« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

湯西川温泉

2008年7月27日(日) 5:30起床、曇天。朝食を済ませてから7:26のバスで北小金駅に出る。8:15上野駅着、早過ぎるので周辺を一回りする。国立西洋美術館では「コロー展」をやっている。寛永寺輪王殿の前を通り集合場所の上野公園駐車場に行くと、クラブツーリズムの各方面行きバスがずらりと並んでいる。受付を済ませ、湯西川温泉行きの観光バスに乗り込む。同行のメンバーは42名で大型バスはほぼ満席、最近の燃油サーチャージやガソリンの高騰により一般市民の旅は安近短が主流、温泉一泊バスツアーにシフトしているようである。バスが動Dsc09087き出すと直ぐに缶ビール(のどごし生)を飲み始める御仁もおり、皆旅慣れている。扇大橋入口から首都高に入り東北道を走る。10:00佐野SAで休憩、道路公団が民営化されてからSAの雰囲気がぐっと良くなる。館内は仲見世風に改装されておりこれなら買い物が楽しい。 10:40日光宇都宮道路に入る。このところ寝苦しい夜が続いたせいか、バスの心地好い振動に眠くなる。11:30龍王峡市営駐車場着、50分のフリータイムになる。殆どの人は滝見茶屋へ予約のお昼を食べに行ったが、せっかくの機会なので「全国観光地百選・渓谷の部第5位」の龍王峡を見物することに決める。これまで何度も会津西街道を車で通ったが、龍王峡を見物するのは今回が始めて、遊歩道入口にモニュメントと矢島市郎の句碑(「旅の字は風に吹かるる姿なり」)が建っている。矢島市郎(俳号は矢島三嵩史) は日光国立公園のレンジャー第一号であり、日光博物館館長を務め、 山仲間から「日光の山の神様」と慕われた人である。Dsc09094そういえば日光太郎山の旧ハガタテコースの入口に建つ句碑(「白樺は月が夜来て晒すらし」)も氏の作である。虹見滝の観瀑台に降りると五龍王神社が建つ。ご神体は高さ30㎝にも満たない竜王神(弁天様)らしく、もともとは高原山山麓の弁天沼畔に祀られていたもの、幾多の変遷あって当地に遷座し、川治温泉の守護神として崇敬されている。ご神像の台座には文政八(1825)年、宇都宮明神前の仏師、高田運秀・喜代助親子の合作銘が入っているとのこと、比較的新しいものである。残念ながら扉が固く閉まっていてご神体は拝めない。竜王峡の名称もこの神社に由来するとのこと、滝の名も元は「夜鷹遊ばせの滝」であったものを、上品な「虹見の滝」に改名したらしい。水しぶきがあがり涼しい。虹見橋の上から竜王峡の上下を眺めて引き返す。水量こそ少ないがさすがに見事な渓谷美、川治温泉までの3時間コースを紅葉の時期にでも歩いてみたいものである。 12:20再びバスに乗り出発、川治温泉から先は湯西川ダムの取り付け道路工事が盛んに行われている。五十里ダムがあり、その上流に川治ダムがあるのに、更に上流に湯西川ダムを建設すると云う。本当に日本は土建国家でDsc09205ある。13:00今宵の宿伴久ホテル到着、レセプションには㈱観光経済新聞社主催の人気温泉ホテル250選に選ばれたことを示す5つ星ホテルの認定証が燦然と光っている。平家直孫二十五代当主が経営する宿である。湯西川平家は平忠房に連なる血筋らしく、「伴」という苗字も「平の人」を意味する「伻」の文字を「伴」へと変化させたものである。部屋には15:00まで入れないので、ホテルの送迎バスで「平家の里」を見学に行く。平家の里は昭和60年完成の所謂テーマパークの一種で、築300年の古民家を数棟移築保存している。 古民家は、平家落人集落の風俗習慣を伝える民俗資料館(調度営みどころ)、平清盛、敦盛像や武具、甲冑を陳列する展示館(床しどころ)、伝統芸能や民話伝承に活用される郷土文化伝習館(種々伝えどころ)、食堂(餉の館)、生産物直売所(よろず贖どころ)に分かれる。バブル全盛期にオープンした施設の例にもれず、客足が遠のいた今は維持管理が大変そうである。民芸館に並べられた民具も、釜、鉄鍋、蒸籠、お櫃、分Dsc09204銅秤、臼、杵、金具付き和ダンスなどで、ついこの間まで仙台の実家に存在したものばかり、湯西川平家集落に特有のものともいえず珍しさを感じない。 下関赤間神宮から分祀したと云う敷地最奥の赤間神社にお参りしてから、郷土文化伝習館で平家物語琵琶演奏を聴く。平家物語の一節を薩摩琵琶で弾き語りするのは平桜子こと桜井亜木子さん、平家の姫君が源平の昔からタイムスリップして来たかと見紛うばかりのたおやかな美人である。湯西川温泉の標高は750m、例年なら夏の最高気温も25度止まりの山峡であるが、今年は異常らしく結構蒸し暑い。15:00迎えのバスでホテルに戻る。ちょうど大雨が降り始める。545号室は10畳の和室、緑濃い湯西川渓谷を眼下に望める。夕食まで何もやることがないので温泉へ入りに行く。大浴場は総檜造り、ヒノキの香りが床しく漂う。泉質はアルカリ性単純泉、pH9.5、無色澄明で少しぬるぬるする。18:00から平家落人亭3号館で囲炉裏会席の夕食をとる。Dsc09206 室内には沢山の囲炉裏がきってあり、岩魚とトウモロコシを焼く炭火の熱が暑い。その上、お膳の上にもしゃぶしゃぶとすき焼き用のコンロが燃え、室内はまるで釜茹でか蒸し風呂のような有様、お気に入りの浴衣でおめかししてきた女人達は汗で化粧が崩れ、皆本物の平家落武者のような顔になる。献立は食前酒の山桃酒に始まり、前菜がわらびからし漬とフロマージュと合鴨ロースト、お造りが鹿肉たたき、焼物は岩魚串ととうもろこし串、温物は伴久木ノ子すきやき、口代りは平家湯葉しゃぶ胡麻ダレ、蒸物は豆乳蒸し・よもぎあんと八汐鱒アルミ蒸し、凌ぎは山菜そば、鍋物は伴久落人鍋、御飯は竹の子ごはん、香ノ物は三色盛、水菓子はサクランボとグレープフルーツ、こう書いてくると豪勢な山の珍味揃いのようであるが、普段から山菜や野生きのこを食べているせいか余り新鮮味を感じない。これは一種不幸なことであろう。雨も小降りになったので酔い覚ましに温泉街で行われる「竹の宵祭り」に出かける。山から冷気が下りてきて、さすがに夜は涼しい。ロウソクを灯す竹筒照明が雨で使えないため、幻想的雰囲気は味わえないものの、本家伴久萬久旅館若女将の着付け舞などを鑑賞する。ホテルに戻り露天風呂に行くともう誰もいない。湯西川の瀬音を聞きながら湯に浸かり命の洗濯、今日無事に感謝する。

