« マヤ紋様のペンダント | トップページ | TEQUILA”REVOLUCION” »

プエブラとチョルラの歴史地区

2005年11月22日(火)  6:30モーニングコールで起きる。今日が実質的観光最終日である。7:10から朝食、日本人向けにヤクルトがある。果物は皆甘く、コーヒーのポットサービスまである。一流ホテルは贅沢なものである。今日はもともとカリブ海のリゾート地カンクンでフリータイムの筈であったが、今秋相次ぎ襲来したハリケーンのため現地の被害大きく、旅程変更になったものである。これが為に今回の旅行に不参加を決めた人が9名いたという。CIMG19828:00オプショナルツアーのプエブラ観光に出発、メキシコ市の東方120kmにある町である。毎日風邪薬を飲んでいるせいか無性に眠い。3000m級の峠を越えて9:30ドライブインでトイレ休憩、辺りはアマランス(キビの一種)の原産地とかで、蜂蜜で固めたおこしが名物である。売店に沢山並んでいるが、包装が素朴過ぎる。 右手にメキシコ最高峰のポポカテペトル山(5452m)の雄姿が望める。メキシコの畑地は道路や宅地との境界が曖昧、国民性なのかアバウトである。10:50プエブラ到着、海抜2100mほどの高原都市である。お土産品専門のエルパリアン市場を覘き、砂糖菓子の家を観て、タラベラ焼きの工房を見学する。プエブラは昔から焼き物が盛んな町で、素朴でおおらかな図案の陶器は益子や笠間焼きのような味わいがある。記念に小鉢を購入する。プエブラにはコロニアル植民都市の時代、370もの修道院があったとのこと、今でも沢山の教会がある。CIMG2008ソカロに行きカテドラルを拝観、歩いてプエブラの田舎料理を食べさせるというレストランに向う。13:10~14:15昼食、民族楽器の生演奏付きで、 スペインの血が混じるメキシカンはハンサムでセクシーである。モーレなどの郷土料理や海鮮料理が出たが味はいまいち、ボヘミアビールを飲む。午後は、アステカ時代の神殿が残る近在のチョルラ遺跡へ行く。中央高原では最も古い歴史を持つ遺跡で、大神殿トラチアルテペトルは、一辺439m、高さ59mもあり、往時にはテオティワカンの太陽の神殿を凌ぐ威容を誇ったものと推測されている。世界最大級のピラミッドは今は土で覆われ、頂上に教会が建っている。胎内潜りを思わせる見学用の地下道を進むと、この大ピラミッドが7層のピラミッドの重なりから成ることが判る。52年毎にそれまでのピラミッドに新たなピラミッドを重ねて造られているので、少なくとも300年以上CIMG2015かかって築かれたものである。 未だ一部しか発掘が進んでおらず、 規模の大きさは実感できるが見るべきものは少ない。16:40バスに戻り全ての観光を終える。19:00ガレリア・プラザ帰着、夕食はつかないもののメキシコ料理に最早食欲は湧かない。胃の調子が悪いので二人でパンシロンを飲む。一階のバーでマルガリータを飲むうちメキシコの夜は更ける。通りでは早くもクリスマスの飾りつけが始まっている。部屋に戻って、残りの食料で簡単な夕食を済ませ、帰国準備の荷造りにかかる。明日は3:00にモーニングコールが鳴る。

11月23日(水)・24日(木)  2:50起床、いよいよ帰国の日、年寄りにはハードな日程であったが、何とか皆一週間の高地生活をこなす。冬服に着替えてスーツケース(SC)を部屋の外に出しロビーに降りる。サンドイッチの朝食弁当をもらってバスに乗り込み、空港へ向け出発する。CIMG2022 コンビニ(セブンイレブンとOXXOの2種類あり)のみ開いている。4:25空港着、AA(アメリカンエアライン)はチェックインの際、全員のSCを開けて中味を調べるので時間がかかること夥しい。現地ガイドのY氏と別れの挨拶を交わし、手荷物検査を終えて出発ロビーに入る。 免税店で青アガベ100%の高級テキーラを買い、搭乗口の30番ゲート前でサンドイッチを食べる。7:00搭乗、AA1066便は満席である。7:30離陸、抜きん出て高い山が2つ見える。ひとつはメキシコ富士のポポカトペトル山らしい。今日は好天で下界が良く見える。9:50ダラス国際空港へ無事着陸、陽の光が眩しい。今度は米国の入国検査、税関検査、手荷物検査が待ち受ける。往きと同様、両手人差し指の指紋、顔写真を撮られる。うまくいかずに別室に連れ込まれる人もいる。やっと出国ロビーに入る。やれやれとソフトクリームを買って一息入れる。米国のトイレはさすがに清潔で安心できる。12:15ようやくAA61便に搭乗、ガラガラでひとり2座席づつ使える。帰りは偏西風に逆らって飛ぶので13時間もかかるが、これなら助かる。12:38離陸、水平飛行に入ると直ぐに機内食が出るが全く食欲がない。横になったり起きたり、体の位置をいろいろ変える。19:30アンカレッジ上空を通過して日付変更線に近づく。あと6時間、なるほど帰りは時速850~900kmしか出ない。0:00根室沖を通過、あと1時間半、時計を15時間進める。16:15黄昏の成田空港に無事着陸する。(完)

|

« マヤ紋様のペンダント | トップページ | TEQUILA”REVOLUCION” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プエブラとチョルラの歴史地区:

« マヤ紋様のペンダント | トップページ | TEQUILA”REVOLUCION” »