« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

RVRの走行距離 10万㎞に到達

Rvr100000 2006年8月26日(土) 銚子へ向う途中で三菱RVRの走行距離が10万キロメートルに到達、これまでスカイライン(32,000㎞)、ソアラ(81,000㎞)、セフィーロ(97,700㎞)、ヴィッツ(12,000㎞)といろんな車に乗ってきたが、10万㎞を超える迄乗った車は初めて、来年6月9年目の車検を迎える前に後継車に買い換える積りである。RVRは頑丈で安全であるが、2,400CC・四駆の割りにパワー不足、燃費も街乗り5㎞、高速道の長距離ドライブで9㎞といったところ、一人ドライブに最近のガソリン高は堪える。さて次の車を何にするか、これから暫く迷う楽しみが続く。

| | コメント (0)

太陽

01_157 2006年8月25日(金) 山梨県産の大型プラム、以前紹介したレッド・ビューティーよりはやや小さい。。果肉は黄色、サクサクした食感で適度にジューシー、甘味と酸味のバランスは絶妙である。皮は剥き易く、実離れ種離れも良い。数あるプラム品種の中でも味は一級品、それだけに値段もよく、東部ストアでは5個580円、おっかさんでも480円、なかなか毎日は食べられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の恵み

P10109062006年8月23日(水) 流山市向小金ふるさとの森。雨の後じっとり蒸し暑い日が2、3日も続くと、不思議なことに、決まった場所にムラサキヤマドリタケが必ず出てくる。今日は近所の森の中を30分ほど見回り、ムラサキヤマドリタケ5本、ノウタケ1本を収穫する。ノウタケは初めてだが、熱湯にくぐらせ外皮を剥いてから味噌汁にしてみる。ムラサキヤマドリタケも味噌汁が無難であるが、今回はホイル焼きを試してみよう。(→ノウタケはやや菌臭が強く、あえて食べるほどの価値はない。評価は★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー酒

01_1532006年8月21日(月)  今年は庭のブルーベリーが豊作だったので、果実酒も作ってみました。漬けて未だ2日目ですが、レッドパープルの綺麗な色が出てきました。初めてつくったので、飲み頃がいつかは判りませんが、先の楽しみが又一つ増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂東観音巡礼結願

01_1502006年8月20日(日)  両親と弟ならびに先祖の菩提を弔うべく、昨年の12月25日にスタートした坂東観音巡礼が、昨日(2006年8月19日)の第33番補陀洛山那古寺で完結、無事結願の運びとなった。途中で納経帳を坂東観音巡礼専用のものに切り替えたため、5ケ寺については二度参拝するなど、延べ16日、RVRの走行距離にして3,500㎞を要したが、これで一区切りである。十句観音経も摩訶般若波羅蜜多心経も満足に唱えることができぬ半端巡礼ではあるが、次は秩父観音巡礼の旅に出ようと考えている。「ボケませんように」「寝込みませんように」そして「ぽっくり逝けますように」と自分の願い事も少し足しながら。

《十句観音経》 観世音。南無佛。與佛有因。與佛有縁。佛法僧縁。常楽我浄。朝念観世音。暮念観世音。念念従心起。念念不離心。(くわんぜをん。なむぶつ。よぶつうゐん。よぶつうゑん。ぶつほうそうゑん。じやうらくがじやう。ちやうねんくわんぜをん。ぼねんくわんぜをん。ねんねんじゆうしんぎ。ねんねんふりしん。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補陀洛山那古寺

2006年8月19日(土) 坂東33観音霊場 第33番 補陀洛山那古寺(真言宗智山派)P1010862

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:千葉県館山市那古1125

御詠歌:「ふだらくは よそにはあらじ なこのてら きしうつなみを みるにつけても」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平野山高蔵寺

2006年8月19日(土) 坂東33観音霊場 第30番 平野山高蔵寺(真言宗豊山派)P1010849

御本尊:聖観世音菩薩

所在地:千葉県木更津市矢那1245

御詠歌:「はるばると のぼりておがむ たかくらや ふじにうつろふ あさばなるらん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チチタケ(チダケ)

01_147 2006年8月11日(金) 西吾妻山。ベニタケ科チチタケ属のきのこ。栃木県ではマツタケに次いで珍重される。7月から8月にかけて、会津街道沿いにずらりと並ぶ露店のチダケ売りは夏の風物詩になっている。子実体に傷をつけると乳白色の乳が溢れ出し、べたべたするし、匂いはきついしで採取して持ち帰るには始末が悪い。栃木県に出向き、袋入りの乾燥品を購入したり、現地の食堂で味わうのがベター。チダケウドンは一度食べると忘れられない味、なかでも山王峠近くの不動滝ドライブイン(塩原町)は美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンカヨウ(山荷葉)

