« 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅰ) | トップページ | 蓮霧(ワックス・アップル) »

台湾まるごと大周遊6日間(Ⅱ)

2006年6月18日(日) 5:30起床、遠くは霞んでいるが今日も晴天。朝食を済ませ、8:45ホテルを出発、Cimg4090カラスミ工場併設の免税店に行く。高雄は昔からカラスミの生産が盛んらしい。 試食をさせてもらうと、日本産に比べ柔らかく塩が甘い。やや生臭くいまいち。蓮の実甘納豆も名物とのこと、こちらは栗のような味で美味しい。試食だけで切り上げ、いよいよ台湾最南端のガランピ(鵞鑾鼻)岬へ向う。途中道路沿いに並ぶ露店にバスを停め、ガイドのGさんが茹でた菱の実を買い、皆にふるまってくれる。子供時分に食べた覚えのある日本のヒシの実よりずっと大きい。味は甘味の薄い栗といったところ、珍味である。又、 別の露店でワックス・アップル(蓮霧)なる珍果とアップルマンゴー(芒果)を買う。どちらも600グラム100元である。Cimg4096前者は初めて見る果物であるが、イチジクの形をしたトマトの如き外観、しゃきしゃきした歯ざわりで、味はリンゴとナシの相の子のようである。今が旬とのことで、最高級品は黒珍珠とか黒金剛と呼ばれ、2個1,000円もするそうな、とにかく珍しい。バスは海岸に沿って走るようになる。エビやウナギのものと思われる養殖池が多い。台湾海峡の海の色はくすんだ感じで期待外れ、12:15昼食会場の墾丁賓館に到着する。 蒋介石の元別荘をホテルに改装した建物で、そこの二階レストランで広東料理を食べる。タイワンバイ(風螺貝)、小蛸、アワビ(花枝)、ムール貝など材料は高級であるが味付けがいまいち、いずれCimg4098も香辛料がきつい。墾丁は台湾で一番物価が高い場所らしく、台湾麦酒の大壜1本が150元もする。食後庭の散策、敷地内に植えてある南洋小杉の樹形は日本の杉より力強い。墾丁賓館から10分も走ると、バスはガランピ岬の駐車場に着く。台湾リゾート・ナンバーワンとのことで、途中のビーチはマリンスポーツに興じる人々で溢れている。まさに台湾のハワイ、台湾のカンクン、台湾の湘南である。 目の前に広がる巴士海峡の水色はいまいちであるが、夏色の青空はさすがに南国である。バスの外へ出るとカンカン照りで猛烈に暑い。くらくらする。公園緑地を抜けて、岬に立つ燈台へと歩く。白亜の燈台が青空に映える。北緯21度54分、熱帯の地にハマユウが咲く。周囲は国立公園、のんびりしたい風光明Cimg4116媚な場所であるが、台湾ぐるり一周がそれを許さない。30分ほど観光しただけで再びバスに乗り知本温泉へ向う。車城付近は今が 旬なのか玉ネギ(洋葱)の露店が多い。楓港からR9に入り寿峠(455m)を越える。東海岸に抜けると太平洋が広がる。海岸山脈がそのまま海に落込む地形で殆ど平地がない。黄色のイボイボがある大型の実をつけているのはパンの木、又付近はシュガー・アップル(釈迦頭)の大産地で一回目の収穫が4月に終ったところ、二回目の収穫は9月とのことである。カンボジアで食べた懐かしい味である。17:15台東市郊外にある知本温泉に到着、地域ナンバーワンの高級リゾートホテル、5つ星の知本老爺大飯店に入る。 部屋は510号室、Cimg4131至れり尽くせり、さすがに素晴らしい。TVは薄型大画面(BENQ)、NHKのBS1とBS2も入る。明るいうちにと隣にある清覚寺を見学に行く。部屋に戻ってシャワーを浴びてから夕食、バイキング方式で何でもあり、見た目は実に豪華である。但し味はいまいち、刺身(鮪、鯛、鮭)は水っぽく、ご飯(池上米という台湾のブランド米、ジャポニカ種)はぼろぼろ、果物(パパイア、ブドウ、オレンジ、バンジロウ、メロンなど)は甘味が足りず、アイスクリームは粉っぽい。まあギリギリツアーなので文句も言えない。 それにしても日本人観光客が少ない。今の時期の台湾は穴場である。食後、野外ステージで行われた先住民族阿美族の踊りを見てから部屋に引き上げる。W杯日本vsクロアチア戦は0-0の引き分け、2階大浴場へ行く。泉質は単純炭酸泉、少しぬるぬるするが無色無臭である。日本と同じく裸で入ることができ、サウナ、スパ(泡風呂)、打たせ湯、寝湯など何でもあるが何か物足りない。部屋に戻り、セブンイレブンで買っってきた缶ビール(32元)を飲む。製造年月日を見ると’95.5.11、???、 賞味期限は’95.11.11、???、10年前のビールかと思いきや、台湾では1911年の辛亥革命を基準にしているため、台湾暦’95年=西暦2006年とのことである。台湾のホテルのエレベーターは殆どが三菱電機製、車も結構三菱車が多い。台湾ではスリーダイヤの神話がまだまだ健在である。(続く)

|

« 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅰ) | トップページ | 蓮霧(ワックス・アップル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115323/10809298

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅱ):

« 台湾まるごと大周遊6日間(Ⅰ) | トップページ | 蓮霧(ワックス・アップル) »