« 映画「22才の別れ」 | トップページ | 自家製ブルーベリージャム »

映画「長江哀歌」

Photo 2007年8月28日(火) 暇なので再び家人と映画鑑賞へ。有楽町駅で下りてシャンテ・シネに着いたのは上映開始ぎりぎりの11:40、既に満席で次の14:25の指定席券を購入しました。平日なのに満席とは・・・、2006年ベネチア国際映画祭金獅子賞グランプリを射止めた作品の人気は絶大です。時間が有り余るので先ず日比谷シャンテB2Fのレストラン街へ行きパスタの店“壁の穴”でランチ、ちょうど昼時で長い行列に並びました。その後日比谷公園を散策しましたが蒸し暑いので早々に退散、帝国ホテルに入って涼みながらショッピングモール探訪などをしました。14:25からようやく「長江哀歌」(ジャ・ジャンクー監督)を鑑賞、三峡ダム建設という国家巨大プロジェクトにまつわる影の部分を描いた作品の感想は「・・・」、最初から最後まで寝ている人もいました。極端な格差社会に生きる中国の下層階級の人々の、どうあがいても浮かび上がれない非情な現実を描いた、暗く・けだるく・息苦しく・やりきれない内容でした。中国には何度か行って底辺の人々の暮らしも見ているので自分はそれほど新鮮味も驚きも感じませんでしたが、この映画で初めてそれを観る人はカルチャーショックを受けるかもしれません。当局の検閲や発禁を受けることなくよくも世界に開示されたものだと、その点だけに感心して映画館を後にしました。

|

« 映画「22才の別れ」 | トップページ | 自家製ブルーベリージャム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「22才の別れ」 | トップページ | 自家製ブルーベリージャム »