« カンゾウタケ | トップページ | ルーヴル美術館展 古代ギリシャ芸術・神々の遺産 »

ベルギービール

01_1062006年6月26日(月)  これも娘からの父の日プレゼント、栓抜きとグラス付き、ベルギービール6本セットである。夏期賞与が沢山もらえるらしくなかなか気前が良い。左からデュベル(Duvel;アルコール分8.5%)、ロシュホール(Trappistes Rochefort;同11.3%)、レフ・ラデュース(Leffe Radieuse;同8.2%)、ヒューガルデン・グランクリュー(Hoegaarden Grand Cru;同8.5%)、ローデンバッハ・グランクリュー(Rodenbach Grand Cru;同6.5%)、ウェストマール・トリプル(Westmalle Tripel;9.5%)であり、アルコール分が高いものが多い。 ベルギーはドイツと並ぶビール王国、02_41伝統的上麺醗酵ビールは特に個性派揃いである。こんな珍しいビールが国内で手軽に飲めるようになったのも地ビールブームのお陰、有り難いことである。(下の写真は1987年8月7日訪問時のヒューガルデンの醸造所のひとコマ)

|

« カンゾウタケ | トップページ | ルーヴル美術館展 古代ギリシャ芸術・神々の遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115323/10700160

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギービール:

« カンゾウタケ | トップページ | ルーヴル美術館展 古代ギリシャ芸術・神々の遺産 »