« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ブルーベリー2006

20062006年7月28日(金)  庭のブルーベリーが漸く熟し始める。今年は今日現在まだ梅雨明けせず、日照時間が極端に少ないので、甘味の方はいまいちのようである。その代わり(?)実つきが非常に良く、これまでで最高の収穫が見込めそう、2瓶くらいはジャムが作れるかもしれない。もっともヒヨドリがもう頻繁に訪ねてくるので、やっぱり1瓶くらいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオイチョウタケ

P1010411 2006年7月27日(木) 天祖山(奥多摩)。キシメジ科オオイチョウタケ属のきのこ。登山道脇の斜面に群生していた。まだ出始めの幼菌である。余程疲れていたらしく、取ってきたのは写真だけ、帰宅して図鑑で調べてオオイチョウタケと判る。なんと最上級にランクされる食用菌、しまったと思っても後の祭りである。普段は少なくても数個は採取して来るのだが、長歩きとハナビラタケの重さに参っていたらしい。返す返すも残念無念、掌中の玉を失くした気分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナビラタケ

P1010214 2006年7月26日(水) 秩父三峰山。ハナビラタケ科ハナビラタケ属のきのこ、針葉樹の根元や切株に生える。この場合はスギの根元に発生している。白い葉牡丹状の姿形は良く目立つ。紛らわしい有毒菌はないので安心して採取し、持ち帰る。本日コンソメ味のスープにして試食したところ、風味には全く癖がなく、コキコキと歯切れが良い。図鑑ではクキワカメに似ていると書いてあるが、キクラゲとアラゲキクラゲの中間的食感である。評価;☆☆☆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修道院ビール・ロシュホール

Trappistes_rochefort01 2006年7月25日(火) アルコール分11.3%、重厚にして濃醇なビールである。シメイ同様これも修道院ビール、ベルギーのロシュホールという町の近くにあるサンレミ修道院で造られる。1230年創立で、ビール醸造は1595年から始めたとのことである。欧州中世の知識人であった修道士が、もともとは布教の資金作りや施しの為に始めたのが修道院醸造所、それが現代まで連綿と引き継がれている。それにしてもワインのハーフボトルを空ける様なもの、とても1本は飲めない。賞味期限はなんと2011年1月である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックベリー

01_129 2006年7月24日(月) ご近所の垣根でたわわに実っている。赤い実が黒紫色になれば熟した証拠だが、一向に摘み取る気配はない。果実酒にもジャムにも良さそうであるが、一体どうするのであろう・・・・・と、ついつい余計な心配をしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山菜とキノコの図鑑

01_1232006年7月21日(金)  山菜ときのこの同定に普段利用している図鑑類。山菜は各々の特徴がはっきりしているので判別は容易であるが、きのこは種類が多い上に、成長過程で姿形や色が大きく変化するので、種の同定は非常に難しい。従来単一種として扱われてきたものが、最近のDNA分析による研究で数種類に分類されるなど未だまだ発展段階、日本の菌類研究は諸外国と較べて大きく立ち遅れている。従って日本産きのこ(2,500~5,000種類)を全て網羅した図鑑はなく、大型図鑑でもせいぜい1,000種類止まりである。なかなか満足できるものはないが、現時点では「山渓カラー名鑑・日本のきのこ」(山と渓谷社)、「カラー版・きのこ図鑑」(家の光協会)、「フィールドベスト図鑑・日本の毒きのこ」(学習研究社)の3冊がお薦め、前2者は種類も1,000種類に近く、いずれも写真が美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリイロイグチモドキ

100_2 2006年7月20日(木) 流山市向小金ふるさとの森。イグチ科クリイロイグチ属のキノコ。昨年9月に採取したものに比べやや栗色の度合が足りないので、クリイロイグチモドキの方かもしれない。柄の部分は空洞で虫食い状態なので、傘の部分のみ味噌汁にする。癖も無い代わり旨味もない。食べられるという程度(☆)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ムラサキヤマドリタケ

02_52 2006年7月16日(日) 流山市向小金ふるさとの森。イグチ科ヤマドリタケ属のキノコである。黄斑が混じる暗紫色の傘、網目模様がある暗紫色の柄、色合いも姿形も美しい。近所の公園のシラカシ、コナラ、イヌシデが混じる雑木林で5本発見、初めてである。山渓カラー名鑑「日本のきのこ」では極めて美味しいとされている。味噌汁にして食べると柄はシャキシャキ、傘はツルツル、全く癖がない。☆☆☆といったところ(最高は☆5個)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最強のビール・サミクラウス

Samichlaus2006年7月15日(土) アルコール分なんと14%以上!まちがいなく世界最強のビールである。当然ギネスブックに記載されている。オーストリア第2の都市グラーツにある醸造所、CASTLE BREWERY EGGENBERGで年に一度、毎年12月6日のサンタクロースの誕生日にだけ限定販売されるという特別なビールである。製法はダブルボック方式ということなので、ドイツ・バイエルンの強ビール、アイス・ボック(アルコール分10%)と同じく、製造工程で凍結濃縮しているものと思われる。とろりとした甘い口当たり、濃醇にして豊潤、小壜1本でしたたかに酔う。これがビール?もはや紹興酒である。因みにサミクラウス(Samichlaus)とは、スイスやオーストリアで使われるドイツ語で、サンタクロースの意味らしい。

