« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

地球3周分近く

Dsc00959 2007年4月27日(金) 本日九十九里浜を往復することで愛車RVRの走行距離がとうとう111,111kmに到達する(TRIP METERの111.1kmはおまけ)。地球(赤道)一周が40,077kmなので約3周分も走ったことになる。今年の6月の車検で丸9年になるので、名残惜しいが、思い切って、買い換えることに決める。もっと燃費が良くて維持費もかからない、即ち地球環境にも優しく、年金生活者の懐にも優しいという視点で、現在鋭意メーカーと車種を選定中である。

| | コメント (0)

アマドコロ(栽培品)

Dsc00957 2007年4月26日(木) 千代田線根津駅から根津神社へ歩く途中の八百屋さんで購入したもの。JA全農庄内のラベルが張ってあるので山形県産の栽培品と思われる。お店には他にも産直らしいギョウジャニンニク、コゴミ、赤コゴミ、タラの芽などが並べてある。赤コゴミ?、これも食べたことがないので買いたかったが、大蔵卿の局がOKサインを出さないので諦める。料理法は、あげもの・おひたし・あえものとある。お浸しと天ぷらにして食べたが、に・が・い!食感はウルイに似ているがひたすら苦い。大人の味や通の味を越えている。後苦味がいつまでも口中に残る。1パックにしておけば良かったが後の祭り、ちなみに値段は150円×2。

| | コメント (0)

六義園・つつじ祭り

Dsc009482007年4月26日(木) 家人と一緒につつじ祭りの梯子、午前が根津神社、午後は駒込の六義園(りくぎえん)。 躑躅だけなら断然根津神社に軍配が挙がるが、六義園の回遊式築山泉水庭園をそぞろ歩けば気分はお殿様、カラスがやたらに多いのは気になるが、東京の街中とは思えない深い緑の空間に癒される。入園料は300円也。

《六義園》元禄15(1702)年川越藩主柳沢吉保が自ら設計指揮して完成した回遊式築山泉水庭園。園は吉保の文学的教養により作庭され、園名は古今和歌集の序文に見える六義にちなみ命名され、園内八十八箇所の名勝とともに元禄時代を 代表する和歌趣味豊かな大名庭園。明治時代三菱の創業者である岩崎弥太郎の別邸となり、昭和13(1938)年岩崎家より東京市(都)に寄付、昭和28(1953)年に国の特別名勝に指定されて現在に至る。(六義園パンフレットより)

| | コメント (0)

根津神社・つつじまつり

Dsc00925 2007年4月26日(木) 今日は家人と東京散策、根津神社と六義園の躑躅祭りを見物してきました。 

《根津神社》 御祭神; 素戔鳴尊(すさのおのみこと)外四柱、例大祭;九月二十一日、鎮座地;文京区根津1-28-9、景行天皇の御代日本武尊が駒込の地に創祀、後文明年間に太田道灌が社殿を奉建した。現在の社殿は宝永三年五代将軍徳川綱吉が嗣子家宣の氏神社として当地に奉建したもので、当時の唐門、透塀、楼門等の結構がすべて現存、 国の重要文化財に指定されている。又その祭礼は天下祭として有名で今に伝えられている。境内は約七千坪、古来つつじが岡と称せられ、今も花季には数千本が咲き競う名勝である。(「元准勅祭神社 東京十社めぐり」より転載)

つつじまつり:4月7日(土)~5月6日(日)、入園料(神苑整備の寄進名目):200円、境内茶店の酒饅頭:6個500円(お茶のサービス付き)

| | コメント (0)

