« フエの建造物群 | トップページ | スターフルーツ »

古都ホイ・アン/ミー・ソン聖域

2006年10月19日(木) 6:15起床、うつらうつらしただけ、どうも眠りが浅い。昨夜コーヒーを飲み過ぎたせいかもしれぬ。7:00朝食、牛肉フォーを食べる。ふりかけてもらったハーブの中Cimg5018にパクチー(香菜)はともかくドクダミの若葉まで混じっている。朝から強烈なパンチ(臭気)を浴び漸く目が覚める。フローズンヨーグルトで口直しする。 今日は9:00出発なので余裕がある。ホテルの庭を散策すると植栽は三段花(山丹花)、これは沖縄や台湾で見たものと同じである。朝のうちは涼しいが陽が昇るとたちまち蒸し暑くなる。9:05出発、ホテルの前からバイさん手配のシクロに乗って世界遺産のホイ・アン市内観光に出る。1人8$は高い気もするが、ココヤシのジュース付きである。シクロは非常に体が楽、大名気分でホイ・アン歴史文化博物館(明郷仏寺)、福建会館(金山寺)、 貿易陶磁博物館(海のシルクロード博物館)、来遠橋(日本橋)を巡る。来遠橋は1593年に造られた屋根付きの橋で、日本人によって架けられたといわれている。16~1Cimg50427世紀に阮朝の交易の中心地として栄えたホイ・アンには、アユタヤ、マニラと並ぶ日本人街が造られ、1,000人を越す日本人が住んでいたらしい。シクロの運転手にチップを1$渡してバスに戻る。それにしてもヴェトナムの世界遺産は皆小粒、歴史的にも新しく正直なところ驚きや感動は少ない。11:00フォーホイ2(會安酒家 )なるレストランで早めの昼食を済ませる。さっき食べた ばかりで全く食欲はない。12:00再びバスに乗って世界遺産のミー・ソン遺跡へ向う。MY SONとは美しい山という意味である。ホイ・アンの南西45㎞に位置し、四方を山に囲まれた盆地で、北側に聖山マハーパルヴァタが聳える。チャンパ王国(2~17世紀)の聖地として崇められ、4~13世紀に亘って建造されたヒンドゥー教遺跡群がある。観光客は午前中に集中し午後はあまり来ないとのこと、13:00に到着するとひっそり閑としている。遺Cimg5058跡は8グループ に分けられて整備されており、そのうちのB、C、Dグループを見学する。 1,000年もの間熱帯林の中に埋もれていたレンガ造りの建物は崩壊が進んでおり、アンコールワットやインドの遺跡に較べると修復度合は低い。リンガや仏像など祠堂から持ち去られて失われているものも多く、見るべきものは余り多くない。遺跡の傍らに野生と思われるスターフルーツが実っている。黄色く熟しているものを選んで味わってみると、酸味と渋味が強く甘味はほんのり、ワイルドな味がする。栽培品に較べればずっと小型であるが、取り放題の食べ放題 である。現地の子供達が木登りして、黒紫色の木 の実(液果)を採っている。見ていると、たくさんの実を一度に口に含み、口内で噛み潰して果汁を飲み、残滓は吐きCimg5072出している。形と大きさはアオキの実にそっくり、試食させてもらうと甘渋い。子供達は皆純朴、はにかむ姿が何とも可愛い。15:00バスに戻りダナンへ向け出発、途中一般農家に立ち寄り内部を見せてもらう。バスが停まると近所の子供達が走り寄ってくる。にこにこと愛嬌を振りまくだけで誰も物乞いしないことに感心、 ヴェトナムは豊かである。二期作、三期作でコメの純輸出国であり、野菜・果物なんでも物成りが良く、 川魚や海の魚も豊富に獲れる、基本的に貧しい訳がない。名物菓子のバンクオメ(円盤状の大きな薄焼き煎餅)を戴くと、実に素朴な味がする。16:30ダナン市内に入り、2番目に大きいというハーン市場を見物、1時間ほど果物売り場を中心にぶらぶらする。竜眼、マンゴー、マンゴスチン、ミカン、ザボン、リンゴ、バナナ、ドラゴンフルーツ、釈迦頭、柿など何でも揃う。釈迦頭(4個1$)と四角Cimg5088_1い熟柿(6個1$)を買い、同行メンバーにもお裾分けする。17:20キムドー(金都大酒楼)なる中華料理店で夕食、地ビール のBIERE LARUEを飲む。食後ダナン空港へ向う。18:15ダナン空港着、19:15VN327便に搭乗し、24歳のヴェトナム人男性K氏と隣席になる。ホイ・アン市内の実家に台風罹災見舞いの帰り、 今はホー・チ・ミン市のマンションに兄姉と住んでいるとのこと、近い将来米国にいる兄を頼り、渡米してMBAを取得する計画とか、ヴェトナムの知識人は社会主義・共産党支配の現状に決して満足していない(ドイモイ政策で経済はかなり順調に見えても・・・)。20:40あっという間にホー・チ・ミン国際空港に着陸、K氏の前途の幸運を祈って別れる。21:15迎えのバスに乗り込むと、3人目の現地ガイドはツーさん、坊主頭で精悍な顔立ちの40歳男性である。見かけと違い話し方はソフト、日本語も滑らか。聞けば、埼玉県の上尾市や三重県の亀山市で数年間暮らしたことがあるとのこと、どうりで上手な訳である。21:22オムニ・サイゴンホテル(OMNI SAIGON HOTEL)に到着、255号室に入る。(続く)

|

« フエの建造物群 | トップページ | スターフルーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フエの建造物群 | トップページ | スターフルーツ »