« 月の神 | トップページ | アンズタケ »

カンゾウタケのステーキ

Dsc01314_22007年6月2日(土) 先月の27日に根木内城址公園で採取した肝臓茸を今日ステーキにしました。フライパンに油を敷き、厚切りにしたカンゾウタケに塩・胡椒を振りかけ焼き上げました。まるで血の滴る新鮮なレバーかビフテキを調理している気分、とてもこれがキノコとは思えません。 食べてみるとキノコらしからぬ酸味がありますが、他には風味にこれといった癖はなく、食感も歯切れも良好です。特別美味しいキノコという訳ではありませんが今が旬の珍味、皆さんもご近所の氏神様のスダジイの根元を探してみてください。

|

« 月の神 | トップページ | アンズタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月の神 | トップページ | アンズタケ »