« クチナシ寒天 | トップページ | フユイチゴ(寒苺) »

天然エノキタケの辛味ダイコン和え

Img_3326 2007年1月14日(日) 近所のスーパー、ベルクス向小金店に行き辛味大根(写真右)を買ってくる。群馬県産で値段は1本148円、左の青クビ大根は長さが3倍あっても98円なので相当割高である。がしかし、キノコの大根おろし和えを作るには甘ったるい青クビダイコンではしまらない。特に貴重な天然キノコとくれば相手のダイコンにもそれ相応の品格が必要になる。11日に手賀の丘公園で採取してきたエノキタケを醤油と酒でさっと煮て味付けする。 すりおろした辛味ダイコンと和え、熱々の御飯のおかずに供すると、「おー、辛ー!」「うー、旨ー!」「ひー、辛ー!」「くー、旨ー!」、標準米の御飯でも何杯も食べられる。

|

« クチナシ寒天 | トップページ | フユイチゴ(寒苺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クチナシ寒天 | トップページ | フユイチゴ(寒苺) »