飲んだ後でラベルを見たら、飲み頃はな・なんと2010年10月とある。壜詰めは2005年と書いてあるから5年後? あとなしひとがそんなに待てるかい!うーん、もう1本買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若冲と江戸絵画展(2006.07.12)

02_51 曽我蕭白 筆 二幅

「寒山拾得図」

紙本墨画

各縦127.0㎝ 横53.5㎝

江戸時代 18世紀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若冲と江戸絵画展

01_1222006年7月12日(水)  東京国立博物館で開催中の「若冲と江戸絵画展」を観に行く。アメリカ人の実業家ジョー・プライス氏の江戸絵画コレクション600点余の中から、厳選された109点が展示される。伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪の異端・奇想の作品はやや息苦しいが、江戸琳派を代表する酒井抱一、鈴木其一の作品は軽妙洒脱、都会的センスに溢れる。また、今回光に変化を加えた展示室で屏風や掛幅を見せる工夫がなされている。光のゆらぎの中で観ると、作品のモチーフが浮き上がりそして沈み込む。面白い見せ方である。写真は伊藤若冲筆「旭日雄鶏図」(絹本着色、縦109.2㎝ 横48.5㎝、江戸時代 18世紀)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出流山満願寺

2006年7月9日(日) 坂東33観音霊場P1000698_1  第17番 出流山満願寺(真言宗智山派・別格本山)

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:栃木県栃木市出流町288

御詠歌:「ふるさとを はるばるここに たちいづる わがゆくすえは いづくなるらん」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天開山大谷寺

2006年7月9日(日) 坂東33観音霊場 第19番 天開山大谷寺(天台宗)P1000670

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:栃木県宇都宮市大谷町1198

御詠歌:「なをきくも めぐみおおやの かんぜおん みちびきたまへ しるもしらぬも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日光山中禅寺

2006年7月9日(日) 坂東33観音霊場 第18番 日光山中禅寺(天台宗)P1000666

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:栃木県日光市中禅寺歌ケ浜2578

御詠歌:「ちゅうぜんじ のぼりておがむ みずうみの うたのはまぢに たつはしらなみ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナガバノモミジイチゴ

01_119 2006年7月8日(土) 同じく二岐山。ほのかな酸味を含む甘味は数ある木苺中一番の美味。葉の形がモミジに似たモミジイチゴと、葉がやや長いナガバノモミジイチゴと2種類ある。どちらも黄色の実なので直ぐ判る。生食が最高であるが、果実酒やジャムにも利用できる。モミジイチゴで作る果実酒やジャムは上品にして上等、珍品にして高級である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キクラゲ

P1000716 2006年7月8日(土) 福島県二岐山。太いブナの倒木にびっしり発生していたもの。これだけまとまって発生しているのを見つけたのは初めて、上級食菌だけに嬉しさもひとしおである。乾燥すれば保存もきくし、これで暫く中華風料理が楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッド・ビューティー

01_113 2006年7月3日(月) 山梨県産の大型プラム、レッド・ビューティーという品種名はいまいちであるが、食べてみると酸味が少ない、果汁が多い、そして甘い、美味しい。日本の果物作りは世界一、リンゴ、メロン、ブドウ、イチゴ、プラムと何でも大きく甘くなる。光ケ丘の食品スーパー“お母さん”で1パック6個入り298円で売られていたもの、値段もリーズナブルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンズの実

01_1112006年 7月2日(日) 飯上山長谷寺。誰に採られることもなく、誰に拾われることもなく、山門脇の斜面に侘しく落果していたもの。実に勿体無い。傷みの少ないものを数個拾ってきたものの生食ではさほど美味しくないし、、、広口壜に入れて果実酒を作るのがよいかもしれぬ。もっと沢山拾ってきてアプリコットジャムを作れば最高であったが・・・うっかりレジ袋を忘れたのが最大の誤算、残念至極、無念至極。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妙法山星谷寺

2006年7月2日(日) 坂東33観音霊場 第8番 妙法山星谷寺(真言宗大覚寺派)P1000527

御本尊:聖観世音菩薩

所在地:神奈川県座間市入谷3-3583

御詠歌:「さはりなす まよひのくもを ふきはらひ つきもろともに おがむほしのや」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金目山光明寺

P10005162006年7月2日(日) 坂東33観音霊場 第7番 金目山光明寺(天台宗)

御本尊:聖観世音菩薩

所在地:神奈川県平塚市南金目896

御詠歌:「なにごとも いまはかなひの かんぜおん にせあんらくと たれかいのらむ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯上山長谷寺

P10005262006年7月2日(日) 坂東33観音霊場 第6番 飯上山長谷寺(高野山真言宗)

御本尊:十一面観世音菩薩

所在地:神奈川県厚木市飯山5605

御詠歌:「いやまでら たちそめしより つきせぬは いりあいひびく まつかぜのおと」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯泉山勝福寺

P10005052006年7月2日(日) 坂東33観音霊場 第5番 飯泉山勝福寺(古義真言宗-東寺派)

御本尊:十一面観世音菩薩

所在地:神奈川県小田原市飯泉1161

御詠歌:「かなはねば たすけたまえと いのるみの ふねにたからを つむはいいづみ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »