« アケビの若芽 | トップページ | アミガサタケ »

ハマエンドウ

003 2008年4月22日(火)、蓮沼海浜公園。マメ科レリンソウ属の植物、海岸の砂地や草地に生える多年草で日本全土に分布する。普通は花が開く前の若芽を摘むが、開花後も柔らかな芽先を利用できる。そのまま天麩羅や素揚げにしてもよいし、塩ひとつまみ加えた熱湯で2、3分茹でてから、15分ほど冷水にさらし、おひたし、和え物、汁の実、炒め物などにする。花はサラダや酢の物に合う。今回は薄く衣をつけて素揚げ風天麩羅にして食べたが、マメ科特有のコクと旨味があって美味しい。

|

« アケビの若芽 | トップページ | アミガサタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アケビの若芽 | トップページ | アミガサタケ »