« カリン酒 | トップページ | メキシコシティの歴史地区・テオティワカンの古代都市 »

タモギタケ(栽培品)

012005年11月15日  近年栽培技術が進んで、木材腐朽菌が次々と商品化されるため、スーパーのキノコ売り場には最近珍しいキノコが並ぶ。そういう訳で、今日は南柏駅前のカスミにキノコ狩りに行く。写真のキノコは商品名「黄金(コガネ)タモギ」、標準和名はタモギタケである。茨城県結城市のメイワきのこ園産で、1パックが198円也と安い。天然ものの発生は梅雨時の六月が最盛期らしいが、未だに当たった試しがない。来年こそはと思いながら、黄金タモギのお吸い物を飲む。歯切れが良く、上品な味で美味しい。

|

« カリン酒 | トップページ | メキシコシティの歴史地区・テオティワカンの古代都市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115323/7125781

この記事へのトラックバック一覧です: タモギタケ(栽培品):

« カリン酒 | トップページ | メキシコシティの歴史地区・テオティワカンの古代都市 »