| | コメント (0)

山桑酒その後

Dsc09058 2008年7月23日(水) 浸漬から一ヶ月が経過したのでコーヒーペーパーでろ過しました。深みのある赤紫色の美しいリキュールができ上がりました。ヤマグワジュースと同じく、とろんとした柔らかい味で、パンチはありませんが結構いけます。果実酒としては中の上くらいの感じ、再び作るかといわれると微妙です。

| | コメント (0)

イチジク入りボンボン

Dsc090742008年7月22日(火) 本日スペイン旅行から帰国した娘のお土産品。乾燥イチジクとブランデーをチョコレートでくるんだボンボンが9個入りで10ユーロ、トレドで購入したとのこと。トレドを代表するお菓子でお土産の定番といえば、老舗サント・トメのマサパンかと思っていたが、ほかにも色々あるらしい。大きいので食べ応えがあり美味しい。何より珍しいし、スペイン土産の好適品と云える。

| | コメント (0)

ミョウガの初摘み

Dsc090762008年7月22日(火) 今年も花ミョウガ(花穂)の出る季節が巡ってきました。昨年の初摘みは7月21日、ほぼ毎年同時期に北側の塀際に発生します。しかしながら今年のミョウガは空梅雨で土壌水分が不足しているせいか、例年のものと比べとても小粒です。 走りの高知産は非常に高いので、ソウメンの薬味はこれまでネギとシソだけでしたが、今日からミョウガも加わりやっと脇役が固まりました。

| | コメント (0)

