« タイのビール | トップページ | 布袋さま »

タイの野生きのこ

Cimg6292タイの5月は雨季の始まり、キノコの観察には最高の季節かと思い、どんな珍しいキノコに出合えるかと期待に胸ふくらませて渡タイしましたが、意外や意外、行く先々で倒木、切り株、芝生、草地、林の中 を観光そっちのけで一所懸命に探しましたものの、見つかったのは僅かに次の7種類のみ、時期尚早なのか、場所が悪いのか、それとももともと菌相が貧弱なのか、或いは探し方が下手くそだったせいか、とにかく見事に期待外れに終わりました。そういえば滞在中の6日間、食事にもキノコの姿は影も形もなく、タイの人は余り食べないのかCimg6300_1もしれません。もっとも食料品市場を覗いた訳ではないので、あくまでも推察の域を出ませんが・・・。①ヒトヨタケ科ヒトヨタケ属?、②タコウキン科シュタケ属?、③タコウキン科 シハイタケ属?(以上の3種はチェンマイ県のメー・サー・エレファント・トレーニングキャンプにて発見)、④キクラゲ科キクラゲ属アラゲキクラゲ、⑤ キシメジ科、ヤコウタケ(夜光茸)の仲間?、ヤシの木に生えている(以上2種はチェンマイ県のオーキッド・ファームにて発見)、 ⑥ ハラタケ科シロカラカサタケ属?(チェンマイからスコータイへ向う途中で休憩したGSの芝生にて発見)、⑦フウセンタケ科チャツムタケ属ミドリスギタケ?(スコータイ市ワット・シー・チャム寺院境内) 。日本でも見かけるようなキノコばかりでした。(写真は⑤⑥⑦)

|

« タイのビール | トップページ | 布袋さま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイのビール | トップページ | 布袋さま »