« 西国一番札所 那智山青岸渡寺 | トップページ | 矢平山で出逢ったキノコ »

ヤブガラシのマヨネーズ和え

Dsc065592008年4月11日(金) 先日ノビルを採ったふるさとの森の台地へ今度はブドウ科の山菜、ヤブガラシの若芽を採りに行きました。結果は時期尚早で全く見当たりません。それではと、これも近所の富士浅間神社へ移動し、日当たりの良いフェンス際を覗いて見ました。案の定、臙脂色をした独特の姿の若芽がたくさん伸びています。30本ほど持ち帰り、巻きひげと葉をむしりとり、ひとつまみの塩を加えた熱湯で茎だけを茹でます。その後、冷水にとって1日さらしアクを抜きました。和え物、煮物、酢の物、煮浸し、天麩羅、炒め物などに利用できますが、今回はマヨネーズ和えで戴きました。しゃきしゃき感と若干のヌメリ、それと僅かなエグミがあります。一年に一度だけ食べる春の味です。

|

« 西国一番札所 那智山青岸渡寺 | トップページ | 矢平山で出逢ったキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西国一番札所 那智山青岸渡寺 | トップページ | 矢平山で出逢ったキノコ »