船橋県民の森で出逢ったキノコ

Dsc09053 2008年7月21日(月)13:30~14:30 偶には違う所でキノコ観察をと、午後から船橋県民の森へ出かけてみる。自宅から20㎞のドライブ、割合近い。農用林として使用されていた森を整備したもので広さは16ヘクタール、スギ、ヒノキの植樹林にコナラなどの広葉樹が混じる。うっそうとしており、今日では貴重な都会のオアシスである。雨が降っていないので林内は乾燥しており、きのこの種類は少ない。イタチタケ、オオホウライタケ、クリイロイグチ、コテングタケモドキ、 テングタケダマシ、ドクツルタケ、ヒメアワタケ、それに淡黄白色のテングタケ科不明種(写真:コトヒラシロテングタケ?)の8種類を見つけただけに終わる。ちょうどヤマユリが花盛り、特有の香気が林内広く漂う。

| | コメント (0)

ムラサキヤマドリタケ入り雑煮

Dsc09027 2008年7月20日(日) 本日の夕飯のメニューは雑煮です。真夏の夜の雑煮など暑苦しくてぞっとしませんが、小宅では季節に関係なく、冷蔵庫整理デーと称してよく登場します。具材は、お正月の残りのサトウの切り餅、冷蔵庫にある残り野菜何でも、賞味期限ぎりぎり(と家人は言うが実際は切れてるかも)の宮崎産(と大蔵卿の局はおっしゃるがブラジル産?)鶏肉など、かなり省コストを意図したラインナップです。このところの食料品の価格高騰で年金暮らしの家計が圧迫されつつあるのは理解できますが、毎日の献立の内容が食材価格の上昇以上に急落している感じもします。まあ、作ってもらえるだけでも幸せと思い直し、とっておきのムラサキヤマドリタケを加えると、野趣豊かなお雑煮が出来上がりました。

| | コメント (0)

丸山・高見石・白駒池で出逢ったキノコ

Dsc089622008年7月17日(木) 北八ツの麦草峠を起点に、丸山、高見石、白駒池を巡る4時間半の山歩きをしてきました。標高が2,100m~2,300mと高いのと、林相がシラビソ、トウヒなどの針葉樹主体のために、キノコの種類も量も少なく、僅かにキシメジ科クヌギタケ属と思われる小型菌2、3種を見つけただけに終わりました。

| | コメント (0)

千葉公園のオオガハス

Dsc08923 2008年7月16日(水) 午後、千葉市中央区にある千葉公園に、家人と一緒にオオガハスの見物に行く。自宅から35㎞しかないが、国道16号線は相変わらずの混雑で1時間半ほどかかる。スポーツ施設利用者駐車場に車を置かせてもらい、体育館とプールの間を通って蓮池へ降りる。千葉駅から徒歩10分の好立地ながら、16ヘクタールもの広大な面積を持つ大公園は、緑濃く、ユリノキやクスノキなどの大樹も多い。蓮池はそれほど広くはないが、二千年ハスとも呼ばれる古代ハスが池を埋め尽くし可憐に咲き誇る。 例年より開花が遅れたらしいが、今Dsc08918がちょうど見頃である。天に向って競うように伸びるピンク色の大輪の花は高貴にして清楚、さながら貴婦人のようである。管理人さんの話では、午前中の方が花の色艶が良いらしい。午後は日焼けして褪色し白っぽくなるとのこと、酔芙蓉とは逆である。昭和26年、千葉市検見川の東京大学厚生農場(現在の東大検見川総合運動場)で、大賀一郎博士らの手により推定2000年以前のハスの実が3粒発見され、そのうちの1粒が翌年7月18日見事に開花したとのこと、この花は「大賀蓮」と名付けられ、昭和29年千葉県の天然記念物に指定されている。また千葉市の市の花でもある。蓮華亭でひと涼みしてから満足して引き揚げる。

| | コメント (0)

ムラサキヤマドリタケのおろし和え

Dsc08840_22008年7月15日(火) ムラサキヤマドリタケの幼菌を細かく切って、醤油と酒を加え軽く煮込みます。大根をおろし小鉢に盛り付けると出来上がり、実に簡単です。柄はシャキシャキと歯切れが良く、傘はちょっとぬるみがあります。食感が良い上に、味にも癖がなくさっぱりしています。実に美味しいきのこです。ヤマドリタケモドキのような独特の香りはありませんが、甲乙つけ難い優秀な食菌であることが分かりました。 

| | コメント (0)

