« 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅲ) | トップページ | 台北・故宮博物院(2006.6.20) »

台湾まるごと大周遊6日間(Ⅳ)

2006年6月20日(火) 6:00起床、好天。朝から強い日差し照りつける。旅もとうとう終盤に突入する。Cimg4248_1 朝食メニューはご飯に味噌汁、サバの照り焼き、目玉焼きと純和風である。出発まで時間があるのでホテルの周辺を散策する。図書館、博物館、音楽堂などが建ち並ぶ文化地区で、花蓮港もほど近く、鉱石運搬船らしき船が停泊している。9:30出発、花蓮駅へ向う。今日は台北まで列車の旅である。駅の売店で名物の芋菓子(芋心蕃薯餅)を買う。10:00急行列車、呂光号に乗り込む。3号車の22と24席、指定席である(台湾では奇数同士、偶数同士が隣席)。昼近く駅弁が支給される。排骨弁当といって地元では名物、骨付き豚肉の生姜焼きがご飯の上にどかっと鎮座し、ウナギ、ゆで卵、アスパラ、キャベツの漬物などがびっしり詰められている。Cimg4264見ただけで胸が一杯、しかもジャスミンのような香辛料がきつくギブアップ。14:00台北駅 到着、台湾一周の完成であるが全く感激はない。今にも一雨来そうな曇り空、気温32度、猛烈に蒸し暑い。バスで故宮博物院へ直行、今度こそ間違いなく旅のハイライトである。14:30から16:15の間、駆け足で見学する。歴代中国皇帝のコレクションは、どれもこれも豪奢と精緻を極める超一級品、これならトプカプ宮殿にあるオスマントルコ帝国の宝物以上かも。北京の故宮博物院(紫禁城)が気の毒になる。あちらは建物だけで中はがらんどう、珍珠や魂魄は全てこちらにある。今月末まで改修工事中とのことで、展示室は大幅01_116に縮小されていたが、それでも2時間弱ではとても回れない。北宋汝窯の「青磁水洗盆」、清の「翠玉白菜」(写真)、「肉形石」、「雕橄覧核舟」、「竹糸纏技番蓮絞圓盒」などを観賞しただけに終る。台湾一周などしなくてよいから、ここだけを2、3日じっくり見せてもらいたいもの、仕方なく「国立故宮博物院ガイドブック」を1冊購入する。楽しみにして来た故宮博物院見学も瞬く間に終わり、総合民芸店金龍と台湾茶道館での買物に移る。金龍では4,830元の跤趾焼きの置物を購入し、25%引きの13,000円にまけてもらう。台湾茶道館では、100㌘3,000円もする高山茶や凍頂烏龍茶、東方美人茶などを散々試飲してしまった為、買い物籠を持った店員にマンツーマンで付きまとわれる。客の意向もなんのその、次々に商品をカゴに放り込むので、気の弱い人は旅行代よりも高くついてしまう。その茶道館の地下一階で海鮮石鍋の夕食、味はいまいち。台湾麦酒1本を飲むと120元である。20:40六福ホテルへチェックイン、昨日と同じ番号の1025号室は安っぽいビジネスホテルといった感じ、古くて狭い。今回の旅で最低であるが、ゴッキュウーパーでは文句も言えない。窓から見えるのは隣のビルの壁だけ、1階にセブンレブンがあるのが救いである。

6月21日(水) 6:00起床、なんとなく不完全燃焼のうちに最終日を迎える。まあ天気が良かっただけでも幸いである。Cimg42838:20出発、きょうも朝から蒸し暑い。A氏が暮らす街であるが元気でやっているかどうか。 多分タフなので大丈夫であろう。8:40圓山大飯店に寄ってホテルランクアップの御夫婦をピックアップする。台北市の人口262万人、台北県のそれは330万人、台湾全土の4分の1の人々がこの地域に住んでいる。きょうは台北市内見物、先ず辛亥革命や抗日戦争で亡くなった人々を祀る忠列祠へ行き、9:00から始まる衛兵交替式を観る。暑い中で完全礼装した衛兵は汗ダクダク、超エリートとのことであるが、観光客の写真モデルにもなって楽で はない。次いで中正紀念堂へ移動、巨大な蒋介石のメモリアルホールである。そこでも衛兵交替式の見物、梯子をする。こちらは建物の中だし、白い制服なので幾分涼しげである。それにしてもこの紀念堂、Cimg4288馬鹿でかい。漢民族はとかく大きくて派手なものが好きである。それにしても蒸し暑い。台北は盆地、真夏の最高気温は39度まで上るとのこと、台湾旅行には日傘、扇子、団扇の類は必携である。最後の観光先は龍山寺、長いお線香を7本只でもらい、7箇所の香炉に1本づつ供えていく。台湾式では氏名、 生年月日、住所を唱え願い事をするとか、境内はお参りする人でごったがえす。御本尊は観世音菩薩である。「観世音 南無佛 与佛有因 与佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心」、日本式に十句観音経を唱える。免税店エバーリッチに寄り最後の買物、台湾翡翠製干支の携帯ストラップ、凍頂ウーロン茶などを買う。12:55中正国際機場着、現地ガイドのGさんと別れ、SCを預けて出国検査を済ませる。余った台湾元を使うため免税店で最後の最後、ダメ押しの買物をする。結局、竹葉青酒2本、玉山頂級陳高(高粱酒)1本、交阯焼き置物を購入する。やれやれやっと土産も揃う。14:30 BR2196便に搭乗、ほぼ満席、早速時計を1時間進める。(完)

|

« 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅲ) | トップページ | 台北・故宮博物院(2006.6.20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115323/10918968

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅳ) :

« 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅲ) | トップページ | 台北・故宮博物院(2006.6.20) »