殿塚・姫塚/柴山仁王尊

Dsc008892007年4月24日(火) 九十九里浜へキノコ観察へ行った帰り道、いつも素通りしていた柴山町の国指定史跡「殿塚・姫塚」に行って 見ました。どちらも古墳時代後期の6世紀末に築造された前方後円墳で、殿塚は長軸88m・高さ13m、姫塚は長軸58m・高さ6mあるそうです。1956年早稲田大学が発掘調査を行い、その結果全国でも稀な形象埴輪(農夫、馬武人、婦人など)の行列がほぼ完全な状態で出土し、一躍有名になったとのことです。その後の1958年6月28日に国指定史跡に登録され、現在に至っております。出土品の埴輪は柴山仁王尊の芝山Dsc00900はにわ 博物館に展示公開されているとのこと、そちらも訪ねてみました。柴山仁王尊は正式には天応山観音教寺と言いますが、火事泥棒除けにご利益ある仁王様が人々の信仰を集めた結果、「柴山仁王尊」の名で呼び親しまれるようになったそうです。天応元(781)年創建の天台宗の古刹で、ご本尊は十一面観世音菩薩です。中世には房総を支配した千葉氏の祈願寺として栄え、江戸時代には徳川幕府の庇護のもと十万石の格式を持ち、「伴頭寺」にその名を連ねた房総を代表する大寺とのこと、確かに立派なお寺で、博物館の展示物も、一階の埴輪、二階の「釈尊絵伝」を中心に大変充実しておりました。

| | コメント (0)

アミタケ(アミッコ)

Dsc00868 2007年4月24日(火) 山武市・蓮沼海浜公園。夏から秋にかけて発生するアミタケがもう出ていました。しかも見たことがないほど大きく、傘の径が7、8㎝もあります。最初は別種のイグチかと思いましたが、独特の匂いと管孔の形、それに色調はどう見てもアミッコ、間違いありません。この冬の異常高温と4月になってからの寒の戻りとでキノコも出る時期を戸惑っている様子、今年は観察頻度を上げた方が良さそうです。アミタケは味噌汁の具にして美味しく戴きました。

| | コメント (0)

アミガサタケ

Dsc008352007年4月23日(月) 柏市・廣池学園。春キノコの定番アミガサタケ、柏市の光が丘出張所に用事があっての帰り道、廣池学園のフェンス際の多段式植え込みの中で見つけました。3、4日に一度は観察している場所で、前回までは影も形もなかったことから、ここ数日の暖かさに誘われて急に出て来たものと思われます。アミガサタケの仲間は生でたべると中毒するので一度茹でこぼしてから料理に使います。7本あるので、シチュー、バター炒め、佃煮といろいろ楽しめそうです。(あらかじめ守衛さんにお断りしてから採取するのが筋とは思いますが、写真のようにフェンスの外側の道路に面した場所なので手続きを省略しました。廣池学園様ありがとうございました)

| | コメント (0)

コゴミの胡麻和え

Dsc008362007年4月23日(月)  家人が着物着付け教室の友人から頂いてきたコゴミ、ご実家が栃木県らしいので栽培品ではなく山採り品かもしれない。そういえばどことなく不揃いな感じが天然品の風格をそこはかとなく感じさせる。早速茹でて胡麻和えを拵えてもらう。コゴミ独特のシャキシャキ感と若干のヌルミがたまらない。歯触り舌触りは最高!、その上に胡麻の香ばしさとコクが加わり風味も最高!、口中も胃の腑もあっという間に春爛漫、幸せが満ちる。

| | コメント (0)

本格焼酎 金印物語“樽”

Dsc008272007年4月23日(月)  福岡県筑後市の西吉田酒造株式会社の本格麦焼酎、金印物語(きんいんものがたり)「樽」。樽貯蔵とラベルに謳っているので蒸留原酒を樫樽で一定期間熟成させたものと想われる。原材料は麦と麦麹のみ、アルコール分は25度、720ミリリットル詰で1,470円也。最近お籠り部屋(3畳の小生専用の書斎を家人や娘はそのように呼ぶ)で寝しなに読書する際に愛飲している。クセがなくまろやかで旨い。

| | コメント (0)

秩父観音巡礼結願

2007年4月21日(土) 昨日(2007年4月20日)最後の3ケ寺を巡り、昨年の10月28日から始めた秩父観音巡礼を無事結願することが出来ました。P1040329計7回に亘る秩父観音霊場34ケ寺を巡る旅は、RVRの走行距離にして1,750㎞に上りました。「ぼけませんように」「 寝込みませんように」「ぽっくり逝けますように」、これらの願い事を観音様に聴いていただけたかどうか・・・、只今現在のところは判りません。とりあえず今日無事に感謝をしながら日課の般若心経を唱えることにいたしましょう。

《摩訶般若波羅蜜多心経》 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色聲香味觸法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明盡 乃至無老死 亦無老死盡 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切 顚倒夢想 究竟涅槃 三世諸佛 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 掲諦掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦 菩提薩婆訶 般若心経   

| | コメント (0)

羊山公園

P1040321 2007年4月20日(金) 秩父観音巡礼を結願し安心したところで、芝櫻で有名な秩父市の羊山公園(ひつじやまこうえん)へ行ってきました。羊山公園の一角、16,000平方メートルの芝桜の丘には、8種類(オーキントンブルー、エメラルドクッション、マックダニエルクッション、多摩の流れ、オータムローズ、スカーレットフレーム、アメージンググレース、リットルドット)の芝櫻が35万株植えられているとのこと、未だ7、8分咲きというところでしたが、秩父の名山武甲山を背景に見事な花の絨毯を広げておりました。なんでも花模様は、秩父夜祭の屋台や笠鉾の囃し手の襦袢模様と躍動感とをデザインしたものとか、一度秩父夜祭も見物したくなりました。 芝桜の丘の入園料は300円(大人)、周辺の駐車場料金は500円と良心的なので、家族でゆっくり一日を楽しめます。平日にもかかわらず本日は18,000人が訪れたとのこと、明日からは土日・祝日の市内交通規制も始まり、GW明けまで一段と賑わうことでしょう。

| | コメント (0)

日沢山水潜寺

2007年4月20日(金) 秩父観音霊場 第34番 日沢山水潜寺(曹洞宗)P1040314_1

御本尊:千手観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3522

巡礼歌:「よろずよの ねがひをここに おさめおく こけのしたより いづるみずかな」

| | コメント (0)

延命山菊水寺

2007年4月20日(金) 秩父観音霊場 第33番 延命山菊水寺(曹洞宗)P1040293

御本尊:聖観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父郡吉田町下吉田1104

ご詠歌:「はるやなつ ふゆもさかりの きくすいじ あきをながめに おくるとしつき」

| | コメント (0)

タチシオデ

Dsc00819_1 2007年4月20日(金) 埼玉県秩父郡小鹿野町。数多い山菜の中でも最優秀品のひとつで野生のアスパラガスと云われています。図鑑には、日本全国の山地の草原や林縁の薮などで見られるユリ科蔓性多年草とありますが、群生しないのでなかなか見つけられません。伸びだして来た若芽の葉腋に付いている花芽を目印にすると良いようです。今回は数年ぶりに出会っただけにとても嬉しく、帰宅後茹でてマヨネーズをつけて頂きました。沢山とれれば、おひたし、あえもの、 汁の実、天ぷらなど何にしても美味しい万能山菜です。

| | コメント (1)

般若山法性寺

P10402822007年4月20日(金) 秩父観音霊場 第32番 般若山法性寺(曹洞宗)

ご本尊:聖観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町般若2661

御詠歌:「ねがはくは はんにやのふねに のりをえて いかなるつみも うかぶとぞきく」

| | コメント (0)

干しゼンマイ作り

Dsc007712007年4月19日(木) 先日筑波山麓で採取してきたゼンマイを干しゼンマイに加工する。ゼンマイは食べるまでの前処理が最も面倒な山菜のひとつ、そのせいか一般の山菜採りの人にはいまいち人気が無いようである。前処理も又楽しいものであるが・・・。     《アク抜き》ゼンマイの綿毛を取り除き、塩と重曹を加えた熱湯で15分間ゆでる。その後冷水にとって一晩さらす。《乾燥》笊などに並べ天日で乾燥する。1日に数回手で揉んで繊維を柔らかくする。晴天なら3日間くらいでヒジキ状に干しあがる。《保存》広口壜や缶、タッパーウエアなどに乾燥剤とともに入れ、冷暗所に保存する。《もどし方》多めの水に半日から一昼夜さらし、調理前にさっと熱湯に通す。

| | コメント (0)