02_57 2006年8月11日(金) 西吾妻山。メギ科サンカヨウ属の多年草。青紫色に熟した実は食べられる。山中の木の実としては、コケモモやガンコウラン、アカモノ(イワハゼ)より大きいし、ずっと美味。果汁量は今ひとつであるが、ほんのり甘酸っぱく、ほんのり渋い。ブドウのような種があるので、分布域を広げる積りで、できるだけ遠くに吹き飛ばすと良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリーのソース

2006_3 2006年8月9日(水) 今年のブルーベリーは実付きが良く、去年より1ケ月以上も早くジャム作りをする。添加物は砂糖だけ、100%の自然食品である。ソースの積りで作ったものの、冷ましたらジャムとソースの中間位の固さ、プレーンヨーグルトに加えても良いし、食パンに塗っても良い。ポリフェノールがたっぷり含まれるので老化防止になるし、最近とみに感じる老眼や霞み目も改善されるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミズ(ウワバミソウ)

Cimg4375 2006年8月5日(土) 四郎沢(四郎岳)。昔はウスヒラタケと並び、夏の山小屋で出す味噌汁の具の定番であった。清冽な水が流れる沢筋に群生していることが多く、何処の山にも生えているが、七ケ岳の平滑沢には茎が太くて立派な赤ミズの大群落があった。醤油漬けにするムカゴだけを採集する人もいるが、普通は茎を利用し、おひたしや汁の実にする。特別な風味や旨味はないが、しゃきしゃきする歯ざわりが身上の夏を代表する山菜である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五徳山水澤寺

2006年8月4日(金) 坂東33観音霊場 第16番 五徳山水澤寺(天台宗)Cimg4330

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:群馬県北群馬郡伊香保町水沢214-1

御詠歌:「たのみくる こころもきよき みずさわの ふかきねがいを うるぞうれしき」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白岩山長谷寺

2006年8月4日(金) 坂東33観音霊場 第15番 白岩山長谷寺(金峯山修験本宗)Cimg4326

御本尊:十一面観世音菩薩

所在地:群馬県群馬郡榛名町白岩448

御詠歌;「たれもみな いのるこころは しらいわの はつせのちかひ たのもしきかな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華林山慈恩寺

2006年8月4日(金) 坂東33観音霊場 第12番 華林山慈恩寺(天台宗)Cimg4320

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:埼玉県岩槻市慈恩寺139

御詠歌:「じおんじへ まいるわがみも たのもしや うかぶげじまを みるにつけても」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのこ観察七つ道具

01_1362006年8月1日(火) 基本的にはデジカメが1台あればいいのだが、夏の間はやぶ蚊の襲撃に備える以下の装備品が必要になる。

①麦藁帽子;メキシコで購入したもの、勿論日本製でも良く、全面につばのある帽子なら何でも良い、②防虫ネット;発売元 株式会社スター商事、本体価格640円、ICI石井スポーツで購入、③虫除けスプレー、④携帯VAPE;フマキラー株式会社製、⑤軍手、⑥レジ袋;不明種や食菌の持ち帰り用、⑦デジカメ

夏休みの今の時期はどこの公園も家族連れや子供達が多い。防虫ネットを被って薮の中に出たり入ったりしていると、「お母さーん、変なおじ(い)さんがいるよー」「近寄っちゃ駄目よ」、「ママー、怖いよー」「変質者かしら」・・・いやはや自然観察も楽じゃない。下手すれば公園管理人が飛んできて職質を受ける。「何してるんですか?」「みれば判るだろう!」、、、やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミョウガの初摘み

2006_1 2006年7月31日(月) 自邸北側の庭。去年の初摘みは29日、一昨年は25日、今年は長梅雨の日照不足に祟られたが、それでも例年より数日遅れただけで、ぷっくりした花穂が顔を出す。植物は健気、そして実に律儀。先行していたシソにやっとミョウガが追いつき、庭に薬味の両大関が揃う。ちょうど息子夫婦からお中元の稲庭うどんが届いた所、早速ゆでてザルに上げ、冷たくして食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマドリタケモドキ

01_1322006年7月30日(日) 柏市増尾城址公園。ヤマドリタケはドイツではスタインピルツ(Steinpilz)、フランスではセップと呼ばれ最高級のきのことされる。ヤマドリタケモドキはその近縁種なのであるから不味かろう筈がない。今日は成菌と幼菌を1本づつ採取、柄の全面に白い網目模様があるので直ぐ判る。一緒に採れたムラサキヤマドリタケとともに豚肉も加えてキノコスープにしてみたが、まずまずの味。評価は☆☆☆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »