« ムラサキヤマドリタケの中華風スープ | トップページ | どこでもキノコ »

イシモチの塩焼き

Dsc039972007年9月23日(日)  先日(20日)波崎漁港で釣ってきたイシモチの腸を抜いて冷凍庫に保存していましたが、今日の夕食のおかずに塩焼きにしてもらいました。白身でさっぱりした味ですが身が軟らかく水っぽい感じ、セイゴ(スズキの幼魚)の塩焼きよりは幾分味が落ちるようです。食べ終えた後の頭や骨などは庭木の貴重な肥料、今回はウメの根本に埋めました。モグラやミミズも喜んでいるかもしれません。

「石首魚舟に港たちまちうもれけり」(葉舟)

|

« ムラサキヤマドリタケの中華風スープ | トップページ | どこでもキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムラサキヤマドリタケの中華風スープ | トップページ | どこでもキノコ »