千葉菌類談話会総会&第79回観察会(佐倉城址公園)

2017年6月25日(土) 今日は千葉菌類談話会の総会と第79回観察会の日、開催場所の佐倉城址公園へ8時半出発。渋P6240001滞する国道16号線を避け印西市経由、国立歴史博物館前の駐車用に9:45到着しました。会場でいわき市のDさん、真岡市のOさん、鎌ケ谷市のFさん、南房総市のYさん等旧知の皆さんに懐かしく再会。10:30開会、吉田副会長ご挨拶に続く総会は滞りなく終了し、外へ出て参加者65名全員の集合写真撮影。その後自由観察と採集の時間になった時、Fさんから件の場所にキヌガサタケが出ていたとの貴重な情報をもらい、Dさん、Oさん、Yさんと4人で佐倉市内某所の竹林へきのこの女王のお姿を撮影するべく、2台の車にP6240009分乗して会場を抜け出しました。無事目的を果たして佐倉城址公園へ舞い戻り、姥ケ池・菖蒲園・湧水池・ビオトープ辺りの湿った場所を中心に歩いたものの、ハラタケ型の地上生軟質菌は殆ど見当たらず、諦めて歴博のレストランで昼食、古代カレーを食べアイスコーヒーを飲みました(セット料金で1,030円)。鑑定会場の休憩室に戻ると、今日は大不作、ウチワタケなど硬質菌が多く、これでは吹春先生の解説にも力が入らないのでは・・。明日から出かける都合があるので中座、15:10帰宅。

| | コメント (0)

仙台キノコ同好会・泉ヶ岳観察会

2017年6月18日(日) 昨年から入会した仙台キノコ同好会の行事に初参加するべく、7:30榴岡の自宅を出発し、集合場所の泉ヶ岳登山P6180388口駐車場へ。20㎞余を走り8:15到着。8:30受付開始、参加者名簿に名前を記入し、保険料の100円を支払う。本日の参加者は54名とか、なかなか熱心な人が多い。観察会の場所は泉ヶ岳北側の桑沼周辺とのことで、現地駐車場が狭い点とダートの大平桑沼林道を走る点を考慮し、最低地上高の高い車に分乗して移動する。桑沼湖畔に到着し林道の路肩に縦列駐車、一帯は「みやぎ未来の森林・縄文の森」に指定されている。遊歩道の先の東屋に下りて再集合、責任者のJ.K.さんとT.K.さんから本日のスケジュールや注意事項等を聴く。9:45から12:00まで観察と採集を行うことになり、各自湖畔周囲の林P6180401に突入。樹木はブナを主体にミズナラ、ヤマザクラなどの広葉樹で、立ち枯れや倒木も随所にあり雰囲気は極めて良い。但し、時期が少し早い感じで、きのこはさっぱり見つからない。早々にフキ採りに切り替えた賢明な女性も居る。今晩、柏へ帰る都合があるので11時頃中座したが、結局、アラゲコベニチャワンタケ、ナラタケ、ヒラタケ、モリノカレバタケ?を見つけただけに終わる。
また機会を見つけて参加したいと思います。仙台キノコ同好会の皆さま、お世話様でした。

| | コメント (0)

定点観察・富士浅間神社(柏市)

2017年5月26日(金) 久しぶりに待望の雨、やっと畑への水運びと作物への潅水作業から解放される。ほっとして近所の神社へカンゾウタケ探しに。スダジイの老木の根回りを目を凝らして探してみたが見つからず。やぶ蚊に3か所刺され、アミスギタケ(写真左)、キクラゲ、ベニヒダタケ(写真右)を認めたのみに終わる。
P5260011P5260015


| | コメント (0)

千葉菌類談話会通信 NO.33

No33img0622017年5月22日(月) キプロス・マルタの旅を終えて帰宅したら、千葉菌類談話会の会報が届いていました。表紙は、これまで5年間続いた片山周子さんのきのこ絵に変わり、大作晃一さんの九十九里のクロマツ林のきのこ写真、落ち着いた感じになりました。内容は全文、千葉菌類談話会のホームページに公開されるので詳しいことは割愛しますが、山本充弘さんの「砂地のきのこたち」、菊乃さんの「ウラムラサキシメジをはじめて食べた話」など興味深い記事が並んでいます。中でも、古川久彦先生の「八十八歳のきのこ人生」と題した四編、23頁に亘る記事は、読みごたえがありました。今年は、千葉県立中央博物館において、7月22日~12月27日まで『きのこワンダーランド』展が開催されるし、9月22日から24日には、銚子市(君が浜しおさい公園)と東庄町(東庄県民の森)で日本菌学会の菌類観察会が行われるとの事、県内のきのこ愛好家には楽しい年になりそうです。

| | コメント (0)

