« 喜三郎の酒 | トップページ | 金柑(キンカン) »

豆餅・胡麻餅

Dsc06062 2008年2月14日(木) 所得税の確定申告書の作成が昨日漸く終わる。税金が戻ってくる訳でもないのに、どうしてこんなに毎年苦労しなければならないのだろう。それはともかく今日は餅切りのアルバイト、一昨日搗いた豆もちと胡麻もちが、ほどよい硬さになっている。俎板と包丁を準備し、厚さ約5㎝の伸し餅を6、7㎝幅のブロックに裁断する。各ブロックをできるだけ薄く切り分け(厚さ2ミリ前後)、床に敷いた紙の上に広げて陰干しする。今の時期は湿度が低いので一週間も経たないうちに干しあがる。今回使用したもち米は4キログラム、餅を搗く工程で重曹とすりおろしたヤマノイモをばっちり加えてあるので去年のような抜かりはない。大豆入りも胡麻入りも乾し餅は、揚げて美味しく焼いて香ばしい優れもの、乾燥剤と一緒に空き缶に入れておけば、常温で1年間位は軽く持つ。

|

« 喜三郎の酒 | トップページ | 金柑(キンカン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喜三郎の酒 | トップページ | 金柑(キンカン) »