« 塩屋崎灯台 | トップページ | マコガレイの煮付け »

道端の優秀食菌、キサケツバタケ

20071010 2007年10月10日(水) 廣池学園第2グラウンドフェンス際。今年もまた出てきました。去年の秋も10月8日に採取した記録があるので殆ど同じタイミングです。今年の他のキノコの発生は例年に比べ2週間位遅れているようですが、猛暑や残暑に余り影響を受けないタイプと見え、律儀に顔を出してくれました。自宅から徒歩5分の道端に沢山出ていますが誰も採りません。ひだが淡紫褐色で薄気味悪いし、傘も淡黄色でぱっとしないせいかもしれません。今回は 幼菌を主体に9本持ち帰り、ピーマンと一緒に炒めました。風味に全く癖が無く、軟らかい口当たりと適度な歯切れでとても美味しく戴きました。

|

« 塩屋崎灯台 | トップページ | マコガレイの煮付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩屋崎灯台 | トップページ | マコガレイの煮付け »