« 屋久島旅行(初日・二日目) | トップページ | 紀伊山地の霊場と参詣道(那智大社・大雲取越) »

屋久島旅行(三日目・最終日)

2001年8月27日(月) バイキング方式の朝食を済ませ島内観光に出発、先ず益救(やく)神社に寄る。1,100年以上の歴史がある由緒ある社で、祭神は天津日高彦火火出見尊である。境内にクマゼミやギャーギャーと鳥のように鳴くセミ(小型のミンミンゼミの如し)の声が響く。実が梨やリンゴのように大きいツバキはリンゴツバキである。10:05白谷雲水峡自然休養林の駐車場に車を入れる。雨が落ちてきたので合羽を着る。ホテルや島内観光スポットで見かけた顔に何人も出会う。行く所は皆一緒の狭い島である。園内は良く整備されており、02_4 屋久島の植物観察ができる。順路に従って進み、植物に掛けられた札をひとつ一つ読んで行く。ワラビ科ナチシダ、マンサク科イスノキ、ツバキ科ヒメシャラ、ハイノキ科ハイノキ、常緑広葉樹が多い。10:40弥生杉、樹高26.1m、胸高周囲8.1m、樹齢約3,000年とある。この木を観に来るだけでも価値がある。ワラビ科ユノミネシダ、ガガイモ科キジョラン、ヤブコウジ科マンリョウ、センリョウ科センリョウ、マキ科ナギ、ウコギ科ハリギリ、カエデ科ヤクシマオナガカエデ、アカネ科アリドウシ、ブナ科アカガシ、マツ科ツガ、ブナ科ウラジロガシ、クスノキ科ホソバタブ、関東で馴染の木も多い。11:10二代大杉(胸高周囲4.4m、樹高32m)、昨日から巨大な杉を何本も見ているのでもう驚きも感激もない。11:20さつき吊橋を渡る。ハイノキ科ミミズバイ、ハイノキ科クロバイ、11:35飛龍落とし、ヤマグルマ科ヤマグルマ、クスノキ科イヌガシ、ツバキ科モッコク、ツツジ科サクラツツジ、ウコギ科カクレミノ、バラ科ホウロクイチゴ、ツバキ科リンゴツバキ、ヤブコウジ科タイミンタチバナ。植物好きには堪らない所である。11:50駐車場に戻る。午後は、“枕状溶岩”を見物してから、安房港へ寄り岩壁釣りを見る。釣師5人のうち3人は女性、今晩のおかずにでもするのか、オキアミこませのサビキ仕掛けでアジやサヨリを釣っている。大型の魚が沢山見え、魚影は濃い。屋久島随一の高級ホテル“いわさきホテル”にも立ち寄る。アプローチも立派、館内も立派、一番と二番では質差が大きく、会社でいえば社長と副社長位違う。14:40フルーツ・ガーデン、ガイドの案内と果物(スターフルーツなど)・ジャムの試食付きで入園料500円である。グァバとタンカンジュースも味見する。15:40青少年旅行村、指定キャンプ場は学生達のテントで溢れている。渚の遊歩道を歩くとハマユウやクワズイモが目立つ。仲間のガジュマル(屋久島一の巨樹)、平内の観音竹自生地なども見物して17:50ホテルに戻る。夜の食堂は昨日までと大分顔ぶれが変わる。屋久島観光は2泊3日コースが一般的らしい。

8月28日(火)6:00起床、一番風呂に入った後荷造りする。8:45ホテルをチェックアウト、安房まで行き屋久杉加工品専門の店を3、4軒覗く。仙台の神棚用に恵比寿様と大黒様の彫り物二体を買い求める。空港前の日石SSでガソリンを満タンにし、満タン証明書を付けて車と鍵を返す。便利なシステムである。それにしてもガソリン1リットル133円は高い(当時関東では90円前後)。4日間の総走行距離は356kmである。11:00空港カウンターにチェックイン、荷物を全部預けて身軽になる。観光客が続々空港に集まる。夏休みも間も無く終わる。11:50離陸、鹿児島空港でJAS374便に乗り継ぎ15:07羽田着、17:30にはもう自宅で荷解きにかかる。(完)

|

« 屋久島旅行(初日・二日目) | トップページ | 紀伊山地の霊場と参詣道(那智大社・大雲取越) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島旅行(三日目・最終日):

« 屋久島旅行(初日・二日目) | トップページ | 紀伊山地の霊場と参詣道(那智大社・大雲取越) »