キクラゲ

Dsc00799 2007年4月17日(火) 柏市・手賀の丘公園。2月24日に観察したものと同じ、やはりサカズキキクラゲではなく只のキクラゲのようである。今頃盛んに成長するらしく人間の耳くらいの大きさに育っている。思いがけず大収穫になる。この他、ウスベニイタチタケ、エノキタケ、クロハナビラタケ、スエヒロタケ、ツヤナシマンネンタケ、ベニタケ科ベニタケ属のきのこ2種(カワリハツかも)を発見、特にツヤナシマンネンタケ(写真下)は初めての出合いなので嬉しく、早速「私のキノコ図鑑(Ⅰ)」に登録する。

 

| | コメント (0)

チャアミガサタケ

Dsc00784 2007年4月17日(火) 柏市・手賀の丘公園。2年越しでやっと見つけたアミガサタケ、形状からチャアミガサタケもしくはマルアミガサタケと思われる。ま、どちらにしろ食用菌である。生食すると中毒するらしいので一度ゆでこぼしてから、キクラゲと一緒に佃煮でも作ってみる。本当は洋風煮込みにしたいところであるが、先日のトガリアミガサタケが余り好評でなかっただけに家人には言い出しにくい。今回は男の手料理で我慢。(→18日佃煮にしたところ歯触り、歯ごたえ共に良く美味、評価:☆☆☆)

| | コメント (0)

あけぼの山農業公園(柏市)

P1040247 2007年4月16日(月) 今年も又行ってきました、あけぼの山農業公園。今や柏市だけでなく関東有数のチューリップの名所、一目10万本の花花花を楽しんできました。恒例のチューリップ祭りは昨日、おとといで終り、今日は今にも降り出しそうな空と平日のせいで人出も少なく、ゆっくりじっくり鑑賞できました。チューリップのほかに満開の菜の花と芝桜も楽しめ、これで入園料も駐車場も無料では余りにも申し訳なく、園内の野菜直売店で新鮮なダイコンとカブとネギを求め、ハウス露店で草餅を買ってきました。

| | コメント (0)

筑波山麓山菜採り

Dsc00767 2007年4月14日(土) 毎年恒例、筑波山麓での山菜採りに今年も出かける。今冬は記録的な暖冬だったので例年より1週間ほどタイミングを早めてみる。ゼンマイはやや時期尚早、ワラビは誰かに摘まれた後で期待外れであったが、2時間ほどで何とか一食分位を確保する。この他にキノメ(アケビの新芽)とトリアシショウマも少々採取、タラの芽は見事な空振りに終る。

| | コメント (0)

モネ大回顧展

01_296 2007年4月12日(木) 国立新美術館。3年半ぶりに原宿・六本木地区に足を踏み入れる。2003年の六本木ヒルズに続き、つい最近東京ミッドタウンも開業して、この地区の変貌は著しい。日比谷線六本木駅4a出口から歩くこと5分、黒川紀章氏設計の国立新美術館に着く。付近は角張った高層ビルが建ち並ぶ息苦しい処、その中でガウディ建築を思わせる曲面低層の美術館は異彩を放つ。グリーンを基調にした色使いも良く、都心のオアシス、癒しの空間と言える。その新美術館の杮落としに選ばれた企画が「モネ大回顧展」、モネ独特の点描風タッチと柔らかい色使いの絵画も癒し調、日本人好みで無難な選択である。オルセー美術館はじめ国内外から集められた97点もの作品が展示されている。やはりモネは水辺の風景を描いた作品が秀逸、水面のミラー効果を十二分に意識し、実像と虚像、光と影を巧に扱う技は他の追随を許さない。日本の春の里山を、芽吹き時の「山笑う」を、あのタッチで描かせたらさぞかし・・・などと仕方も無いことを考える。モネ鑑賞だけで疲れてしまったので、東京ミッドタウンの見学はパス、乃木坂駅から千代田線に乗って帰る。

| | コメント (0)

