« シドニー市内観光 | トップページ | 純銀製ヒップフラスコ »

ブルーマウンテンズ国立公園/帰国

2005年6月21日(火) シドニー湾を出航する船の汽笛で7:30目が覚める。今日も空が青い。昨日と全く同じメニューの朝食を済ませる。Cimg07019:00バスで100㎞離れた世界遺産のブルーマウンテンズ国立公園(BM)へ向う。BMは標高1,000m余の高原台地で全山がユーカリの原生林に覆われる。 ユーカリは700種類もあり、そのうちの70~80種がBMで見られるとのこと、大木になると樹皮が剥げて真っ白な幹を曝しているので遠目にも直ぐ判る。ちなみにコアラが食べるユーカリは30種類ほど。ブラシノキの仲間と思われる黄色いブラシ状の花をつけた木が多い。BMに到着、まずウェントワース滝(Wentworth Falls)を眺めるために観瀑台のJamison Lookoutまで山道を歩く。片道15分ほどである。さすがにCimg0707山の風は冬の冷たさ、ウェントワース滝は落差こそ大きいが水量が少な過ぎる。ルーラ(Leura)の街に入ると日本 から取り寄せたという八重桜の並木がある。 初冬の今でも花をつけている木が多いが、 春(9月~11月)には国花のワトル(ミモザの一種)やジャガランダなどが一斉に花開き、その美しさは例えようもないらしい。エコーポイント(Echo Point)からBM最大の売り物、スリーシスターズ(The Three Sisters)の奇岩を眺める。風がますます冷たさを増す。シーズンオフのため公衆トイレが閉鎖されており大弱り、皆でトイレを探して右往左往する。そこからシーニックワールドへCimg0713移動し、世界一の急勾配(斜度52度)としてギネスブックに登録されているトロッコ電車、シーニックレールウェイに乗って谷底に降りる。 昔の石炭鉱山用軌道の名残であり、標高差650mを一気に真っ逆さまに下りて行く。スピードが制御されているので恐怖感はそれほどない。谷底の駅から木生シダが繁るブッシュの中を10分ほどウォーキング、今度は大型ゴンドラのシーニセンダーに乗って出発点に戻る。ゴンドラから眺めるジャミソン谷(Jamison Valley)の景観は米国のグランドキャニオンにも匹敵するほど雄大であり、ユーカリの大樹海、原生林がどこまでも広がる。カトゥーンバの町へ行き昼食、体育館か倉庫のような造りのレストランで味のないビーフカレーを食べる。シドニーへ戻る途中で、フェザーデール・ワイルドライフパーク(Featherdale Wildlife Park)に入る。 45分間の入園では勿体無く、コアラを始め、各種カンガルー、タスマニアンデビル、ウォンバッド、ディンゴ、エミュー、火喰い鳥、ワライカワセミなどの珍獣・珍鳥がいる。シドーニに戻り、ジョージ通りのオCimg0737ーストラリア産土産もの店で最後の買い物、オパールのネックレス2本とラノリンクリーム6個を購入しオーストラリアドルを使い切る。メトロホテルに戻りレストランでマレーシア料理の夕食、ビーフ、チキン、野菜カレーはいずれも甘ったるい。19:40シドニー国際空港到着、ロビーでSCを整理し直す。出国審査を終え、売店で名物のティムタムを6箱買う。22:05搭乗、QF21便はほぼ満席である。席は41Aと41Bと窓側であるが、3人掛けの通路側41Cがむっつりした外人さん、これではトイレに立つのも憚られる。やれやれ先が思いやられるが、とりあえず時計を1時間遅らせる。(完)

|

« シドニー市内観光 | トップページ | 純銀製ヒップフラスコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シドニー市内観光 | トップページ | 純銀製ヒップフラスコ »