« 山蕗の煮物 | トップページ | 青梅シロップ »

ウルイのおひたし

Dsc07635 2008年6月10日(火) 一昨昨日山梨県の杓子山の登山道で採取してきたギボウシの若芽(葉)を、昨日茹でて一晩水にさらしておき、今日おひたしにしました。ギボウシ類は種類が多いので採取してきたものがどれか分りませんが、オオバギボウシ、コバギボウシ、スジギボウシ、トウギボウシ、オモトギボウシなどどれも食べられます。仙台(東北地方)ではウルイの名で親しまれ、アイコ(ミヤマイラクサ)、シドケ(モミジガサ)、 ジダケ(ネマガリタケ)と並ぶ山菜四天王のひとつです。若芽・若葉だけでなく、展開した葉の葉柄部分や花も食べられ、利用価値の高い山菜です。和え物、天麩羅、煮物にしても美味ですが、なんと言ってもおひたしが一番、しゃりしゃりした歯切れとぬめりのある食感は天下一品です。

|

« 山蕗の煮物 | トップページ | 青梅シロップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山蕗の煮物 | トップページ | 青梅シロップ »