鷲窟山観音院

2007年4月10日(火) 秩父観音霊場 第31番 鷲窟山観音院(曹洞宗)Dsc00708

ご本尊:聖観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町飯田観音山2211

御詠歌:「みやまじを かきわけたづね ゆきみれば わしのいはやに ひびくたきつせ」

| | コメント (0)

笹戸山長泉院(石札堂)

2007年4月10日(火) 秩父観音霊場 第29番 笹戸山長泉院(曹洞宗)Dsc00693

ご本尊:聖観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父郡荒川村上田野557

御詠歌:「わけのぼり むすぶささのと おしひらき ほとけをおがむ みこそたのもし」 

| | コメント (0)

石竜山橋立寺

2007年4月10日(火) 秩父観音霊場 第28番 石竜山橋立寺(曹洞宗)Dsc00683

ご本尊:馬頭観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父市上影森675

御詠歌:「きりのうみ たちかさなるは くものなみ たぐいあらじと わたるはしだて」

| | コメント (0)

竜河山大淵寺(月影堂)

2007年4月10日(火) 秩父観音霊場 第27番 竜河山大淵寺(曹洞宗)Dsc00672

ご本尊:聖観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父市上影森411

御詠歌:「なつやまや しげきがもとの つゆまでも こころへだてぬ つきのかげもり」

| | コメント (0)

万松山円融寺(岩井堂)

2007年4月10日(火) 秩父観音霊場 第26番 万松山円融寺(臨済宗建長寺派)Dsc00654

ご本尊:聖観世音菩薩

所在地:埼玉県秩父市下影森348

御詠歌:「たずねいり むすぶしみずの いわいどう こころのあかを すすがぬはなし」

| | コメント (0)

ハリギリ(オニダラ)

01_2952007年4月6日(金) 柏市手賀の丘公園。タラノキ、コシアブラ、ウド等と同じウコギ科の落葉高木、葉が開く前の新芽か光沢のある若葉を採取し、天ぷら等にして賞味する。写真の若葉はやや展開し過ぎ、こうなるとアクや苦味が強くなる。幹や枝にはタラノキより鋭く長い棘がびっしり生えており、カエデのような掌状葉なので直ぐ分る。タラの芽は全部折り取られていても、ハリギリの新芽はそっくり残っていることが多い。旨さはハリギリの方が上回る(個人的見解)、一度是非お試しあれ。

| | コメント (0)

トガリアミガサタケ

01_294 2007年4月1日(日) 柏市・廣池学園。アミガサタケ科アミガサタケ属のキノコ。見た目は不気味だがれっきとした食用菌、ヨーロッパでは非常に人気があり、特にフランス人が好むという。フランス料理でモリーユ(Morille)というのはアミガサタケのことである。今回は野菜(もやし、ピーマン、にんじん)と牛肉と一緒に炒めて食べたてみたが、フランス人が大騒ぎするほど美味とは思えない。評価はまずまずの☆☆★といったところ。

| | コメント (0)

廣池学園

Dsc00580 2007年4月1日(日) 自宅から歩いて5分の廣池学園(麗澤大学、高校、中学校、幼稚園を運営、モラロジー教育が有名)、柏市有数のサクラの名所である。最近は警備が厳しくなかなか構内に入れてもらえないがこの時期ばかりは別、門戸が開放され遠方から車で訪れる市民も多い。学園内なので酒類の持ち込みや鳴り物は当然禁止、お陰で上品にお花見を楽しめる。ソメイヨシノの古木が立ち並ぶ中央通路はサクラのトンネルが一際見事、皆頭上の花を愛でながら写真撮影に余念が無い。 そんな中で植え込みの陰や草むらに目を配るのは自分ひとり、言わずもがなのキノコ観察である。努力の甲斐あって漸くトガリアミガサタケを発見、まさに花より団子とはこの事である。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »