« アレキサンドリア市内観光 | トップページ | 食用ホオズキ »

カイロ市内観光 / 帰国

2007年2月4日(日) 6:15起床、いよいよ最終日。旅行期間中野菜もカットフルーツもバリバリ食べたがお腹は快調、ツアーメンバーも全員元気、やはり気候が良いことが大きい。結局半袖シャツの出番なし、 Cimg5688今の時期なら長袖シャツにチョッキ、場合により上着があると良い。SCをまとめてから朝食に降りる。アップルパイとヨーグルトと果物を食べコーヒーを飲む。エジプトの果物は日射量が多く雨が少ない気候のせいか、糖度が高く皆美味しい。イチゴ、オレンジ、ナシ、バナナ、ブドウ、メロン、リンゴと種類も豊富、今朝は珍しい食用ホオズキまである。実は黄色、かすかに苦味・渋味があるが観賞用の赤ホオズキに較べれば遥かに弱く、甘酸っぱくて美味しい。8:40ホテルをチェックアウトしバスに乗り込む。カイロ市内観光の手始めはムハンマド・アリ・モスク、クフ王のピラミッドの石切り場の側を通り、高台へと登って行く。イスタンブールにあるブルーモスクそっくりの巨大なCimg5695モスクが丘上に現れる。それもその筈、聞けばブルーモスクを真似て1857年に完成したもの、納得である。 エジプトは国民の90%がイスラム教徒(スンニ派)である。教徒の義務は、毎日5回の礼拝(4:30、12:10、15:45、日没時、18:50)、年1回のラマダン月の断食(日中は飲食禁止)、一生に1回のメッカ巡礼である。又、日々の暮らしの中で聖なる言葉を数多く唱えること、そして貧しい人に喜捨すること(例えば給料の1.5%)も加わる。なかなか信徒も大変である。ムハンマド・アリ・モスクのドーム天井の装飾は天目茶碗の紋様を思わせる。ブルーモスクより華やかで美しい。 中庭に回ると八角聖水堂の向うにフランス政府から贈られた時計台が建っている。ルクソーCimg5702ル神殿の例のオベリスクのお返しという曰くつきのものであり、最早動かない。テラスからオールド・カイロの街並と、ギザの3大ピラミッドが見渡せる。もっとも大気汚染のせいかはたまた砂塵のせいか、くっきりすっきりとは見えず霞んでいる。次いでエジプト考古学博物館へ移動する。10:30着、ベンガラ色の建物が青い空に良く映える。 内部の写真撮影は当然のことながら禁止、館内は各国からの観光客が入り乱れて大混雑である。ロゼッタストーンのレプリカから見学開始、石棺、ミイラ作成台、アレキサンダー大王像などを観てから2階へ上る。2階にはハイライトとなるツタンカー01_268メン王墓の厖大な副葬品や秘宝の数々が展示してある。黄金の棺、黄金のマスク、宝飾品(ネックレス、ブレスレット、イヤリング、ベルト、etc.)、・・・。3500年前に造られた品とはとても思えない。どれもこれも芸術的なデザイン、精巧精緻玄妙な造り、見学者からは感嘆の溜め息が洩れる。 2時間の持ち時間ではとても足りない。仕方がないので展示物のカタログを買おうとMuseum Shopへ行く。ところが日本語版は抜粋抄録の薄い冊子しかない。諦めて博物館を出て道路の向い側にある書店を覗くと、英語・仏語・独語の総合図譜が100LE(2,200円)の手頃な値段で売られている。1冊購入してやっと一安心。昼食はナイル川岸に固定してある船上レストランへ行く。名物のコフタ料理は日本で言えばツクネの如きもの、まずまず美味しい。エジプト観光の最後はハーン・ハリーリ市場の見物、観光客相手のお土産品市場らしく、生鮮食料品などの興味深い物産品は見られない。ラクダの形をした香水壜、ナツメヤシなどをお土産に買う。16:15カイロ国際空港着、旅行中お世話になった現地ガイドのマハムード氏ともお別れである。出国検査を受け出発ロビーに入る。免税店で機内で飲む缶ビール(STELLA)を買うと6LE(約130円)、序にナツメヤシを追加購入する。18:10搭乗、MS964便、41D・E席、機内はほぼ満席である。帰りの飛行時間は12時間と、来る時よりも2時間短い。18:45離陸、早速時計を7時間進ませる(→2月5日1:50)。機内はコンコン、ゴホンゴホンの大合唱、Cimg5720皆薄着でやって来て風邪を引いたらしい。マスク姿が随分多い。 エジプト航空の機内映画はつまらないし、音楽もぱっとしない。お酒も出ないし退屈極まる。柿の種を出してビールを飲みながら、「真田太平記(十一)大阪夏の陣」の続きを読む。産経新聞と日経を読み終えてもまだまだ。8:20タリム盆地の北辺を過ぎゴビ砂漠へ近づく。あと5時間余、フルーツケーキとジュースがサービスされる。少しうとうとし気がつくと10:40、北京上空を通過する。まもなく朝食が出るが食欲は全くない。ソウル上空を飛び越え、日本海から中国地方上空へ入る。もう少し、もう間も無く、やはり長い。13:30成田空港に無事着陸。外へ出ると日本はすっかり春、気温15℃は4月並み、これでは太陽の国エジプトより暖かい。異常気象である。(完)

|

« アレキサンドリア市内観光 | トップページ | 食用ホオズキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115323/14006863

この記事へのトラックバック一覧です: カイロ市内観光 / 帰国:

« アレキサンドリア市内観光 | トップページ | 食用ホオズキ »