シロカイメンタケ

2015年5月5日(金) 昨日登った茨城・福島県境の三鈷室山(さんこむろさん)の山頂直下の広葉樹立ち枯れに発生していた傘の真っ白な大型菌(傘長径22cm、短径13cm)、どうやらシロカイメンタケ(Piptoporus soloniensis)のようです。孔口は1㎜あたり2、3個。他に出逢ったきのこは、アシナガイタチタケとシイタケとニガクリタケでした。
P5040038P5040042

| | コメント (0)

定点観察・五本松公園(我孫子市)

P42900272017年4月29日(土) いよいよGWがスタート、山へと思ったけれど、渋滞を嫌い自粛。午後から五本松公園へ行ってきのこ観察。残念ながらきのこは皆無、唯の1本も見つかりません。仕方がないので我孫子市東洋蘭友の会によって植えられたエビネとキエビネを鑑賞してきました。他に野の花は、キンラン、ジュウニヒトエ、ホウチャクソウなど。

| | コメント (0)

定点観察・市内某公園(柏市)

2017年4月22日(土) 昨日の夕方、市内某公園の梅林を覗きに行ったら、3日前に幼菌だったウメハルシメジ(Entoloma saepium)が大きく育っていました。幼菌の姿もまだ沢山あります。佃煮用にとりあえず10本ばかり採集してきました。今月いっぱいは発生が続きそうで、暫くきのこ狩りが楽しめます。
P4210008P4210009


| | コメント (0)

アミガサタケ採り

P42000262017年4月20日(木) 午後から手賀の丘公園へ出かけ、サクラの木の下でアミガサタケ採り、春はまことに忙しい。園内のサクラ園はじめ三か所を回り、目を皿のようにして探しましたがたったの8個、しかも大物は1本だけ。落胆していると、鳥を観察していた人が近寄ってきて、一昨日2人連れがどっさり採取して帰ったとのお話、いやはや、後の祭り、先客があったのではどうにもなりません。これだけでは足りないので、近日中にウメハルシメジを採りに行き、一緒に佃煮にしようと思います。

| | コメント (0)

キツネノワンとキツネノヤリタケ

P41900102017年4月19日(水) 千葉菌類談話会会員のFさんから、キツネノワン(Ciboria shiraiana)とキツネノヤリタケ(Scleromitrula shiraiana)の観察に来ませんかと云う有難いお誘いがあり、午後、船橋市の金杉十字路近くで待ち合わせ、現地を案内してもらいました。発生場所は、船橋市を流れ東京湾に注ぐ海老川の水源にあたる湿地帯で、大きな桑の木がまとまって生えている笹薮の中でした。よくもこんな場所を探せたものと、Fさんの執念と根性に頭が下がります。無事に両種の写真撮影を終えた後、近くのオオゴムタケ発生箇所にも案内P4190001してもらいました。帰宅後早速、マイフォトの「地上生きのこ図鑑」に写真をアップ、嬉しい一日になりました。Fさんにはこれまでも、キヌガサタケやマツカサタケ、ハイイロオニタケなど、私にとっての珍菌とその発生個所を教えていただいており、真にもって有難いことと、感謝しております。

| | コメント (2)

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2017年4月17日(月) 午後、船橋県民の森へサクラの樹下に出るハルシメジ(ノイバラハルシメジ)を探しに行く。例年より一旬タイミングを早めた御蔭で今年はばっちり、5年ぶりに新鮮なハルシメジに出逢えました。同じ場所にアミガサタケも出ていたし、廃ホタ木置き場にはシイタケとムササビタケも発生していて、趣味と実益を兼ねた観察になりました。
(写真は、左上から時計回りに、アミガサタケ、シイタケ、ノイバラハルシメジ、ムササビタケの順)
P4170024P4170031P4170027P4170012






| | コメント (0)

より以前の記事一覧