« アカモノ(イワハゼ) | トップページ | 平ケ岳で出逢ったキノコ »

コバノクロマメノキ?

01 2007年8月13日(月) 安達太良山。山頂から峰の辻へ下る途中の沢の渡渉点付近に群生していました。青紫色で白く粉をふいた実はツツジ科の落葉小低木クロマメノキ(アサマブドウ)に似ていますが、液果が大きいのでコバノクロマメノキかもしれません。甘酸っぱいので口に含めばリフレッシュに最適、暑い盛りの山登りで出合うと秘密的女性?との逢瀬以上の嬉しさです。果実酒用に少し頂戴したいところですが安達太良山も磐梯朝日国立公園地域、植物採取は一切厳禁なので潔く諦めました。

|

« アカモノ(イワハゼ) | トップページ | 平ケ岳で出逢ったキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカモノ(イワハゼ) | トップページ | 平ケ岳で出逢ったキノコ »