« 古都奈良の文化財 | トップページ | 森と湖の国 ニュージーランド漫遊8日間 »

法隆寺地域の仏教建造物群

2004年3月9日(火)  飛火07野荘の朝食もマズマズ、コーヒーのフリーサービスが嬉しい。8:00出発、近鉄奈良駅から電車に乗り西大寺と橿原神宮前で2回乗り換える。9:40飛鳥駅に降り立つ。 今日は一転して暖かい好天、気持ちよく12kmのウォーキングに踏み出す。 レンタル自転車で廻るのが一般的らしく、全コース歩く人は稀である。10:00高松塚壁画館、高松塚古墳を見学する。遊歩道・道標・WCなどコースは良く整備されている。10:45鬼の雪隠、鬼の俎岩、10:50天武・持統天皇檜隈大内陵、11:05亀石。露店で買った明日香ミカンを食べながらゆるゆる歩く。飛鳥路はとても長閑である。11:25橘寺、聖徳太子誕生の地で08ある。寺内の休憩所で昼食。12:20石舞台古墳、剥き出しになった石室は韓国の支石墓より遥かにスケールが大きい。13:05岡寺(西国七番霊場)、厄除開運の寺で本尊の如意 輪観音は日本最大の塑像である。 境内の最上部まで登ってみると洞窟内にも観音像が安置されている。13:55酒船石、14:10明日香民族資料館。14:30飛鳥寺、本堂に日本最古の釈迦如来像がある。15:00入鹿の首塚、15:20甘樫丘、丘の上に登ると飛鳥の里が一望できる。天の香具山・耳成山・畝傍山の三山も指呼の間である。16:10漸くコース終点の橿原神宮前駅に着く。6時間半、良く歩いたものである。17:20飛火野荘に帰る。他の宿泊客はお水取りに出掛けたのか食堂も風呂場も閑散としている。お陰でゆっくりくつろげる。

3月10日(水)   8:15チェックアウト、近鉄奈良駅のコインロッカーに荷を預けバスで法隆寺に行く。午前中法隆寺を見学、南大門・中門・五重塔・金堂・大講堂・聖霊院・大宝蔵院・夢殿と案内書の通りに廻る。 国宝、重文目白押しであるが、やはり百済観音像や玉虫厨司(大宝蔵院収蔵)が印象深い。 中宮寺にも入り、ご本尊の如意輪観音を拝む。バスで西ノ京へ移動、近鉄郡山駅前で昼食用に買った寿司を車内で食べる。こうなると旅の達人である。西ノ京では最初に薬師寺を拝11観する。平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」(玄奘三蔵院伽藍収蔵)を観たかったが今日は公開していないとのこと、金堂・大講堂・西塔・東塔など見物する。東塔を除き再建された伽藍3棟は余りにキラキラしく、世界遺産の趣に欠ける。それでも宮大工西岡常一氏が樹齢2000年の台湾檜を用いて 造営した伽藍は荘厳である。最後に唐招提寺を見る。金堂は大修理中であり、国宝の鑑真和上像も拝めない。仕方が無いので庭を一巡りする。唐招提寺東口からバスに乗り近鉄奈良駅に戻る。16:00発京都行き近鉄線特急と16:56発東京行き新幹線のぞみを乗り継いで帰京、20:30には無事帰宅、大和古寺巡礼の終りである。  

|

« 古都奈良の文化財 | トップページ | 森と湖の国 ニュージーランド漫遊8日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115323/7775411

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺地域の仏教建造物群:

« 古都奈良の文化財 | トップページ | 森と湖の国 ニュージーランド漫遊8日間 »