« ベニバナイチゴ | トップページ | セッパのツミレ汁 »

エビヅル醗酵ジュース

Dsc03842 2007年9月17日(月) 廣池学園。カラスウリを採りにいったら想定外のエビヅルの実が沢山採れました。カラスウリは不作でしたが、エビヅルやノブドウなどブドウ科の実は大豊作、今夏の猛暑がこれらの植物には幸いしたようです。8月に早熟の実でエビヅル酒(ホワイトリカーに漬けたもの)を作りましたので、今回はジュースにしました。但し単なるジュースではなく、醗酵ジュースを 作ってみました。果軸から外した実だけを瓶に入れ、擂粉木でよく潰してから水と砂糖を適当に加えました。後は果実に附着している野生酵母の働きで醗酵するのを待つだけです。醗酵ガスの発生が認められたら直ちに上澄み液を飲用に供さなければなりません。そのまま醗酵を続けるとアルコール分が1%を越えてしまいワインの密造(酒税法違反)になってしまいます。ハイリスクの割りにローリターン(美味しくない)かも・・・、果汁を搾りゼリーでも作った方が無難だったかもしれません。

|

« ベニバナイチゴ | トップページ | セッパのツミレ汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベニバナイチゴ | トップページ | セッパのツミレ汁 »