« オランウータン保護島経由キャメロン・ハイランド | トップページ | マラッカ市内観光/帰国 »

熱帯のクリスマスツリー、クアラ・スランゴルのホタル鑑賞

2008年5月26日(月) 6:00起床、外はまだ真っ暗。6:30朝食、ココナツ風味の蒸しパンとマンゴージュースが美味、極細焼きそばも食べる。P1070841 外へ出て腹ごなしの散策、さすがに高原の朝は涼しい。タイやインドネシアからやって来る避暑客も多いらしい。8:00クアラルンプールへ向け出発、いろは坂のような曲坂を蜿蜒下る。大きな若芽を伸ばしている木性シダが目立つ。道端にマレー人参(トンカーリ)などの山の幸を売る原住民の露店が並ぶ。1時間も下るとようやく傾斜も緩み、まっとうな民家やゴルフ場が現れる。9:45ドライブインでトイレ休憩、果物屋が軒を並べ、ガイドのウイリー氏が各種珍果を試食させてくれる。ワックスアップル、マンゴー、グァバ、 青リンゴ?、赤リンゴ?など。後の2種は日本のリンゴなどよりP1070844 ずっと歯ごたえがあり、酸味はないが糖度が高い。ジャンボ・アップルと言っていたが本当にりんごかどうか判らない(後日ネットで調べると、グアバのシロップ漬けと判明!)。高速道路の両側には果てしもなくパームヤシの林が続く。今はパーム油の価格も高騰しており、マレーシアが外貨を稼げる最大の商品作物なのであろう。11:45クアラルンプール市内に入る。高層ビルが林立する人口270万人の大都会であるが結構緑が多い。ガーデンシティと呼ばれるとの説明に納得する。12:00街中のMIDAH HOTELで昼食をとる。ウイリー氏の住むマンションはホテルの隣にあり、築30年3LDKの家賃は月800RM(26,000円)とのこと、東京の5分の1から10分の1位であろうか。昼食はマレー料理、ラム肉煮込み、P1070857 魚フライ、エビの唐揚げ、イかとタマネギの煮込み、チマキ2種が出てアイスクリームも付く。これまでで一番豪華?、香辛料もカレー粉主体で穏やかである。 13:00クアラルンプール市内観光に出発、バスに乗り、「王宮」、「独立記念碑」、「国立モスク」、「旧連邦政府庁舎」などを駆け足で回る。すべて外から眺めて写真を撮るだけなので中味が薄い。半日フリータイムにしてもらえば、「国立博物館」でもゆっくり見学したいところであるが・・。マレーシアでは何と国王は5年任期の持ち回りとか、西マレーシア11州のうちマラッカとペナンを除く9州(かっての9土候国)のスルタンの互選によって選ばれる。 P1070874 日本の天皇陛下と同じく国家の象徴であるが、国民の殆どが現国王の名前を知らないと云う。国家運営の実権は首相が握っており、5年前まで22年間在任し、強力なリーダーシップで国力増強に寄与したマハティール前首相は、ルックイースト政策の個人的実践か、今や日本風の美味しいパン屋を2店舗経営しているとか。市内観光の後はお決まりの土産物店巡り、貴金属店(KEDAI EMAS KELVIN GEMS)、民芸品店(JADI BATIC CENTER)、チョコレート店(BERYLS CHOCOLATE KINGDOM)の3軒を回る。この時間がまことに勿体無い。チョコレート店の前の露天商から完熟マンゴシチン16個を10RM(330円)で購入する。極めてお買い得、非常に安い。本日最後の出し物はクアラ・スランゴルへ行ってのホタル鑑賞、“熱帯のクリスマスツリー”とも呼ばれるほど見事な煌めきらしい。クアラルンプールから70㎞の道程、P1070888 高速道を走るうちスコールが来て、やがてそれも上がる。17:45川畔の海鮮料理レストラン、港景海鮮酒楼に到着、日が暮れるのを待つ間に夕食を取る。もっとも僅かに3皿しか料理が出なくては時間潰しもままならない。19:30暗くなってきたのでボート乗り場に並ぶ。蚊に刺されるとマラリアやデング熱に罹ると脅かされているので、皆長袖シャツに長ズボンのいでたち、露出部分の顔や手には虫除けスプレーやクリームを念入りに塗る。その上ライフジャケットを着用せねばならないので蒸し暑いことこの上ない。人気の観光スポットとみえ地元の人も続々、長蛇の列ができる。ボートは15人乗り、灯火を落とし真っ暗闇の川へ手漕ぎでそろそろと出る。川岸の樹木に無数のホタルが集まり、さながら電飾のようにピカピカ、チカチカ光る。日本のホタルより小さいのか明滅する光は弱々しい。確かに熱帯のクリスマスツリーと呼ぶことに異論はないが、あまり感激や感動を伴わない。以前ニュージーランドのワイトモ洞窟で神秘的且つ幻想的なツチボタルの明滅を観てしまったせいでもあろう。30分ほどで汗だくの見物を終える。幸い蚊には刺されず一安心、20:30バスはクアラルンプールへ引き返す。22:00今宵の宿、パール・インターナショナルホテルに到着、1909号室に入る。窓からライトアップされたツインタワーとKLタワーとが見える。今回一番のデラックスルームでアメニティは何でも揃っているのが嬉しい。マンゴスチンとビールを冷蔵庫に入れ、早速風呂に入る。(続く)

|

« オランウータン保護島経由キャメロン・ハイランド | トップページ | マラッカ市内観光/帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オランウータン保護島経由キャメロン・ハイランド | トップページ | マラッカ市内観光/帰国 »