« 定点観察・蓮沼海浜公園(山武市) | トップページ | ハマエンドウ »

アケビの若芽

Dsc067642008年4月22日(火)、蓮沼海浜公園。海岸のクロマツ林の入口に大きなアケビの木があり、盛んに蔓状の若芽を伸ばしている。アケビの若芽はキノメやコノメとも呼ばれ、山菜の中でも美味な部類に入る。摘んできた若芽を強めの塩でゆで、鰹節をかけたおひたしとマヨネーズ和えの2品を作る。ビールとの相性は抜群であり、ホップのほろ苦さとアケビのほろ苦さがハーモニーを奏でるよう、鮮やかな緑色としゃきしゃきした歯ざわりもたまらない。因みに、5葉のアケビ、3葉のミツバアケビ、常緑樹のムベ(トキワアケビ)の若芽は全て同じように利用できる。(今日のビールはフランスのクローネンブルグ・ホワイトです)

|

« 定点観察・蓮沼海浜公園(山武市) | トップページ | ハマエンドウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・蓮沼海浜公園(山武市) | トップページ | ハマエンドウ »