« あぢさい寺・長谷山本土寺 | トップページ | マダケの竹の子 »

庭のシソ大豊作

Dsc08090 2008年6月28日(土) 梅雨入りし庭の草が一斉に伸び始める。アレチノギク、オオバコ、シダ類、スベリヒユ、タンポポ、ドクダミ、ハコベ、ハハコグサ、ヒメジョオンなど、抜いても抜いても限が無い。ただしシソだけは大事に残しておくので、やがて庭は一面シソに覆われる。シソの葉は用途が多彩であり、今の時期ならソーメンの薬味として最も活躍する。その他に我が家では天麩羅、スパゲッティ、刺身のつま、漬物などにも利用する。最近の諸物価高騰の折、家計の援軍となっているらしく、今日も大蔵卿の局から指令が出て、悲しきかな二等兵、やぶ蚊に刺されながら30枚ほど採取する。

|

« あぢさい寺・長谷山本土寺 | トップページ | マダケの竹の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あぢさい寺・長谷山本土寺 | トップページ | マダケの竹の子 »