川氏仮称、写真)、シロニセトマヤタケ、チチアワタケ?、フウセンタケ属、ムラサキシメジのみ。コゲチャイヌシメジを1本、試食用に持ち帰る。
Pb050009 Pb050008

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2019年10月30日(水) 午後から久しぶりにきのこ観察、菜園の肥料を買いにケイヨーD2名戸ヶ谷店へ行った序に増尾城址公園へ。林内は相次ぐ台風の襲来と大雨で荒れに荒れていたが、アセタケ属数種、アワタケ、イヌセンボンタケ、エノキタケ、クサウラベニタケ2種(仮称種アズキクサウラと普通種)、コザラミノシメジ?、コツブヒメヒガサヒトヨタケ、コバヤシアセタケ、シロニセトマヤタケ、タマチョレイタケ、チチタケ属、ニセクサハツ?、ノウタケ、ヒメカンムリツチグリ?、ヒメスギタケ、ヒメワカフサタケ、フウセンタケ属2種、フクロツルタケ、フタトゲホコリタケ、ベニタケ属2種、ベニヒダタケ、ホコリタケ属、ムジナタケ、ムラサキシメジ、モリノカレバタケ属2種に出逢う。(写真は、左上から時計回りに、エノキタケ、コツブヒメヒガサヒトヨタケ、ムジナタケ、ムラサキシメジの順)
Pa300053 Pa300037 Pa300035 Pa300042

| | コメント (0)

より以前の記事一覧