ヤマドリタケモドキの炊き込みご飯

Dsc088002008年7月13日(日) 昨日増尾城址公園で採取してきて天日乾燥したヤマドリタケモドキで、炊き込みご飯を作りました。ヤマドリタケモドキは生でもキノコらしい好ましい匂いがありますが、乾燥品は一段とその香りが強くなります。牛蒡、人参、油揚げも加えて調理しましたが、主役の香りがしっかり感じられる非常に美味しい一品に仕上がりました。中国産やカナダ産マツタケご飯よりは遥かに上で、炊き込みご飯としてはホッキ飯に匹敵する美味しさです。これなら何回食べても良く、すっかりヤマドリタケモドキ贔屓になりました。

| | コメント (0)

2種類のヤマドリタケ

Dsc087272008年7月12日(土) 今年一番の猛暑、東京の最高気温が初めて35℃を超える。午前増尾城址公園(柏市)、午後向小金ふるさとの森(流山市)へ行き、ヤマドリタケモドキとムラサキヤマドリタケの2種類のキノコを探す。今日はなるべく観察を止めてキノコ狩りに徹する。結果、増尾城址公園ではヤマドリタケモドキを5本、ムラサキヤマドリタケを4本見つけ、ふるさとの森ではムラサキヤマドリタケのみ5本見つける。どちらも傘裏が真っ白い幼菌のみ持ち帰る。ヤマドリタケはスライスしてから笊に広げ天日干し、ムラサキヤマドリタケは4つにカットし軽く茹でて冷凍庫に保存する。後日それぞれ炊き込みご飯と大根下ろし和えを作るつもり、どちらも美味しいきのこなので楽しみである。(写真はヤマドリタケモドキ)

| | コメント (0)

ブルーベリー色づく

Dsc08538 2008年7月10日(木) 庭のブルーベリーが色づき始めました。これから毎朝少しづつ摘み採りを楽しめます。ヒヨドリにもお裾分けしないといけませんが、摘んだものを冷蔵庫に貯蔵しておき、例年通りジャムやソース、果実酒に加工する積りです。

| | コメント (0)

ヤマドリタケモドキのスープ

Dsc08670 2008年7月10日(木) 昨日増尾城址公園で採取してきたヤマドリタケモドキの幼菌でキノコスープをこしらえる。ヤマドリタケモドキは幼菌でも柄の部分にキノコバエの幼虫が入り込んでいるので、ざっくり切って塩水に浸け、先ず虫出しする。その後、軽く湯がいてから薄くスライスしてスープの材料へ。キノコに酒と醤油と黒胡椒を加え落し蓋をして数分間蒸し煮する。水を加えて沸騰させ、味を調えてから刻みネギを加えると出来上がり。ヤマドリタケモドキはイグチの仲間では美味しいほうで、個人的好みで云うと、アミタケ、ハナイグチとともにベスト3に入る。ドイツ(欧州)では近縁種のヤマドリタケ(Steinpilz)の人気が極めて高く、日本のマツタケ並みに珍重されている。昔(1997年9月23日)、ミュンヘンの街の露店で山盛りのヤマドリタケとカヤタケを売っているのを見かけたが、彼の地の秋の風物詩、今懐かしく思い出す。

| | コメント (0)

マツオウジの佃煮

Dsc08536 2008年7月8日(火) 先月の22日、仙台市は南蒲生のクロマツ林で採取したマツオウジ、一部は天麩羅にして美味しく食べました(6月25日記事)。残りは冷蔵庫で暫らく保管していましたが、先月の29日全部を佃煮にしました。添加物は砂糖、醤油、味醂、酒の4種類、最初は薄味に仕上げ、味見しながら手直しすること3回、漸く満足いく味に仕上がりました。とびっきり美味しいと云う訳ではありませんが、会津こしひかりのオカズにしています。

| | コメント (0)

マダケの竹の子

Dsc083002008年7月3日(木) 市内某公園。孟宗竹に遅れること一ヶ月、真竹の竹林でタケノコが伸び始める。マダケはモウソウチクほど人気はないようで採る人は少ない。今回も公園の竹林整備に無償奉仕し、時期遅れのタケノコ7本を採取する。タケノコ泥棒などと不名誉なことを言われても困るので、場所はあえて秘匿する。いつものように皮を剥いて米のとぎ汁で茹であげる。ワカメと油揚げと一緒に味噌汁の具にしてみたが、歯ざわりが良く、非常に美味しい。少し苦味があるのも良い。山菜通には好ましい大人の味である。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »