« ごまもち二品 | トップページ | ホットビール・LIEFMANS GLUHKRIEK »

ツバキキンカクチャワンタケ

01_275 2007年3月12日(月) 雨の翌日は絶好のキノコ観察日和、近くの公園を散歩がてら定点観察を行う。先ず松戸市の根木内城址公園(現在は根木内歴史公園と改称)に行くと、大きなヤブツバキの樹下で子のう菌類のツバキキンカクチャワンタケを見つける。地味で小さなキノコだが、初めての出合いなのでとても嬉しい。早速「私のキノコ図鑑(Ⅰ)」に登録する。次に流山市向小金のふるさとの森へ行くと、ムクノキの根際にいつものようにエノキタケが出ている。 そろそろ冬キノコのシーズンも終るので、これが最後の発生かもしれない。それにしても今日は暖かく、コブシの純白の花が青空に佳く映える。ホトケノザがピンクの花の絨毯を広げる日溜りでは早くもツクシが顔を出している。どこもかしこも春、良い季節になったものである。

|

« ごまもち二品 | トップページ | ホットビール・LIEFMANS GLUHKRIEK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごまもち二品 | トップページ | ホットビール・LIEFMANS GLUHKRIEK »