« キクラゲ | トップページ | 般若山法性寺 »

干しゼンマイ作り

Dsc007712007年4月19日(木) 先日筑波山麓で採取してきたゼンマイを干しゼンマイに加工する。ゼンマイは食べるまでの前処理が最も面倒な山菜のひとつ、そのせいか一般の山菜採りの人にはいまいち人気が無いようである。前処理も又楽しいものであるが・・・。     《アク抜き》ゼンマイの綿毛を取り除き、塩と重曹を加えた熱湯で15分間ゆでる。その後冷水にとって一晩さらす。《乾燥》笊などに並べ天日で乾燥する。1日に数回手で揉んで繊維を柔らかくする。晴天なら3日間くらいでヒジキ状に干しあがる。《保存》広口壜や缶、タッパーウエアなどに乾燥剤とともに入れ、冷暗所に保存する。《もどし方》多めの水に半日から一昼夜さらし、調理前にさっと熱湯に通す。

|

« キクラゲ | トップページ | 般若山法性寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キクラゲ | トップページ | 般若山法性寺 »