« 六代目の自家用車 | トップページ | 水かれい(むしがれい) »

マツオウジ(幼菌)

101_52007年5月19日(土) 仙台市南蒲生。 仙台の定点観察地にしている南蒲生の砂防林&防潮林の中を歩き回ること2時間、漸く見つけました。ヒラタケ科マツオウジ属の食用菌、マツオウジ(松旺子)です。腐朽が進んだクロマツの切り株に傘を並べておりました。まだ幼菌ですが試食のために採取し、仙台から柏に持ち帰りました。本日(21日)の夕食時、スライスしたものを天ぷらにして食べましたが、ちょうどエリンギのような歯ごたえがあり、なかなかいけると思いました。幼菌のせいか図鑑で云われるような苦味や松脂臭はありません。人によっては胃腸系の中毒を起こすことがある要注意菌ですが、食後2時間を経過した現時点で体調に異常が現れないので多分大丈夫でしょう。

|

« 六代目の自家用車 | トップページ | 水かれい(むしがれい) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六代目の自家用車 | トップページ | 水かれい(むしがれい) »