« 紀伊山地の霊場と参詣道(那智大社・大雲取越) | トップページ | 聖なるクメール遺跡とアンコールワット7日間 »

紀伊山地の霊場と参詣道(熊野本宮大社・速玉大社)

2003年5月4日(日) 5:00起床、好天。昨日までの日記を片付けてから朝風呂に行く。髭を当たりさっぱりする。食堂の壁にサツキマス(アマゴの降海型)の魚拓が飾ってある。最大のものは59cmもあり、地元では“のぼり”と呼んでいる。熊野川は遡行してくるサツキマス釣りのメッカである。朝食を済ませ、宿の車で瀞峡遊覧船発着場の志古へ送ってもらう。9:30出船、定員54名のウォータージェット船は熊野川の支流、北山川を瀞峡まで1時間かけて遡行する。河原は広く水は清らか、GWなのでオートキャンプ、カヌー、川遊びに興じる人が多い。両岸の山にはクリの木が多く今が花盛り、特有の香りが漂う。天下の名勝瀞峡にさしかかると船の天井が開く。両岸を眺め易くする仕掛けで、そそり立つ断崖の中、最深部24mという碧色の流れを進む。13下瀞の終わりで一旦下船休憩、旅館があり、三重、奈良、和歌山三県の県境に当たる。昨日山中で見かけた紫色の小花をつけたマメツツジは、紀州名物“コメツツジ”として売られている。 船は更に上瀞まで進んでから引き返す。帰りはまっしぐら、次々とジェット船と擦れ違う。 瀞峡探勝の終わりである。志古に戻り11:47のバスで熊野本宮大社へ向う。12:17熊野本宮大社前下車、百数十段の長い石段を登って参拝する。夏のような日差しで蒸し暑い。檜皮葺きの本殿は壮麗そのもの、左から第一殿は夫須美大神、第二殿は速玉大神、第三殿は家津御子大神、第四殿は天照大神を祀る。参道入口に店を構える珍重庵で名物のもうで餅セットとめはり寿司を賞味し、13:16のバスで新宮へ出る。バスは熊野川の流れに沿って36kmを走る。14:26新宮駅着、早速熊野権現(速玉大社)に詣でる。 14大鳥居も社殿も全てが朱塗りで華やか、これで熊野三山の参詣を果たす。ご神木は国指定天然記念物、樹齢1000年の梛(ナギ)、平重盛の手植えで、我国最大(高さ20m、幹周り6m)のナギの巨樹である。「千早振る熊野の宮のなぎの葉を変わらぬ千代のためしにぞ折る」(定家)。参拝の後、新宮市内の見物に出る。紀州徳川家家老、水野家の居城であった丹鶴城址公園に登る。熊野川上流の山々、熊野灘、新宮市街などを一望できるview point、「高く立ち秋の熊野の海をみて誰そ涙すや城のゆふべに」、与謝野寛の歌碑が建つ。花は終っているが櫻と藤の名所らしい。コンパクトな平山城であるが石垣は立派である。マクドナルドでアイスコーヒーを飲んで一休み、その後“浮島の森”と“徐福公園”に行き市内名所を一巡りする。新宮駅で南紀特産の三宝かん(蜜柑の一種、皮厚く実は小さい。種も多いが上品な味)を食べ、ウツボの干物や那智飴を買う。18:00のバスで熊野川温泉さつきに戻る。夕食は鮎の塩焼き、穴子の天麩羅に鰹のにぎり寿司もつく。公共の宿にしては美味過ぎる。

5月5日(月) 5:15起床、今日も好天、暑くなりそうである。昨日と全く同じメニューの朝食を済ませチェックアウト、8:09のバス17_1で再び新宮へ出る。新宮発9:14の特急南紀号に乗り伊勢へ向う。11:14多気駅着、付近は伊勢茶の産地らしく茶畑が多い。11:32の鳥羽行きに乗り換え、11:50伊勢市駅に着く。駅前から外宮への参道が始まるが、門前町の雰囲気には程遠く パチンコ屋などが多く並ぶ。 GWというのに閑散、日本人の信仰心もとみに薄れ、神社仏閣詣でよりもUSJやTDL遊山である。外宮(豊受大神宮)は境内広大、クスノキ、タブ、スギの巨木生い茂る。神楽殿、正宮、土宮、風宮、別宮多賀ノ宮など全ての神殿が檜をふんだんに使い贅を凝らす。雅楽の音色がどこからともなく流れて来て神聖な雰囲気をいや増す。さすがは日本一の大社である。バスで内宮へ向う。五十鈴川の清流を宇治橋で渡る。16 内宮は、おかげ横丁など仲見世や門前町が発達しており、参拝客で賑やかである。内宮だけにお参りする人も多いらしい。そこも巨樹、巨木が生い茂り神域広大、五十鈴川には鯉や似鯉、ウグイの姿が見られる。13:20正宮にお参りし伊勢神宮参拝も果たす。この3日間で5社1寺を巡り少し参拝疲れを覚える。伊勢名物は赤福、海に近いので干物、カマボコなども特産品である。バスで宇治山田駅に出て、14:52の近鉄特急で名古屋へ向う。16:20名古屋着、16:44発のぞみで東京に戻る。どの新幹線も行楽を終えて東京に戻る人で大混雑、19:30南柏駅着。熊野は遠い。(完)

|

« 紀伊山地の霊場と参詣道(那智大社・大雲取越) | トップページ | 聖なるクメール遺跡とアンコールワット7日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊山地の霊場と参詣道(熊野本宮大社・速玉大社):

« 紀伊山地の霊場と参詣道(那智大社・大雲取越) | トップページ | 聖なるクメール遺跡とアンコールワット7日間 »