« エアーズロック登頂 | トップページ | ブルーマウンテンズ国立公園/帰国 »

シドニー市内観光

2005年6月20日(月) 7:15起床、ホテルの朝食は搾菜(ザーサイ)入りお粥で美味しい。今日も好天の模様、天気に恵まれる。9:00出発、現地ガイドの女性Sさんが案内役で運転手はポール氏である。Cimg0626シドニーの初冬は爽やかで快適、まずマッコーリー岬へ行く。マッコーリー岬はハーバーブリッジとオペラハウスをセットで眺められるview point、岬にはディゴの真っ赤な花が咲いている。 ディゴは沖縄の県花でもあるが、もともとはインドや東南アジアが原産地らしい。次いでオペラハウスへ行く。オペラハウスはデンマーク人の設計で、14年の歳月と408億円の工費をかけて完成したとのこと、外から眺めただけであるが外壁と屋根は菱形のタイルで覆われている。なるほど凝った造りである。2000年のシドニーオリンピックで諸物価が高騰し、例えば市内の3LDKのマンションが従来の2、3千万円からCimg0660倍に跳ね上がったとのこと、ミネラルウォーターが3A$、コーヒー一杯が3A$と物価は結構高く暮らしにくそうである。 10:25オパール専門店のCOSTELLOSに寄る。オパールの値段はピンからキリまで、1個140万円の高級品から3個で1万円のものまである。昼食は再び中華街へ行き飲茶料理、本場の中国より美味いかもしれぬ。少なくとも日本人の口に合う。午後はシドニー湾を乗り合い船で渡り、 ハーバーブリッジの歩道部分を渡る。ハーバーブリッジのアーチ部分を渡るには予約が必要で、料金も150~250A$かかる。下から眺めると、挑戦者は橋と同色のツナギ服を着て黙々と登っていく。渡りきるには3時間のアルCimg0666バイトを要するとか。その後、免税店GALLERIAに立寄ったので、土産にニュージーランド(NZ)産のラノリンクリームを買う。プラセンタ(羊の胎盤エキス)入りの高級品、12個で136.36A$である。以前NZで購入した時より割高であるが仕方が無い。夕食まで自由時間となる。モノレールの1日乗車券を支給されたので、GEORGE通りを抜けてCITY CENTER駅へ出る。モノレールに乗って市内を2周してからWORLD SQUARE駅で降り、ホテルに戻る。17:15ホテルのロビーに集まり夕食へ出発、19:00まで“さくら亭”で日本食を楽しむ。串揚げ・刺身セットの価格は16A$、久し振りの和食はやはり美味しい。食事の後30名でシドニー水族館見物に出かける。再び団体割引の交渉役を買って出る(26→19A$)。巨大水族館で海中を仕切った展示槽が3槽もあり、サメ、エイ、アシカなどが悠々と泳いでいる。タスマニアン・ジャイアントクラブやニモ(カクレクマノミ)もいる。グレートバリア・リーフ館はカラフルな演出が素晴らしい。満足して21:00ホテルに戻る。(続く)

|

« エアーズロック登頂 | トップページ | ブルーマウンテンズ国立公園/帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エアーズロック登頂 | トップページ | ブルーマウンテンズ国立公園/帰国 »